【New Business Creation Seminar】「第2創業」「企業内起業」=「新規事業」の成功可能性を飛躍的に高める5DAYS|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[26499]

このイベントの受付は終了いたしました。

【New Business Creation Seminar】
「第2創業」「企業内起業」=「新規事業」の成功可能性を飛躍的に高める5DAYS

No.26499

  • Facebookでシェア

対象 ・第2創業を検討している経営者・後継者
・企業内起業(スピンオフ/イントレプレナー/社内ベンチャー)を考えている新規事業担当者

※対象者優先の為、お申込状況により、上記対象外の方や士業・経営コンサルタントなど当館が専門家と認める方からのお申込はお断りいたします。
開催日時 第1回:11月 5日 (月)13:00〜17:00  
第2回:11月12日(月)13:00〜17:00  
第3回:11月19日(月)13:00〜17:00  
第4回:11月27日(火)13:00〜17:00  
第5回:12月 7日 (金)13:00〜17:00
開催場所 大阪産業創造館
定員 8社
 応募多数の場合は抽選により受講者を決定
講師 ・石井 力重 氏 アイデアプラント代表
・藤原 明 氏 りそな総合研究所リーナルビジネス部長
申込締切日 2018年10月15日(月) 
料金 75,000円/社 
 消費税込み
 1社分の料金で3名まで参加できます
 お支払済の受講料は返金できませんのでご了承の上お申込み下さい
お支払方法 事前お振込み
※受講が決定された方にメールにて振込先をご連絡いたします。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分
新規事業やりたい、やらなあかんのはわかってるけど、どうやったらエエかわからへんねん!
という社長さん、結構いらっしゃるんじゃないですか?

言葉は違いますが、「経営の新たな柱」とか「経営革新」とか、新しいことにチャレンジしなければと考えておられる方も、少なくないことでしょう。

しかし、新規事業を立ち上げて成功に導いた経験のある方って、どれぐらいらっしゃるでしょう?

実は、新規開業と同じぐらい、新規事業を立ち上げ、成功に導くのは簡単ではありません(ちなみに、新規開業から5年後の生存率は5%程度だと言われています)。

それでもアナタはチャレンジしますか?!
と、少し熱くなってしまいましたが、大丈夫です。

新規開業とは違い、既存事業をされている皆さまには、これまでに培ってきたビジネスのリソースがあります。
多くの場合、ゼロイチで事業を立ち上げるよりも有利に、早く、事業化できる可能性が高いのです。
そのためには、自社のリソースを徹底的に洗い出し、そのリソースを活かせるビジネス領域を探し出し、
「これで勝負できる!」というアイデアを生み出し、それをモデル化する必要があります。

それをスムーズに実現するために、自社のリソースを棚卸することによる現状分析から、進出する分野の選定、
アイデア創出〜ビジネスモデルの構築まで、一気通貫で新規事業立ち上げをサポートするプログラム
を作りました。

講師は、その業界では知らない人はいないと言っても過言ではない、
アイデア創出のプロフェッショナル、石井 力重 氏と、
「内側から銀行を変える」をキーワードに銀行員の枠を超え、数々の新規事業を創出し続けている藤原 明 氏初タッグ

石井氏のメソッドで事業化の可能性が高いビジネスアイデアを創出し、藤原氏のメソッドで成功確率の高いビジネスモデルにブラッシュアップする。

他では受けられないこの豪華プログラム。
ちょっとでもこの内容に引っかかった方は見逃し厳禁!


