【経営者のためのワークショップ】社内に「質問型営業」を導入・定着させる講座|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[14060]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【経営者のためのワークショップ】
社内に「質問型営業」を導入・定着させる講座

No.14060

  • Facebookでシェア

対象 中小企業経営者・経営幹部
 ★講義内容を積極的に実践する意欲のある方

※士業・経営コンサルタントなど、当館が経営上の専門家と認める方は受講をご遠慮いただきます。
開催日時 第1回 : 2012年11月16日(金) 17:00-21:00
第2回 : 2012年11月30日(金) 17:00-21:00
第3回 : 2012年12月14日(金) 17:00-21:00
第4回 : 2013年1月11日(金) 17:00-21:00
第5回 : 2013年1月25日(金) 17:00-21:00
第6回 : 2013年2月8日(金) 17:00-21:00
開催日時補足 第1回 2012年11月16日(金)
第2回 2012年11月30日(金)
第3回 2012年12月14日(金)
第4回 2013年 1月11日(金)
第5回 2013年 1月25日(金)
第6回 2013年 2月 8日(金) ※いずれも17:00〜21:00
報告会 2013年 3月 8日(金)17:00〜20:00

★講義にさきがけて2012年11月13日(火)に受講前ヒアリングを行います。
※45分程度
開催場所 大阪産業創造館 17F ルームA
定員 6名
 満席になり次第、締め切ります
 最少催行企業数に満たない場合、開催しない場合があります
 ★定員に達したため締め切らせていただきました(2012.10.26)
講師 青木 毅 氏
株式会社リアライズ 代表取締役
申込締切日 2012年11月2日(金) 
料金 60,000円/名 
 消費税込み
お支払方法 事前お振込み
※受講が決定した方にのみお支払方法等をご連絡します。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月〜金 10:00〜18:00 (祝日除く)
情報化時代の“新しい”営業を
全社で取り入れるためのワークショップ



営業とは、“お役立ち”の最前線。
いくら良い商品やサービスを持っていても、
それを人々に伝えることができなければ、企業の存続は成り立ちません。
営業力は、企業の命綱といえます。

ところが、多くの企業が営業力不足に嘆いています。
さらに、インターネットなどの出現により、情報が氾濫する時代です。
ますます営業力が勝負を決することになってきていることを意味しますが、
今までの営業のやり方では通用しません。

「質問型営業」は、この情報化時代にあった新しい営業法です。
楽しく、一切断られない営業法、「質問型営業システム」を学び、
御社に強力で活き活きした営業チームをつくりましょう!


本ワークショップでは、
ロ-ルプレイングによる練習をふんだんに取り入れた実践的な研修で
「質問型営業」の真髄を学び、全社的な営業力アップをめざします。

第1回

第1回 2012年11月16日(金) 17:00〜21:00

《湧き上がる情熱》
営業に向かう上で最も重要なものが情熱で、①自社の商品・サービスについて ②お客様に対しての2つが必要。まず自分に質問することで、情熱を湧かします。

 ●営業マンの湧き上がる情熱
 ●情熱は営業にどう影響するのか
 ●情熱の養成
  ・商品力についての情熱
  ・お客様への提案力(コミュニケーション力)
 ●情熱の源


《振り返り法》
日々の営業活動で、①自分のやるべきことをする②活動を振り返り改善する、ことが営業を確実に向上させる方法です。ここでも自分への質問が鍵になります。

 ●あなたは自分に期待していますか?
 ●あなたは今日、やりたいことを明確にしていますか?
 ●あなたはやりたいことを、毎日、達成していますか?
 ●あなたは、一日を振り返っていますか?
 ●あなたの一日をセルフコーチングできれば、いかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る

第2回

第2回 2012年11月30日(金) 17:00〜21:00

《アプローチ》
アプローチとは、お客様(新規・既存)との入口の段階で、お客様の興味・関心を引き、営業をスムーズに活かせる方法です。お客様への質問が抜群の効果を発揮するのです。

 ●質問することで心を開いてくれる
 ●アプローチの段階
 ●相手の興味・関心を引く(好意を持ってもらう)
  1.営業マンとしてのあなたの印象でお客様の興味・関心を引く
  2.あなたの商品・サービスで興味・関心を引く
      認知段階 感情段階 行動段階
 ●プレゼンテーションに入るコツ


《アイディア開発》
営業ノウハウを学んで、仕事にどう活かすのか。これをアイディアといいます。新しい商品・サービスのみならず、営業でもお客様を引きつけるアイディアが必要なのです。

 ●アイディア開発
 ●アイディア開発の方法とは?
 ●なぜ今まで、自分に役立つアイディアを生み出せなかったのか?
  アイディアを生み出すには?
 ●アイディアを生み出す方法とは?

