【経営ゼミ】継続して成果を上げるための「学習する組織」構築講座|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[17863]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【経営ゼミ】
継続して成果を上げるための「学習する組織」構築講座

No.17863

  • Facebookでシェア

開催日時 第1回 : 2014年11月11日(火) 18:30-20:30
第2回 : 2014年11月18日(火) 18:30-20:30
第3回 : 2014年11月25日(火) 18:30-20:30
第4回 : 2014年12月2日(火) 18:30-20:30
第5回 : 2015年3月3日(火) 18:30-20:30
開催場所 大阪産業創造館 5階 研修室AB
定員 8社
 応募多数の場合は抽選により受講者を決定
 最少催行企業数に満たない場合、開催しない場合があります
講師 松崎 光弘 氏
株式会社知識創発研究所 代表取締役CRO
申込締切日 2014年11月4日(火) 
料金 16,000円/名 
 消費税込み
 お支払済の料金は返金できませんのでご了承の上お申込み下さい
★1社3名まで受講可能(1名増えるごとに1,000円追加となります/3名参加の場合18,000円)
お支払方法 事前お振込み
※受講が決定した方にのみ、お振込先等をご連絡します。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL: 06-6264-9911 FAX: 06-6264-9899 E-MAIL: ope@sansokan.jp
受付時間:月〜金 10:00〜18:00 (祝日除く)
いつもの職場を「学びの場」に変える4つのステップ


環境変化の激しい今、毎日同じ業務を繰り返しているばかりの会社は確実に取り残されます。

企業として成果を上げ続けるためには、お客様のニーズやその変化を細やかに読み取って、業務を改善したり、新しい価値を生み出し続けることが求められます。

しかし、どうすればそんなことができるようになるのでしょうか。

その鍵は、お客様に一番近い現場の社員が、日々の業務の中で得られた経験を元に、自ら考えて自分のやり方を変えていく職場、すなわち、「学ぶ職場」をつくるところにあります。


この講座では、大人の学びを研究した「経験学習」の理論と、4,000人を超す若手人材育成プロジェクトの実践から得たノウハウをもとに、「学ぶ職場」を作るための、最も簡単で効果的な手法を学んでいただきます。

大がかりな仕組みを導入する必要も、経営者や社員がむやみに仕事を増やす必要もありません。効果的な振り返りとサポートの方法を知り、簡単な仕組みをつくることで、毎日の仕事、いつもの職場を学びの場に変えることができます。

講義だけでなく、ロールプレイやワークショップも使ってその方法を体験的に学んでいただきます。さらに、会社ですぐに使っていただけるツールもご用意していますので、学んだことをすぐに試していただくことができます。

4回目の講義では、各社ごとの「学ぶ職場」作りの簡単なプロジェクトを設計しますので、数ヶ月で職場が変わっていくのを実感していただけます。その結果は3月の報告会で共有し、さらに学びを深めていただきます。

御社の成長発展のために、「学ぶ職場」づくりに是非取り組んでください。

第1回講義

11月11日(火)18:30〜20:30
「学ぶ職場」の基礎知識


◆自社の理想の社員とは?
自社の社員の成長イメージを具体的に描きます。

◆「学ぶ職場」に必要な仕組みとうまくいくポイント
仕事を通して学ぶ仕組みと実際に現場で活用するときのポイントを明らかにします。 

◆「学ぶ職場」度チェック
自社がどれくらい「学ぶ職場」になっていているかをチェックシートで確認します。 

◆「学ぶ職場」に必要な知識
社員が自力で学ぶために身につけさせるべき、セルフマネジメントと利益の出し方を簡潔に教える方法を学びます。

ページの先頭へ戻る

第2回講義

11月18日(火)18:30〜20:30
「学ぶ職場」の日報術


◆若手社員が育つプロセス
若手社員が育つプロセスを「やる気」と「能力」で分類し、どういう支援が適切かを学びます。 

◆日報の書式と仕組み作り
日常業務の中で若手社員を成長させるツールとしての日報の仕組みや書式を学びます。 

◆日報にどう反応するか?
日報に対するフィードバックのこつを学びます。

ページの先頭へ戻る

第3回講義

11月25日(火)18:30〜20:30
「学ぶ職場」の面談術


◆何のための面談か?
「学ぶ職場」にするために面談をどのように活用すればよいかを学びます。 

◆面談で何を問うか?
若手社員が自分で行動を修正できるような質問の手法をロールプレイを通して学びます。 

◆面談のツールと仕組みづくり
効果的な面談のためのツールや、活用に仕方について学びます。

ページの先頭へ戻る

第4回講義

12月2日(火)18:30〜20:30
もっと「学ぶ職場」のつくりかた


◆試行錯誤と仮説思考
どのような状況を作れば、仮説を立て、試行錯誤しながら修正していく能力が高まるかを学びます。 

◆「一皮むける経験」をさせるには
若手人材が能力、考え方ともに大きく成長するポイントと、その作り方を学びます。 

◆「学ぶ職場」になるプロジェクトをつくる
若手人材の育成につながるように業務の一部をプロジェクト化し、報告会に向けて各社で実行します。

ページの先頭へ戻る

第5回(報告会)

3月3日(火)18:30〜20:30

◆第4回目で設計したプロジェクトに対する取り組み状況と結果について、各社でご発表いただきます。 

◆参加者間の相互フィードバックを通して、さらに「学ぶ職場」になるための具体的なアクションを考えます。

ページの先頭へ戻る

講師



松崎 光弘 氏
株式会社知識創発研究所 代表取締役CRO
総務省地域力創造アドバイザー



1965年大阪生まれ。34歳で私立大学の経営学部教授に就任、41歳で大阪府立青少年会館館長を勤めるなど、20年以上、一貫して若手人材育成の現場に携わる。

2010年には内閣府地域雇用創造事業の一環で、若手人材育成のカリキュラム開発に取り組む一方、全国20地域の事業者へのノウハウ移転を行う。2013年以降は、4000以上の若手人材育成のプロジェクトから得られたノウハウをプログラム化し、企業、大学向けに研修として提供している。

学習理論に基づいて講義とワークを効果的に組み合わせることで、「いつの間にか真剣に考えてしまう」セミナー、研修内容が好評を博している。

ページの先頭へ戻る

お申込の流れ

(1)ログイン後に画面下部に表示されるアンケートに回答いただき、お申込みください。
【ご注意】
ログインをした状態で一定時間以上ページに滞在し続けた場合、入力いただいた回答が消えてしまう場合があります。
回答が長文になる場合、または時間をかけて回答をご用意される場合は、予めメモパッド等に文言を作成いただき、コピー&ペーストで回答欄にご入力ください。


 ↓↓↓

(2)ユーザー登録をいただいているメールアドレスへ受付票をお送りします。
メールが届かない場合は、申込が完了していない可能性があります。
下記画面を確認いただき、本講座が表示されていない場合にはお申込みが完了していませんので、再度お手続きください。
https://www.sansokan.jp/events/cancel.san

 ↓↓↓

(3)お申込締切後に、担当者からご連絡します。
応募多数の場合は抽選にて受講企業を決定します。

ページの先頭へ戻る

注意事項

★円滑な運営にご協力ください

    ※お申込は1社につき1組様のみ承っています。
    参加される代表者様のユーザーID・PWにてお申込ください。

    ※報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

    ※諸般の事情により、このプログラムをやむを得ず変更または中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。