【社長トークライブ】社員3名、売上高400万からのチャレンジ|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[11878]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【社長トークライブ】
社員3名、売上高400万からのチャレンジ

No.11878

  • Facebookでシェア

対象 中小企業経営者・経営幹部
開催日時 2011年8月2日(火) 15:00-17:00
開催場所 大阪産業創造館 4F イベントホール
定員 120名
 満席になり次第、締め切ります
講師 木村 正明 氏
株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ 代表取締役
料金 1,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月〜金 10:00〜18:00 (祝日除く)
3年でJリーグ昇格を果たした企業のこれまでとこれから


なぜ、資本金500万円に対し
負債が1000万円超という経営状況だったにもかかわらず、
これまで築き上げた職を捨て、代表に就任したのか。

なぜ、代表就任後の厳しい状況から、
わずか3年間という短い期間で地域リーグから
Jリーグへの昇格を果たすことができたのか。

なぜ、Jリーグ昇格後も
初年度18位(18チーム)、2年目17位(19チーム)と
強いとはいえない成績で単年度黒字を達成できるのか。


J2で戦うファジアーノ岡山を運営する株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ。
2010年度のスタッフ数は25名、売上高は690,000千円。
ですが、スタートはほんの4年前。
スタッフ3名、売上高400万円からの出発でした。
苦難にぶつかるたびに、克服してきたこれまでの道のりと、
これからの企業経営についてお話しいただきます。

内容

経営理念を合宿で決める
社是は「敵を作らず」
サッカーを売るのではなく岡山を売る
スタッフ採用のポイント

ページの先頭へ戻る

講師


木村 正明 (きむら まさあき) 氏
株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ 代表取締役


1968年、岡山県岡山市生まれ。小学時代は野球少年。中学でサッカーを始め、37歳になるまでプレーを続けた。東京大学法学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。熾烈な競争に勝ち残り、2003年、35歳でゴールドマン・サックス証券のマネージング・ダイレクター(執行役員)に就任、社員の採用責任者も務めるように。
2004年、地元・岡山の同級生から、ファジアーノ岡山の運営資金の寄付を依頼されたことが契機となり、2006年、Jリーグ加盟を目指す同クラブ株式会社化の際、代表就任の要請が届く。さらなる成長機会であると快諾、ゴールドマン・サックス証券を2006年5月に退社。同年7月に設立した株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブの代表取締役に就任、2009年に中期経営計画よりも1年早くJリーグ加盟を果たす。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。
    --------------------------------------------------------
    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。