ページの先頭へ戻る

第3回

第3回 2012年12月14日(金) 17:00〜21:00

《プレゼンテーション》
プレゼンテーションとは自社の商品やサービスの説明で、一番重要です。お客様のニーズを把握し、的確にニーズに役立つことを訴え効果的な方法を学びます。

 ●営業の秘訣
 ●プレゼンテーションというコミュニケーション
  1.第一の原則 2.第二の原理 3.第三の原理
 ●プレゼンテーションの流れ


《課題解決》
営業では問題課題は必ずあります。特に、お客様はニーズや特性がすべて違います。どのように対応すべきなのか。また、営業の問題課題をどう解決するのかを学びます。

 ●問題・課題解決法とは?
 ●問題・課題の解決をするには?
 ●書くこと
 ●問題・課題を解決する手順と方法とは?

ページの先頭へ戻る

第4回

第4回 2013年 1月11日(金) 17:00〜21:00

《クロージング》
クロージングとは最終の契約段階。お客様も営業マンも非常に繊細になる、難しいものがクロージング。ここでの質問方法を知ればクロージングはいとも簡単になります。

 ●クロージングの重要性
 ●クロージングにおける人間の行動原則
 ●クロージングの第一原則
 ●クロージングの第二原則


《時間活用》
時間管理は営業マンにとって必須条件。時間管理ができるかどうかが営業成績の鍵を握ります。誰もが頭を悩ますこの時間管理をどうすれば解決できるでしょうか。

 ●すぐやる!
 ●あとで、すぐやる!
 ●本当の時間管理
 ●人生計画の手順
 ●振り返り

ページの先頭へ戻る

第5回

第5回 2013年 1月25日(金) 17:00〜21:00

《反論と逃げ口上の答え》
営業の最初から最終の段階まで、お客様の反論や逃げ口上はつきものです。しかし、対処法をマスターすることが、営業に対しての意識変革につながります。

 ●逃げ口上や反論とは?
 ●逃げ口上や反論の種類とその本質
 ●逃げ口上や反論の処理法
   1.アポイント・アプローチの場合
   2.プレゼンテーションの場合
   3.クロージングの場合
 ●逃げ口上や反論の処理法の取得法


《目標達成法》
目標を達成するかどうかは、気持ちと行動によります。その気持ちと行動へと結びつけるものもかぎになるのはやはり質問。考え方について学びます。

 ●目標達成法
 ●欲望・自信・決意

ページの先頭へ戻る

第6回

第6回 2013年 2月 8日(金) 17:00〜21:00

《最終チェックとアドバイス》
今まで学んできたことをどれぐらい活かせるようになっているか、また、各企業の営業方法の弱点はどこにあるのか、それを実際のロープレでチェックします。最終の仕上げといっていいでしょう。

ページの先頭へ戻る

講師


青木 毅 (あおき たけし)氏
株式会社リアライズ 代表取締役



1955年生まれ。飲食業・サービス業・不動産業を経験後、米国人材教育会社代理店に入社。セールスマン1000名以上の中で、5年間の累計業績1位の実績を上げる。97年にリーダーシップ部門代理店へ移籍。98年には個人・代理店実績全国第1位となり、世界大会で世界大賞を受賞する。

2002年に独立し、セルフ・コーチングの会社・株式会社リアライズ(本社:京都府)を設立。企業経営者・幹部・個人に対するコーチングや研修・講演などを行う。

著者に『ミッション・コミュニケーション』(あさ出版)、『ビジネスリーダーの質問力』(角川SSC新書)、『あなたへの質問』、『説得・説明なしでも売れる!「質問型営業」のしかけ』、最新刊に『営業は「質問」で決まる』(以上、同文舘出版)がある。

ページの先頭へ戻る

お申込みの流れ

(1)ログイン後に画面下部に表示されるアンケートに回答いただき、お申込みください。
【ご注意】
ログインをした状態で一定時間以上ページに滞在し続けた場合、入力いただいた回答が消えてしまう場合があります。
回答が長文になる場合、または時間をかけて回答をご用意される場合は、予めメモパッド等に文言を作成いただき、コピー&ペーストで回答欄にご入力ください。


◆本講座の申込で自由入力となる設問は下記のとおりです◆
 問05 事業内容
 問12 御社の商品・サービスの“売り”
 問13 現在抱えている課題
 問14 受講後の理想の状況
  ※各設問とも500文字以内でご回答ください。

 ↓↓↓

(2)ユーザー登録をいただいているメールアドレスへ受付票をお送りします。
メールが届かない場合は、申込が完了していない可能性があります。
下記画面を確認いただき、本講座が表示されていない場合にはお申込みが完了していませんので、再度お手続きください。
https://www.sansokan.jp/events/cancel.san

 ↓↓↓

(3)お申込内容をもとに事務局スタッフから確認のご連絡をさせていただく場合がございます。

 ↓↓↓

(4)申込締切後の【11月6日(火)】頃にメールにて受講可否についてご連絡します。

受講いただける方にはこのメールにて受講料のお振込先等をお知らせいたします。記載の内容に沿ってお手続きください。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。
    --------------------------------------------------------
    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。