【トークライブ!】「小さな企業が生き残る」 これからの時代のモノづくり×デザイン×経営|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[26882]

【トークライブ!】
「小さな企業が生き残る」 これからの時代のモノづくり×デザイン×経営

No.26882

お電話・メールでのお申込受付はしておりません。
すでにユーザーIDをお持ちの方は、下記の「申込む」ボタンよりお申込み下さい。

イベント・セミナー申込に関するよくある質問はこちら

申込む

  • Facebookでシェア

対象 中小企業経営者・経営幹部

※対象者優先のため、士業・経営コンサルタントなど当館が経営の専門家と認める方からのお申込はお断りする場合がございます。
開催日時 2019年2月4日(月) 14:00-16:00
開催場所 大阪産業創造館4F イベントホール
定員 150名
 満席になり次第、締め切ります
講師 金谷 勉 氏
有限会社セメントプロデュースデザイン 代表取締役社長/クリエイティブディレクター

山崎 大祐 氏
株式会社マザーハウス 取締役副社長
料金 2,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
★ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です。
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

申込む

セメントプロデュースデザイン・金谷勉氏が語る

“技術が蘇るデザインの力”“日本のモノづくりへの想い”

優れた技術を持つ中小企業が日本には多く存在します。
しかし、
「素晴らしい技術を持っているのに、売れない・・・」
「新技術で新しいモノづくりに挑戦したいが、糸口が見つからない・・・」

など、縮小する国内市場の問題や激しさを増す国際競争から、厳しい環境に追い込まれています。

そんな中小企業の悩みに真剣に向き合い、技術をデザインの力で再構築し、新しい可能性に変えることで大ヒット商品を数々生み出してきたのが、金谷勉氏が率いるセメントプロデュースデザインです。

同社が提案するデザインは単純にカタチやイメージをつくることだけではありません。
お客様へモノの価値をお伝えするコミュニケーションや、職人さんが気持ちよくモノづくりをできる環境など、モノに関わる全ての人の関係性をデザインするのです。

セメントプロデュースと金谷氏自身の紆余曲折を経てきたストーリーやモノづくりへの想いに、モノづくりメーカーとして国内外に展開を広げるベンチャー企業・マザーハウスの取締役副社長の山崎大祐氏が迫ります。

お二人のトークから、新しいモノづくりのあり方に迫るだけでなく、次なるビジネスのアクションのヒントがたくさん生まれること必至です
皆さまのご参加お待ちしています。

コーディネーター・山崎大祐氏が語る「ココが聴きどころ!」

◆なぜこれほどまでにヒットを生み出せるのか?
私がセメントプロデュースデザインのプロダクトに初めてであったのは、雑貨屋さんにあった鯖江のメガネフレームを作る技術でつくられた「耳かき」でした。
「これ、作った人、めっちゃ賢い!」って思ったことを今でも覚えています。
その後も、セメントプロデュースデザインが作り出したヒット商品をたくさん見てきましたが、モノ余りの過当競争の時代に、これほどまでにヒットを出すって本当に難しいことのはずなのです。
その思考に迫ることは、間違いなく皆さんのヒントになります。

◆実はアイデアの力だけでない、様々な人をまとめるマネジメント力
「モノづくりでヒットを生み出す」
言うは易しですが、実は難しいのは、様々な背景で働く人たちをまとめる力です。
モノができてお客さまに届くまでには、企画したあと、素材から組み立て、物流から販売店まで、様々な人がかかわります。
その流れを設計できなければ、売れるものは作れません。
そのマネジメントのノウハウに迫りたいと思います。

◆めちゃめんどくさいことをやっている背景にある想いとは?
金谷さんは、直接仕事に繋がることだけでなく、全国を飛び回り、モノづくり関係者の人たちの対話の場をつくっています。
正直、めちゃめちゃタフだなぁと思いつつ、その裏側には、日本のモノづくりに対する熱い思いを感じるのです。
その熱い思いをぜひ語ってもらいたい!

ページの先頭へ戻る

話し手

谷 勉(かなや つとむ)氏
有限会社セメントプロデュースデザイン

代表取締役社長/クリエイティブディレクター


1971年大阪府生まれ。

京都精華大学人文学部を卒業。

大学卒業後、企画制作会社勤務を経て、1999年にデザイン会社「セメントプロデュースデザイン」を大阪にて設立。
企業の広告デザインや商業施設のビジュアル、ユニクロ「企業コラボレーションTシャツ」、コクヨの博覧会「コクヨハク」、星野リゾートアメニティ開発などのディレクションなどに携わる。

その傍ら、自社商品の開発・販売を行い、東京表参道にギフトショップ&ギャラリー「コトモノミチat TOKYO」を展開。
2011年からは、全国各地の町工場や職人との協業プロジェクト「みんなの地域産業協業活動」を始め、500を超える工場や職人たちとの情報連携も進めている。
経営不振にあえぐ町工場や工房の立て直しに取り組む活動は、テレビ番組『ガイアの夜明け』(テレビ東京系列)で取り上げられ注目を集めた。

各地の自治体からの勉強会や講演の依頼も多く、年間200日は地方を巡る。
2014年度からは京都精華大学と金沢美術工芸大学でも講師を務め、2018年京都精華大学伝統産業イノベーションセンター特別共同研究員に就任。

近著に「小さな企業が生き残る」(日経BP社)。

ページの先頭へ戻る

聞き手

山崎大祐(やまざき だいすけ)氏
株式会社マザーハウス 取締役副社長 

1980年東京生まれ。

慶應義塾大学総合政策学部卒業。
大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、途上国の貧困・開発問題に興味を持つ。
2003年、ゴールドマン・サックス証券に入社。
エコノミストとして、日本およびアジア経済の分析・調査・研究や各投資家への金融商品の提案を行う。
2007年3月、同社を退社。
大学時代の竹中平蔵ゼミの1年後輩だった山口絵理子が始めたマザーハウスの経営への参画を決意し、同年7月に副社長に就任。
マーケティング・生産の両サイドを管理する。
マザーハウスは途上国でバッグやジュエリー、シャツなどを生産。
国内29店舗、香港および台湾8店舗で販売している(2018年7月現在)。

ページの先頭へ戻る

注意事項

★円滑な運営にご協力お願いいたします

    ●ほかのお客様にご迷惑となりますので、開始時刻に間に合うように、ご入場をお願いいたします。

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    ・お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。

    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

申込む