【ナレッジセミナー】広報・PR活動の本当のゴールをめざすメッセージ戦略|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[12643]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【ナレッジセミナー】
広報・PR活動の本当のゴールをめざすメッセージ戦略

No.12643

  • Facebookでシェア

対象 中小企業経営者・経営幹部、広報・PRご担当者

※対象者優先のため、お申込状況により、対象外の方、士業・経営コンサルタントなど当館が経営の専門家と認める方からのお申込はお断りいたします。
開催日時 2011年12月12日(月) 19:00-21:00
開催場所 大阪産業創造館 6F 会議室E
定員 60名
 ★満席となりましたので受付終了いたしました。当日受付もございませんのでご了承ください★
講師 福嶋 祥子 氏
プランニング・ボート株式会社 代表取締役
料金 1,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月〜金 10:00〜18:00 (祝日除く)
現役広報プランナーが教える
企業の広報担当者が持っておきたい視点とは?



インターネットの普及により、
さまざまな情報が簡単に得られるようになり、
また一個人でも広く世間に向けて情報発信ができるようになりました。
それに伴い、情報の質が問われるようになり、
企業の広告の効果が薄れてきていると言われています。

そこで重視されつつあるのが『PR』です。
しかしこの『PR』、
日本では「お金がかからないマスコミを使った宣伝」
「マスコミに紹介してもらうためのプレスリリース」といった理解が多いのが現状です。

では、本来の広報・PRとは一体どのようなものなのでしょうか?
本セミナーでは、中小企業の経営者や広報・PRを担当する方に
基本として持っておいていただきたい視点・考え方と、
広報・PR戦略とはどのようなものなのか、
またその構築のポイントをお伝えします。

内容

◆広報・PRとは何か?
◆広報担当者が持っておきたい視点
◆メッセージ戦略構築のポイント

※内容は一部変更になる場合があります

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

福嶋 祥子 氏(ふくしま しょうこ)
プランニング・ボート株式会社 代表取締役


大阪のPR会社を経て、2003年3月に広報・PR企画およびコンサルティング業務を行う「プランニング・ボート」を開業。2011年1月に法人化し現在に至る。

クライアントの価値や考え、また隠れた魅力がありながら世に出ていない商品・技術・活動などを、パブリシティを中心としたさまざまなコミュニケーション手段で世の中へ伝える“情報の通訳”として、そして“社会からの評判づくりを支援するプロフェッショナル”として、企業・自治体・学校法人などの広報・PR活動を支援している。

ページの先頭へ戻る

注意事項

お申込みについて

    ※お申込はお一人様につき一件のみ承っています。お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。
    下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになられましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。

    報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。