よいパッケージデザインを生むための、よい「素材」とは? | パッケージ展2024|イベント・セミナー申込画面|クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック

よいパッケージデザインを生むための、よい「素材」とは? | パッケージ展2024

No.44276

お電話・メールでのお申込受付はしておりません。
すでにユーザーIDをお持ちの方は、下記の「申込む」ボタンよりお申込み下さい。

イベント・セミナー申込に関するよくある質問はこちら

申込む

関連するその他のセミナー・イベントはこちら

対象 クリエイティブ活用に関心のある企業等
開催日時 2024年8月2日(金) 13:30-14:30
開催場所 MEBIC(大阪産業創造館17階)
定員 40名
講師 浪本浩一氏(株式会社ランデザイン 代表取締役 / アートディレクター・グラフィックデザイナー)
料金 2,000円/名 
 消費税込み
※事前予約制です。事前申込みのない当日来場はご参加をお断りいたします。
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック
TEL:06-4708-6114(10:00‐18:00 土・日・祝日は休館)
https://www.mebic.com/contact/

申込む

パッケージ展2024 同日開催セミナー【2】

よいパッケージデザインを生むための、よい「素材」とは?

料亭の美味しい料理は、そもそも素材がよくて、その素材のよさを引き出す料理人の腕がよいからお客さんに愛される、ということは誰でもうなずけることでしょう。パッケージデザインにおいても素材は重要です。例えばロゴ。ロゴとしての必要条件(品質の高さに合った造形力、小さくしても破綻しない形状等)を満たしていないロゴを使って、本当によいデザインができるのでしょうか。商品名、紙などの資材、箱の設計、市場分析なども全て素材です。納期やコストなど限られた条件の中で、担当者とデザイナーが一緒になって、できるだけよい素材を用意すること。それができればデザイナーがその腕前を最大限活かすことができます。デザイナーとどのような付き合い方をしたらよいのか悩んでいる人、社内にデザイナーがいるからデザイン事務所に依頼する必要がないと考えている人に参加していただき、よい結果を生むための取り組みについて考えていければと思います。


「タイムカプセル本箱」まちライブラリー@MUFG PARK。A’ Design Award and Competition2024 パッケージデザイン部門 Bronze受賞

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

浪本浩一氏(なみもと こういち)
株式会社ランデザイン 代表取締役
アートディレクター / グラフィックデザイナー



キャッチフレーズやデザインを軸に、パッケージを含むさまざまなツールを活かしたコミュニケーションデザインの設計と制作を行っている。モリサワタイプコンペティション2014 和文書体部門 金賞、欧文書体部門 銅賞・明石賞。成安造形芸術大学 非常勤講師、パッケージの構造設計とデザインを学ぶ「大阪パッケージアカデミー」講師。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 他のお客様の迷惑になると事務局が判断した場合は、ご参加いただけない、またはご退室いただく場合があります。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

申込む