中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[24256]

このイベントは終了いたしました。

【ロジスティクスセミナー】
中小トラック運送業のマーケティング戦略とは?

No.24256

  • Facebookでシェア

対象 ●中小運送業・倉庫業 経営者、経営幹部、管理職クラス

※対象者優先のため、対象外の方、士業・コンサルタントなど
当館が経営の専門家と認める方のご参加は、申込状況によりお断りする場合がございます。
開催日時 2017年10月19日(木) 14:00-16:00
開催場所 大阪産業創造館6F 会議室AB
定員 30名
 満席になり次第、締め切ります
講師 小林 達哉(こばやし たつや)氏
株式会社技術経営フロンティア 代表取締役
料金 2,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
お支払方法 当日受付にてお支払い
※ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:大阪市営地下鉄「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分
ロジスティクスセミナーのねらい
物流事業者の実に9割以上が中小企業と言われています。生産拠点が海外にシフトし、国内でのモノの流れが減少傾向にある現在において、中小運送業者は厳しい競争の中での経営を余儀なくされています。
サンソウカンではそんな中小運送業を応援するロジスティクスセミナーをお届けします。

今回のポイント

営業力強化にはマーケティングは不可欠。運送業のマーケティング戦略とは?

物流事業者は他の産業と比較して、他社との差別化がしにくい業種と言っても過言ではありません。

デフレスパイラルの波にのみこまれ、薄利多売に陥らないためには、運送業においてもマーケティング戦略が必要不可欠です。

専任の営業マンを配置しにくい運送業で営業力を強化するコツを専門家がお伝えします。

ページの先頭へ戻る

内容

運送業の経営にマーケティングの考え方を導入することによって、市場における自らの存在価値を高め、競争環境から頭一つ抜け出すことをめざします。

そのためには、誰に何をどのように提供していくのかを決め、事業やサービスのブランドを作り込むとともに、顧客とのコミュニケーション環境を整えていくことがポイントです。

このセミナーでは、運送業がマーケティング戦略によって成果を上げるための実戦手法や具体例を紹介します。


・運送業の経営にマーケティングは必要不可欠
・事業、サービスのブランディング
・運送業マーケティングの実戦的手法と具体例

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール


小林 達哉(こばやし たつや)氏
株式会社技術経営フロンティア 代表取締役

ホームページ ⇒ http://www.shimizuunyu.com/

愛知県出身。大手製造業・物流業勤務を経て、名古屋市にて経営コンサルタント業を開業。 中京大学大学院ビジネスイノベーション研究科MBAコース修了、修士(経営管理学)。 日本中小企業学会・日本マーケティング学会所属。中京大学企業研究所研究員。
中小製造業、中小運送業の経営改善指導や各種セミナー、講習会で活躍している。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●ほかのお客様にご迷惑となりますので、開始時刻に間に合うように、ご入場をお願いいたします。

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    ・お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。

    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。