プライバシーマークとISMSの違いを教えてください。の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカン経営相談室

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

プライバシーマークとISMSの違いを教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プライバシーマークとISMSの違いを教えてください。

    プライバシーマークかISMSの認証取得を検討しています。それぞれの違いを教えてください。

    プライバシーマークは「個人情報」、ISMSは「情報資産」と保護対象が異なります。


    プライバシーマークとISMSを比較した場合、下図の違いが挙げられます。

    (図はページ下部をご覧ください)

    また、どちらを選択するかは”それぞれの違い”の”どの項目”を重視するかによります。

    <例1>保護対象
    ・個人情報の保護を重視するならプライバシーマーク
     (保護の範囲が限定的でマネジメントシステムの構築がしやすい)
    ・情報資産(個人情報を含む)の保護を重視するならISMS
     (保護の範囲が広く、マネジメントシステムの構築に時間がかかる)

    <例2>対外的効果
    ・一般消費者にアピール(B to Cの取引がメイン)するならプライバシーマーク
    ・取引先などの企業にアピール(B to Bの取引がメイン)するならISMS

    <例3>費用
    ・認証取得と維持の予算が少ないのであればプライバシーマーク
     (認証取得と2年に1度の維持費用が明確)
    ・認証取得と維持の予算がある程度確保できるのであればISMS
     (認証取得費用がプライバシーマークより高額。維持費用が毎年発生。)

    上記は一例ですが、自社の現状や認証取得時のメリット・デメリットを勘案した上で選択することが大切です。


回答した専門家
ISO・認証

松井 裕一朗

事業継続計画(BCP)及び事業継続マネジメント(BCM)に関するご支援ならお任せ下さい!

事業継続は【製品・サービスの供給責任を果たし、組織を存続させるための取り組み】です。昨今、地震・風水害・感染症等の自然災害だけでなく、事件・事故などの人為災害やサプライチェーンの途絶などにより、事業継続が危ぶまれる事態が頻発しています。万が一に備え、事業中断を引き起こすような事態に陥る前に「使えるBCMの構築とBCP策定」に取り組みましょう!

ライセンス

英国BCI認定事業継続プロフェッショナルメンバー(AMBCI)、IRC...

重点取扱分野

・事業継続マネジメント(BCM)構築・事業継続計画(BCP)策定

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る