利用者の声«サンソウカンあきない・えーど

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

経営相談室(あきない・えーど) 利用者の声

コンサル出前一丁(専門家派遣)利用者インタビュー

現場改善のためにオーダーメイドのコンサル出前一丁を利用
アルミダイカストメーカーの東陽精工は、ガス部品・産業ロボット部品・建築金物部品などニッチな分野を中心に営業攻勢を強め、小ロット部品やきめ細かいロットに対応するために生産性や稼働率向上の現場改善に取り組んでいます。三代目として経営を推進している笠野晃一社長は、堅調な受注を確保しているものの、現場が受注を消化できるようにするためには、さらなる稼働率の改善が必要だと感じ、オーダーメイドのコンサル出前一丁を利用されました。

コンサル出前一丁を頼んだ経緯
私は、産創館を以前から利用しており、現場改善等のセミナーを通じて、スタッフとの情報交換もしておりました。当社の状況に常に関心を持っていただき、工場を見ていただいたこともあり、また当社が、マッチングサービスなど別のサービスも利用することで、産創館のスタッフにも当社のことについてより理解を深めて頂いたのではないかと思います。そうした日常の関係の中で、経営課題が発生したときに、産創館のことを思い出し、専門家派遣を依頼するに至りました。

コンサルタントを選ぶ基準
産創館スタッフからの紹介が大きかったと思います。当社の課題に応える適切な専門家を紹介していただけたと思っています。また、先生とお会いしてお話を伺うと、現場改善の難しさや勘所をよくご存じでした。大企業の出身ながら、当社の実情に合わせた提案を頂けました。また、相談を通じて、夜間も操業している当社の事情を丁寧に問題抽出していただき、分析していただきました。この提案や分析の分かりやすさも専門家を決定した要因ではないかと思います。

コンサル出前一丁の成果
申し込んだのは、オーダーメイドのコンサル出前一丁です。当社では、これまで、複数回コンサル出前一丁を利用しており、様々な改善に取り組んできましたが、今回は、稼働率の改善に取り組みました。1日の時間の中で生産ラインの稼働時間と停止時間を測定し、機械が停止するなど稼働率を悪化させている要因が『金型交換時間』『センサー検知不良』であることに絞り、改善策として金型交換の事前準備を徹底的に行ったり、センサー検知位置を見直しましたまた、チームを組み、1週間に1案ずつ改善案を発案して実行する改善活動も実施するようにしたところ、これらの取り組みで稼働率をこれまでより6%向上させることに成功しました。コンサル出前一丁を通じて、変わっていく現場を見て、専門家に頼んでよかったなと思いました。

これからコンサル出前一丁を利用する方へのアドバイス
私は、三代目社長として、子どもの頃から継ぐことに迷いはなくなかったもののいざ、承継してみると様々な課題に直面します。そのたびに、自問自答をし、本を読み、調べ、それでも分からないことは、専門家にも相談し、解決策を模索してきました。毎回、経営者として、毎回ベストな答えを出し続けることは難しいと思いますが、専門家に相談することで、解決の糸口につながることが度々あります。当社では、これからもカイゼンを継続し進歩し続けたいと考えており、引き続きコンサル出前一丁を利用させていただきたいと思います。

東陽精工株式会社
東陽精工株式会社
http://www.dctoyo.com/

人と人のつながりを大切にした人間尊重の経営を追求し全従業員の幸せと笑顔を実現するという理念のもと、精密アルミダイカストのワンストップサービスをめざす。改善活動は笠野社長が発信するブログ『笠野晃一の想い:Blog』でも紹介されており、『従業員が自主的に考えて機械や人の動きのムダを取り生産性を向上させることで、みんなで幸せに働ける会社をめざしたい』と意気込む。
(2019年3月12日 公開)

ご不明な点がありましたら、お電話・メールにてお気軽にお問い合せくださいませ。

〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館2F あきない・えーど TEL:06-6264-9838

こちら