お忙しいお2方のこと、2度は実現できないかもしれませんよ。

内容

<DAY1>〜アイデア創出〜  
① 「感じる」・・・発想の特性
② 「見つける」・・・アイデアの部品を見つける
③ 「発想する」・・・アイデアを醸成する
④ 「表現する」・・・良案抽出&アイデアレビュー
⑤ 「育てる」・・・軌道修正でつまらないアイデアになる、の回秘法
⑥ 「強くする」・・・アイデアを鍛える3要素 
講師:石井 力重氏 アイデアプラント  代表

<DAY2>〜現状分析から自社の強みを活かせる事業分野を探す〜  
① 自社のリソースの棚卸
② 自社のリソースが活かせる事業分野を探す
講師:藤原 明氏 りそな総合研究所 リーナルビジネス部長

<DAY3>〜やるべきことの明確化〜  
① 進出する事業分野におけるテーマ設定
② テーマにおける課題の絞込み
③テーマにおける本質的課題=やるべきことの明確化
④やるべきことの具現化=ビジネス・プランの検討
講師:藤原 明氏 りそな総合研究所 リーナルビジネス部長

ページの先頭へ戻る

<DAY4>〜ビジネスアイデアのタマゴ作り〜  
① 「使命着想」・・・事業目的の再確認
② 提供価値の発見・・・事業目的の達成に自社の強みをどう活かすか?
③ 協働・協創喚起・・・事業化を加速する仕組みづくり
講師:藤原 明氏 りそな総合研究所 リーナルビジネス部長

<DAY5>〜アイデアのモデル化〜   
① セミナー:ビジネスモデル構築フロー
  ・何故ビジョンが重要なのか?
  ・マーケティングステップ
  ・顧客=エンドユーザーではない
② ワークショップ:ビジネスモデル検証
  ・エンドユーザーと顧客を常に意識する
  ・ポジショニングの認識
  ・お客様へ伝わるまでのストーリーを描く
講師:藤原 明氏 りそな総合研究所 リーナルビジネス部長

講師

◆石井 力重氏 アイデアプラント代表
 早稲田大学 非常勤講師
 東北工業大学 非常勤講師

商社勤務、独立行政法人のフェロー、ベンチャー企業駐在を経て、2009年、アイデアプラントを創業。
ブレインストーミングや創造技法の実践と理論の両面に強い興味を持ち、創造工学(Creative Problem Solving、TRIZ)を研究中。(所属学会:日本創造学会)
「アイデア発想支援ツール」のデザイナとして多様なアイデア発想ツールを開発。
全国各地の企業、大学、公的機関等で、多様なアイデアワークショップを実施(海外でも実施)。
ワークショップの実施対象の分野は先端技術産業から行政や漫画家まで、多岐にわたる。
著書に『アイデア・スイッチ 次々と発想を生み出す装置』(日本実業出版、2009年)



◆藤原 明氏 りそな総合研究所リーナルビジネス部長 

りそな銀行営業サポート統括部(大阪)地域オフィサー・コーポレートビジネス部(大阪)アドバイザー。
りそなホールディングスグループ戦略部アドバイザー・オムニチャネル戦略部アドバイザー。
立命館大学大学院経営管理研究科 客員教授。米国国務省IVLP(インターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム)招聘。
雑誌AERA「日本を突破する100人」に選出。
※REENAL=RESONA+REGIONAL。

ページの先頭へ戻る

スケジュール

10月15日(月) 申込〆切
※お申込順に事務局によるヒアリングを実施し、参加可否を決定します。
 ↓
10月25日(木)参加可否の通知
  ↓
10月31日(水)入金締切
  ↓
11月 5日(月)〜 講義スタート

ページの先頭へ戻る

ご注意

下記の方はご参加をお断りしておりますので予めご了承ください
・参加者に対する営業行為を主たる目的とされる方
・悪質商法や関連諸法規に違法性・脱法性の可能性があるビジネスに関わられている方
・公序良俗に反する商品・サービスを取り扱う企業の方
・マルチビジネスに関わられている方
・特定の宗教や思想(政治)の普及を主たる目的とされる方
・反社会的法人・団体に関わられている方

ページの先頭へ戻る

大阪産業創造館の周辺地図



Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

ページの先頭へ戻る

注意事項

★円滑な運営にご協力お願いいたします

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    ・お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。

    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。