【開催決定】現場で使える!Photoshop活用術〜Webデザイン編|イベント・セミナー申込画面|ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS TOP > イベントNo.[09343]

このイベントは終了いたしました。

【開催決定】現場で使える!Photoshop活用術〜Webデザイン編

No.09343

  • Facebookでシェア

開催日時 2009年3月28日(土) 13:00〜18:00
開催場所 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内ITM棟6階 PCトレーニングルーム1
定員 10名
 満席になり次第、締め切ります
講師 秋葉秀樹氏
申込締切日 2009年3月26日(木) 【注意】開講日の前々営業日まで受付します。
料金 15,000円/名 
 消費税込み
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 イメディオ教育研修事務局
TEL:06-6345-6080
MAIL:kouza@imedio.or.jp
営業日時:平日10:00〜18:00(※土、日、祝日ならびに年末年始休日を除く)

お申し込みに関して

※事務局からのお申し込み確認メール送付をもって、受付完了となります。

※開講日1週間前時点でのお申し込み人数によって講座の開講・閉講を決定いたします。
最少催行人員に満たない場合、講座を閉講とさせていただく場合がございます。
ご興味をお持ちの方は、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

※開講・閉講が決定しだい、お申し込みいただいた方へはメールでご連絡いたします。
必ずご確認くださいますようお願い申し上げます。
詳細については、下段「講座の閉講について」を併せてご参照ください。

※開講が決定したものについては、「申込締切日」までお申し込み可能です。

ページの先頭へ戻る

講座内容

Webサイト、特にコーポレートサイト(企業サイト)のグラフィックデザインを前提としたPhotoshopの活用講座です。

ふだん現場で制作されているボタンやボーダーなどの素材も、レイヤーやグラデーションの使い方一つで、質感や見た目の印象が一段上がります。そこでこの講座では、デザインが『なんだか大味?』『平面的すぎない?』と感じられる時に、Photoshopの機能を上手に使ってグラフィックデザインのテイストを向上させる勘所をお教えいたします。

ひと工夫するのに費やした時間は、作業スピードを上げる事で取り戻します。
ロールオーバーボタンの管理方法や、大規模サイトのガイドラインによく見られる管理しやすい素材の命名ルール、修正に対応しやすいレイヤー管理の方法など、効率のよい制作手法をあわせてお教えいたします。

現在主流となっているコーポレートサイトのテイストを学びたい方、また、Web制作においてPhotoshopをきちんと使いこなせるようになりたいとお考えの方に、最終的にXHTMLのパーツとして切り出されて活用されるまでを見据え、品質と効率を兼ね備えた画像制作のための「現場ですぐ使えるプロのテクニック」を学習していただけます。

ページの先頭へ戻る

講座構成(予定)

・オブジェクトへの着色やレイヤースタイルでの装飾の技を身につける。
・「押したくなるボタン」の作り方を考え、質感のクオリティをアップする。(※)
・効率の良いレイヤーの分け方を学ぶ。
・修正にもなるべく対応しやすいメンテナンス性の高い状態で作業を進める。
・一般的なガイドラインに多い画像命名ルールに基づき、画像を切り出す作業を学ぶ。
・ロールオーバー用のボタンも同一ファイル内で行う、その管理方法。

(※)「押したくなるボタン」に関しては講師ブログ
http://www.akibahideki.com/blog/cat7/
などを参考に参加者の方の前で実践させていただき、練習していただきます。

【ご注意】
Photoshopに全く触れた事のない方には難易度が高いと感じられる場合もございます。
次項「対象者」欄、および「受講に必要な条件」欄をご確認のうえお申し込みください。

