「 RooBOフォーラム2008 ロボットビジネス創出セミナー」|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[08484]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

「 RooBOフォーラム2008 ロボットビジネス創出セミナー」

No.08484

  • Facebookでシェア

開催日時 2008年3月27日(木)15:00〜17:00(受付開始:14:30〜)
開催場所 中小機構経営支援プラザ(大阪駅前第3ビル 19階)
定員 90名
 満席になり次第、締め切ります
講師 <基調講演>小笠原 司 氏
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授
料金 無料 
お問合せ先 <ロボットラボラトリー>
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3-1600
大阪駅前第3ビル16階
(TEL):06-6347-7877 (FAX):06-6347-7875 (E-MAIL):robotlab@sansokan.jp

主催&共催

●主 催:ロボットラボラトリー
●共 催:大阪商工会議所

ページの先頭へ戻る

プログラム

1.基調講演
  講師:小笠原 司 氏
   奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授


2.ロボットの最新取り組みに関する事例発表
   「関西におけるロボットビジネス創出への動き

  講師:木場 将雄 氏
   社団法人関西経済連合会 産業グループ 参事 
   関西次世代ロボット推進会議事務局担当
   実証実験事例紹介:北村 勝則
   大阪ロボット社会実証実験イニシアティブ(ORi)事務局長


3.パネルディスカッション「今こそロボット!」
  〜 関西の次世代ロボット産業を創出していくキーマンが集い、
    ロボットビジネスに関する現在の課題と次のビジネスのヒントを伝授 〜

  
① 案件発表
    アクティブリンク株式会社 代表取締役社長 藤本 弘道 氏
    RooBO課題解決研究会:RooBOブレインズ 黒田 政志


②ディスカッション
    コーディネーター:小笠原 教授(奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科)
    パネラー:細見 成人 氏(東洋理機工業株式会社 代表取締役社長) 
        藤本 弘道 氏(アクティブリンク株式会社 代表取締役社長)
        黒田 政志(RooBOブレインズ技術アドバイザー)

ページの先頭へ戻る

交流会

●日 時:2008年3月27日(木)17:30〜19:00
●場 所:ロボットラボラトリー(大阪駅前第3ビル16階)
     ※RooBOフォーラム会場と同じビルの16階です

※尚、交流会にご参加される方は、簡単な軽食をご用意いたしますので、交流会費として、お一人様千円を集めさせていただきます。

※フォーラムは、内容等変更になる場合がございます。

ページの先頭へ戻る

※お申込みいただくお客様の情報は、共催の大阪商工会議所と共有させていただきますので、ご了承の上、お申込みください。

ページの先頭へ戻る

ロボットラボラトリーとは

ロボット関連での事業化をめざしませんか?

ロボットラボラトリーがもつ今までのロボットビジネス支援のノウハウにより、パートナーのご紹介から実証実験、事業化までをサポートします。
↓ロボットビジネス情報
http://www.robo-labo.jp

お問合せはお気軽に・・・ 06-6347-7877

ページの先頭へ戻る

注意事項

※お申込について※

    お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。
    下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。
    ご了承ください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。