【大阪産業創造館10周年記念講演会】日本経済の行方と中小企業〜これからの中小企業の生きる道〜|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[11606]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【大阪産業創造館10周年記念講演会】
日本経済の行方と中小企業〜これからの中小企業の生きる道〜

No.11606

  • Facebookでシェア

対象 中小企業経営者、経営幹部
開催日時 2011年3月4日(金) 15:00-16:30
開催場所 大阪産業創造館 4階 イベントホール
定員 250名
 満席になり次第、締め切ります
講師 伊藤 元重氏
東京大学大学院経済学研究科 教授
総合研究開発機構(NIRA) 理事長
料金 無料 
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL: 06-6264-9911 FAX: 06-6264-9899 E-MAIL: ope@sansokan.jp
受付時間:月〜金 10:00〜18:00 (祝日除く)

概要

テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」で
お馴染みのエコノミスト 伊藤 元重 氏が語る
「中小企業の生きる道」


2011年の日本経済は、閉塞感に満ち、好景気とはかなりかけ離れている厳しい状況にあります。

日本経済は今後、今のまま過去の延長線上で進んでいく『失われた30年』と言われる時代へ進むのか、それとも、それまでに、大きな『ドカン』=『変化』がやってくるのか。

日本の経済の先行きが不透明な中、中国をはじめとしたアジア諸国は、急速な成長をとげており、世界をみても新興国と呼ばれている国々が著しく成長をとげています。

このような世界情勢の中、日本は「アジア諸国の成長」にどのように対応していくべきなのか。企業は、「アジア諸国の成長」や「国内調整の大きな波」の中、生き残り競争に勝ち抜くにはどのような戦略が必要なのか。

このような、経済状況の中で、今後日本が進むべき道とは、中小企業の活路とは、
いま企業がやるべき事とは・・・

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール


伊藤 元重(イトウ モトシゲ)氏
東京大学大学院経済学研究科 教授
総合研究開発機構(NIRA) 理事長


・財務省 財務省の政策評価の在り方に関する懇談会 メンバー
・財務省 関税・外国為替等審議会 委員
・公正取引委員会 独占禁止懇話会 会長

【 著書】
・Disequilibrium Trade Theories, Chur, Switzerland: Harwood Academic Publishers, 1987 (with T. Negishi).
・Economic Analysis of Industrial Policy, New York: Academic Press,1991 (with K. Kiyono, M. Okuno and K. Suzumura).
・『入門経済学』 (日本評論社、1版1988年、2版2001年)
・『ゼミナール国際経済入門』 (日本経済新聞社、1版1989年、2版1996年、3版2005年)
など多数

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。
    --------------------------------------------------------
    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。