ページの先頭へ戻る

対象者

・Webサイトにおけるグラフィックデザインの表現力をアップしたい方
・Web制作における効率のよい画像制作方法を学びたい方

ページの先頭へ戻る

受講に必要な条件

Photoshop上で書類を開く、閉じる、保存するといったファイルの基本的オペレーションが出来る方。
Photoshop上で簡単な図形をシェイプレイヤーで描け、着色、移動・複製する事が出来る方。
選択範囲の基本的な操作が解る方(選択範囲の解除、長方形選択ツールの基本操作など)。
キーボードを使ってのテキスト入力に支障がない方(入力スピードは問いません)。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

DTPやWeb制作の仕事から、映像制作、3DCGまで、いろんな事に挑戦するクリエイターでありデザイナー。大手サイトのマークアップ作業からXHTML+CSSの制作ガイドライン策定まで担当する。ライブハウスではVJやアートディレクターを行ったり、Webの業種に限定しないクリエイティブ活動を行っている。Adobe IllustratorやAdobe Photoshopが一番の得意で、初代バージョンから17年ほどの使用歴を持つ。
講演:2008年10月・CSS Nite in Osaka, vol.12 『脱・やらず嫌い!デザイナーさんのためのFlash ActionScript 3.0 入門以前編』。その他、デジタルハリウッド大阪校にてIllustrator, Photoshop, HTML, Flashなどの講義も務める。
寄稿:月刊web creators(MdN)2009年2月号「独学で始めるFlash作成講座」
Webサイト:HidekiAkiba | Web Creator eXtends Designers
ブログ:デザイナーさんのためのWeb制作術

ページの先頭へ戻る

注意事項

「講座内容」、「対象者」および「受講に必要な条件」をご確認のうえ、お申し込みください。

ページの先頭へ戻る

講座形式

ハンズオンセミナー

ページの先頭へ戻る

会場アクセス

イメディオ教育研修事務局
TEL:06-6345-6080
MAIL:kouza@imedio.or.jp
営業日時:平日10:00〜18:00(※土、日、祝日ならびに年末年始休日を除く)

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

やむを得ず受講をキャンセルされる場合は、事前に必ず、下記の方法で事務局までご連絡ください。

【キャンセルのご連絡方法】
大阪市産業創造館ホームページよりお申し込みください。
 https://www.sansokan.jp/login.san?next_url=/events/cancel.san
※キャンセルフォームでのご連絡は、前々事務局営業日まで可能です。
 それ以降のご連絡はkouza@imedio.or.jpまでメールでお願いいたします。

【キャンセル料について】
開催日の前々事務局営業日までにご連絡をいただいた場合に限り、キャンセル料は頂戴いたしません。
それ以降のキャンセル、もしくは無断でご欠席された場合は、受講料の100%をキャンセル料として頂戴いたします。

■キャンセル期限の例

(1)開催日が2008年5月14日(水)の場合
  前々事務局営業日にあたる5月12日(月)までにキャンセル連絡をいただければ、キャンセル料は発生いたしません。
  それ以降のご連絡の場合はキャンセル料が発生いたします。
(2)開催日が2008年5月7日(水)の場合
  5月3日から6日が土日祝なので、前々事務局営業日にあたる5月1日(木)までにキャンセル連絡をいただければ、キャンセル料は発生いたしません。
  それ以降のご連絡の場合はキャンセル料が発生いたします。

ページの先頭へ戻る

免責事項

当講座および当講座で使用するテキストに記載されていることを、
受講生の方が勤務先および自宅で実行することにより、
すべての受講生の方にその結果を約束および保証するものではありません。

また、当講座および当講座で使用するテキストに記載されている内容を実行した結果、
いかなる損害が発生しても、財団法人大阪市都市型産業振興センター、ソフト産業プラザイメディオおよび講師は
一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承のうえ受講のお申し込みをいただきますようお願いいたします。

当講座へのお申し込みをもって上記および当ページ(イベント詳細)の記載事項に
同意いただいたものといたしますので、くれぐれもご確認のうえお申し込みくださいますようお願いいたします。

詳しくは下記をご覧ください。
「財団法人大阪市都市型産業振興センター情報提供サービス」に係るユーザー規約

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。