【経営者のためのワークショップ】顧客のココロをつかむBtoCサイト活用販促塾|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[21393]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【経営者のためのワークショップ】
顧客のココロをつかむBtoCサイト活用販促塾

No.21393

  • Facebookでシェア

対象 ・自社のHP、Webサイトを既に持っていること
・小売り、サービス業の中小企業・個人事業主
・1社3名の中におひとりは必ず経営者、経営幹部の方がご参加いただける企業

※大阪市内に本社・事業所がある中小企業を優先
※上記条件の対象外の方、士業、経営コンサルタント、当館が経営の専門家と判断する方からのお申込はお断りいたします。
開催日時 第1回 : 2016年8月30日(火) 16:00-20:00
第2回 : 2016年9月13日(火) 16:00-20:00
第3回 : 2016年9月20日(火) 16:00-20:00
第4回 : 2016年9月26日(月) 16:00-20:00
第5回 : 2016年10月4日(火) 16:00-20:00
第6回 : 2017年1月24日(火) 16:00-18:00
開催場所 大阪産業創造館 ※館内の使用会場は各回によって異なります(下記参照)
定員 6社
 最少催行企業数に満たない場合、開催しない場合があります
 下記の受講対象者の条件を満たす方を優先の上、応募多数の場合は抽選にて受講企業を決定します。なお、条件を満たす方からの申込数が定員に達した場合、申込締切前に受付を終了する場合がございます。
講師 横井 孝治 氏
株式会社コミュニケーター 代表取締役
申込締切日 2016年8月24日(水) 
料金 50,000円/社 
 消費税込み
 1社分の料金で3名まで参加できます
 お支払済の受講料は返金できませんのでご了承の上お申込み下さい
お支払方法 事前お振込み
※受講が決定した方にのみ、お振込先等をご連絡します。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:大阪市営地下鉄「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号・2号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分
「誰に」「何を」「どのように」売るか、を
 徹底的に考えるワークショップ



情報過多の現代において、売れる仕組みを作るには
「誰に」「何を」「どのように」伝えるか、という設計がとても重要です。

特に小売りやサービス業など、一般消費者向けのビジネスは、
購買意欲を刺激し、アクションにつなげるためにWebサイトが欠かせません。

Webを最大限に活用し、自社の強みをしっかりと認識し、自社の商品・サービスを魅力的に伝え、お客様に選んでいただけるような打ち手を考えていくワークショップを企画しました。

1回4時間、全5回で自社のウリを徹底的に洗い出し、ターゲットを徹底的に分析します。
講師からは毎回課題が出され、その課題を実践していただくことでより理解を深め、成果につなげることができます。

最終的には、「ユーザーが買いたくなる理由」を明確に表現できる状態をめざし、
ご参加いただく皆さまには、自ら設定した課題に対して
経験豊富な講師とのブレストや、受講仲間とのセッションから解決策を導き出し、販売促進を強化していただければと思います。

内容

<第1回>2016年8月30日(火)16:00〜20:00 ≪5階研修室C≫
自社の強み・独自のウリを徹底分析


3C×4P分析、競合分析、SWOT分析をもとに、ワークを進めながら独自のウリの作り方を学びます。フレームに沿って自社分析や商品を整理していき、プレゼンを通して講師・受講生同士でフィードバック行いながら改善点を明確にしていきます。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


<第2回>2016年9月13日(火)16:00〜20:00 ≪6階会議室C≫
ペルソナ作りとターゲットの徹底分析


ペルソナの作り方、ターゲット別の購入プロセスやシュミレーション、興味関心レベル別の訴求ポイントなどを学びます。より具体的に独自のウリを抽出し、ワークと発表で、ターゲットを定めていきます。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


<第3回>2016年9月20日(火)16:00〜20:00 ≪5階研修室C≫
販促の構造理解と販促・営業ストーリーの構築


フェーズごとの販促・営業のポイントを学びます。理想のゴール、現状分析、あるべき姿を策定した上で、どのように売るかという“ストーリー”を作り、販促・営業施策の棚卸しをし、あるべき施策を検討していきます。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ページの先頭へ戻る

<第4回>2016年9月26日(月)16:00〜20:00 ≪5階研修室D≫
 サイト構成&主要コンテンツの検討


結果につながるサイト構成、サイトマップ作成のポイントを学びます。Webサイトを作る目的を意識し、サイト集客からコンバージョンへの流れやサイト構成の理解を深めます。
講師や受講生とのブレスとを通し、自社にとって最適な構成を明確にします。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


<第5回>2016年10月4日(火)16:00〜20:00 ≪5階研修室E≫
 ネット集客の徹底研究


ネット集客のポイントや目安となる費用などを体系的に学んでいきます。講師から最新のトレンドや事例を交えながら情報をお伝えします。どのように集客を強化していくのか、集客をするにあたって必要な考え方を学びながら、道筋を作っていきます。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


<第6回>2017年1月24日(火)16:00〜18:00 
 成果報告会


※初回、8/30(月)の講座終了後に懇親会(別途実費)を開催します。
※受講生の皆様には、当企画で得た他企業のビジネスプランに対する守秘義務について誓約書をご提出していただきます。
※講座開講期間中は講師が産創館にて随時、面談を行いフォローをいたします。

講師


横井 孝治 氏
(よこい こうじ)
株式会社コミュニケーター 代表取締役


大手印刷会社でのコピーライター、プランナー、編集ディレクターを経て、販促プロデューサーや宣伝部門のマネージャーを経験。一貫して宣伝・販促畑を歩んできた「ウリ」の仕掛け人。豊富な実績を活かし、All About「販促プロモーション」のガイドとしても活躍。

現在は、クリエイターや広告会社といった請負側の視点と、発注側メーカーの双方の視点から、宣伝・販促・広報面の成果にこだわったワンストップサービスを提供している。

また、介護情報サイト【親ケア.com】の企画・運営など介護方面でも活躍中。

ページの先頭へ戻る

ご注意ください

このワークショップでは、ワークショップ内で知り得た参加各社の情報について、外部では口外しない旨の念書を提出していただきます。

ページの先頭へ戻る

お申込の流れ

(1)ログイン後に画面下部に表示されるアンケートに回答いただき、お申込みください。
【ご注意】
ログインをした状態で一定時間以上ページに滞在し続けた場合、入力いただいた回答が消えてしまう場合があります。
回答が長文になる場合、または時間をかけて回答をご用意される場合は、予めメモパッド等に文言を作成いただき、コピー&ペーストで回答欄にご入力ください。


 ↓↓↓

(2)ユーザー登録をいただいているメールアドレスへ受付票をお送りします。
メールが届かない場合は、申込が完了していない可能性があります。
下記画面を確認いただき、本講座が表示されていない場合にはお申込みが完了していませんので、再度お手続きください。
https://www.sansokan.jp/events/cancel.san

 ↓↓↓

(3)お申込締切後に、担当者からご連絡します。

ページの先頭へ戻る

注意事項

★円滑な運営にご協力ください

    ※お申込は1社につき1組様のみ承っています。
    参加される代表者様のユーザーID・PWにてお申込ください。

    ※報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

    ※諸般の事情により、このプログラムをやむを得ず変更または中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。