【パネル展】 大阪ものづくり企業読本 〜独自の技術・戦略を持つものづくり企業65社〜|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[08665]

このイベントは終了いたしました。

【パネル展】 大阪ものづくり企業読本 〜独自の技術・戦略を持つものづくり企業65社〜

No.08665

  • Facebookでシェア

対象 大手中堅企業・中小企業・製造業 経営者及び経営幹部
開催日時 2008年7月4日(金) 10:30-14:00
開催場所 大阪産業創造館 3F マーケットプラザ
料金 無料 
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月〜金 10:00〜18:00 (祝日除く)

※お電話・メールでのお申込受付はしておりません。
--------------------------------------------------------
このページの下部でログインして申込をしてください。
--------------------------------------------------------

内容

大阪ものづくり企業読本 大公開
〜独自の技術・戦略を持つ大阪市ものづくり企業65社が集結〜

「技術には自信があるので、使い方や販路を探している」
「新商品を開発したものの販路がない」

こんな悩みを抱えるものづくり企業を大手企業の技術系OBであるマッチングナビゲーターがサポートする大阪産業創造館ものづくり支援サービスが『 ビジネスチャンス倍増プロジェクト 』です。

本プロジェクトで出会った企業郡から一部抜粋して、独自の技術・戦略を持つ大阪市ものづくり企業65社を一冊にまとめた『大阪ものづくり企業読本』が完成致しました。

そこで今回は、掲載企業65社のパネル展示や、関連セミナーを行ない、『大阪ものづくり企業読本』を大公開致します。
(※ものづくり読本掲載企業65社が、出展している訳ではありません)

【パネル展示される企業一覧】
PDF ファイル(約64Kb)


新製品の開発や新規事業パートナーを求める、また技術的な課題や、技術に関する要望などをお持ちの企業様は、是非、大阪の独自性が強いものづくり企業を、ご覧下さい。

ページの先頭へ戻る

同時開催
<セミナー>

<セミナー>
国産旅客機 YS-11 → クルマ → 自転車 までの「乗り物」開発人生
〜たった一人で世界と闘う技術者魂〜

夢をカタチへ、子どものころ夢見た、空とぶ乗り物「きんと雲」がものづくりの原点だった

日時: 7月4日(金)11:00〜12:00
会場: 大阪産業創造館 3F
費用: 無料(※要 別途申込み)
定員: 70名
講師: 白井 健次 (Kenji Shirai) 氏
 有限会社バイク技術研究所 代表取締役社長

ご聴講には別途お申込みが必要です。お申込み・詳細は【 こちら 】よりアクセスしてください。

ページの先頭へ戻る

製造業向けセミナー・
イベントを多数開催!

大阪のものづくり力アップ大阪のものづくり力アップ2008夏

●2008年の夏は、セミナー・商談会・HP連続講座・法律勉強会・デザイン・トークイベント・交流会など、製造業向けイベントの波状開催!!

ページの先頭へ戻る

注意事項

※お申込について※

    お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。
    下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。
    ご了承ください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。