大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

飲食店を開業したいのですがコロナ後で変化したことはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 飲食店を開業したいのですがコロナ後で変化したことはありますか?

    飲食店の開業準備をしようと思っています。このたびの、新型コロナウイルスでは、多くの飲食店も大打撃を受けているので、自分にできるか不安です。コロナ禍の前後で、大きく変化したことはありますか?

    飲食店の核となる「店舗選びの条件」が大きく変わりました。


    新しい生活様式(ニューノーマル)が、飲食店にも大きな影響を与えています。飲食店は「物件選び」が、とても重要ですので、ここでは「物件について」お伝えします。今までと大きく変化したことは「一般的な優良物件の定義(条件)」の内容です。どのように変化したのか、以下の三つにまとめました。

    ① 「こぢんまりとした小さめの物件」→三密を避けるため、適正な席数が作れません
    ② 「隠れ家的な地下の物件」→窓がなく、換気ができません
    ③ 「駅チカの店舗」→リモートワーク導入企業増で、ビジネスマンが減少する可能性があります。
    ① についてですが、今までは、個人で小さな飲食店(居酒屋・カフェ・バー等)を開業したいと思えば、一人でも運営できそうな「小さな物件」が人気でした。ですが、いわゆる「三密」になる物件は“クラスターが発生する”と集客できない(お客様から敬遠される可能性)物件へと変わりつつあります。例えば、10坪(15席ほど)の店舗だと、三密を避ける今は、7席〜10席くらいの席数にする配慮が必要です。大規模店舗でも同じで、従来の半分から0.7席くらいに席数を減らす必要があります。席数や回転数が減ると、客単価にも影響しますので坪数はとても大事です。
    ② は、お金をかけて設備投資する方法もありますが、お客様へ伝わるのに時間がかかるでしょう。
    ③ は、地域にもよりますが、仮に今すぐリモートワーク導入企業が増えなくても、確実に増えていきますので「駅チカ=来客数が多い」という方程式はいつまで続くか保証はありません。

    以上の三つは、あくまでも予測されることですが、今から物件を探す方は、ぜひ参考にされて下さい。また、新型コロナウイルスに関する日々のニュースや、厚生労働省・都道府県・店舗所在地等のHPは、細やかに確認しておいた方が良いでしょう。やみくもに物件を探すのではなく、常に新しい情報を知った上で、店舗の候補になりそうな物件を探して下さい。

回答した専門家
店づくり・店舗運営

木村 美季

元女将が【10年以上続く飲食店】の開業〜多店舗化、人材育成までご相談下さい☆

私がコンサルティングで1番大切にしている事。それは「相談者様が、どうしたいのか?何をしたいのか?どうなりたいのか?」です。また、いつもお伝えする言葉は「決めるのはアナタです。」しかたがってアドバイスはさせていただきますが、無理強いはいたしません。 相談者様の「目標」や「叶えたいこと」を、実現するためのステップを一緒に作り上げましょう。どんな小さなお悩みも、お気軽にご相談下さい。

ライセンス

一般社団法人 日本ほめる達人協会 認定講師

重点取扱分野

■『飲食店の開業(創業・起業)』について
例)立地、店舗...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る