【マーケティングセミナー】クレームを活かして、生き残る企業になる!|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[27759]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【マーケティングセミナー】
クレームを活かして、生き残る企業になる!

No.27759

  • Facebookでシェア

対象 経営者、経営幹部、商品開発担当者など 

※対象者優先のため、対象外の方、士業・コンサルタントなど当館が経営の専門家と認める方のご参加は、申込状況によりお断りする場合がございます。
開催日時 2019年4月16日(火) 14:00-16:00
開催場所 大阪産業創造館6F 会議室AB
定員 60名
 満席になり次第、締め切ります
講師 井上 幸葉(いのうえ こうよう)氏
ビジネスマナーインストラクター
社員教育研修「葉ppiness」代表
料金 2,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
★ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です。
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

概要

お客様からクレームが入ると、焦ってしまったり怖くなったり、誰しも少なからず嫌な気分になりますよね。
さらに対応によっては、もっとお客様を怒らせることにもなります。


しかし、
クレームの原点、仕組み、対応の流れなどの基本を知り、
さらに、実際に対応した言葉集や、最終的な結果事例を理解すると、
苦手意識をかえることができます!



今回は、経営者・経営幹部を対象に、
生き残る企業となるためにクレームを宝にする方法についてのセミナーを開催します。

顧客満足への追求もでき、会社としての成長の「宝」となるのがクレームです。

新年度に活かしていけるよう、ぜひお越しください。

ページの先頭へ戻る

内容

1、クレームの原点 :自分が“お客様”の時の良かった接客&感じが悪い接客
2、世の中の動向:生き残る企業と消える企業
3、クレームの本質と仕組:なぜクレームは起こる?
4、実際の対応:クレーム事例と対応策でクレームを宝に!サービスや事業に活かされた事例と対応策

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール



井上 幸葉(いのうえ こうよう)氏
ビジネスマナーインストラクター
社員教育研修「葉ppiness」代表

23年間廃棄物業界で「社長の右腕」を勤め、社長の理想実現と、現場で起きる問題解決をしてきた。独立後も各企業で社長様、教育担当社様から日常のお困り事をヒヤリングし、各社オリジナル研修で組織力強化。【「ちょっとできる人」がやっている仕事のコツ50】著。

【研修実績】
社内研修(年間140回以上)、中小企業(企業の連続研修)石川女性基金、日本年金機構、
組合企業研修、京都府立舞鶴支援学校、舞鶴商工会議所、京都商工会議所、滑川商工会議所、
飲食店接客、ハローワーク就職支援関係、若狭地区自動車車検場運営協会等。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●ほかのお客様にご迷惑となりますので、開始時刻に間に合うように、ご入場をお願いいたします。

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    ・お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。

    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。