ソフト産業プラザiMedio

ソフト産業プラザiMedio TOP > イベントNo.[08841]

このイベントは終了いたしました。

【開催決定】予算ゼロでWebサイトのユーザビリティを改善する [イメディオセミナー]

No.08841

  • Facebookでシェア

開催日時 2008年9月10日(水) 14:00〜16:30
開催場所 アジア太平洋トレードセンター(ATC) ITM棟6階 講義室
定員 40名
 満席になり次第、締め切ります
講師 小嶋新
NPO法人しゃらく 副理事長
申込締切日 2008年9月8日(月) 
料金 3,500円/名 
 消費税込み
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 イメディオ教育研修事務局
TEL:06-6345-6080
MAIL:kouza@imedio.or.jp
営業日時:平日10:00〜18:00(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

お申し込みに関して

※事務局からのお申し込み確認メール送付をもって、受付完了となります。

※開講日1週間前時点でのお申し込み人数によって講座の開講・閉講を決定いたします。
 最少催行人員に満たない場合、講座を閉講とさせていただく場合がございます。
 ご興味をお持ちの方は、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

※開講・閉講が決定しだい、お申し込みいただいた方へはメールでご連絡いたします。
 必ずご確認くださいますようお願い申し上げます。

※開講が決定したものについては、「申込締切日」までお申し込み可能です。

ページの先頭へ戻る

講座内容

素敵なデザインを作り、SEOも行いアクセス数は上がったにもかかわらず、なぜかWebサイトの効果が上がらない。そんなときに見直すべきポイントのひとつに、ユーザビリティがあります。

こんな経験はありませんか?Webサイトで商品を購入する際に名前や住所をフォームに入力し、「あ、間違えた」と思いブラウザの「戻る」をクリックすると、フォームの内容が全部消えてしまっていた…。このようなフォームが設計されている場合はユーザビリティが低いと評価します。

ユーザビリティとは一般的には「使いやすさ」と表現されますが、ちゃんと定義すると、『商品やプロダクトが、きちんとその役割を果たせるか』についての尺度のことを言います。Webサイトには、そのサイトの果たすべき目的に応じたユーザビリティが備わっていることが求められるのですが、それはどのようにして築かれるものなのでしょうか?

ユーザビリティの向上・改善は、そのサイトを使う人(ユーザー)の姿に目を向けることからはじまります。状況を改善し、Webサイトが成果を上げるには、本来ならそれ相応の予算を必要とするのですが、それゆえに「まだ成果が上がるかどうかが分からないのにお金はかけられない」という状況が生まれやすく、十分にその機能を発揮できないサイトが多いのもまた事実です。

そこで本講座では、「お金をかけない(でも、少しだけ手間はかける)」を合言葉に、予算がゼロでも取り組めるユーザビリティ向上の手法をお伝いいたします。
ユーザビリティを考えるために重要な原則をご紹介するとともに、それらを織り込んだワークフローの一例とその実践手法をご提示することで、Webサイトの運営者、制作者いずれの立場からも取り組みの契機としていただける内容をめざします。

ページの先頭へ戻る

講座構成(予定)

1. ユーザビリティの重要性の体験
2. ユーザビリティの概念と原則
3. ユーザビリティ向上のためのワークフロー
4. 顧客、訪問者のニーズの把握
5. ユーザー行動の設計
6. ダブりもなく、漏れもない情報
7. プロトタイプの作成
8. ヒューステリック評価、チェックリスト評価
9. 簡易ユーザビリティテストの手法

ページの先頭へ戻る

対象者

・Webサイトのユーザビリティに関心のある、およびユーザビリティを高めたい方
・Webサイトの制作、および運営に携わる方

ページの先頭へ戻る

受講に必要な条件

Webサイトの制作や運営に携わっている職種の方(Webマスター、Webディレクター、Webデザイナー)にとっては分かりやすい講座になると思います。ユーザビリティに関する専門用語はその都度ご説明いたしますが、Webサイト制作に関する基本的な用語は必須です。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

小嶋新
NPO法人しゃらく 副理事長
大学卒業後、野村證券株式会社に入社。2006年、特定非営利活動法人しゃらくの設立に参画し、副理事長に就任する。
NPO法人や市民団体、公益法人、行政等を中心に、ユーザビリティやアクセシビリティを重視したWebサイトの制作、運営に従事する。また、Web標準やアクセシビリティなどのテーマを扱う個人ブログ「TRANS」では、高齢者や障害者の生の声を生かしながら、実務に役立つTipsのメモや制作者としての視点にとどまらない問題提起、英語圏のリソースの紹介などに努めている。
執筆協力書籍に、「Webユーザビリティ・デザイン」(インプレスジャパン)、「Web STRATEGY vol.13」(MdN)。

ページの先頭へ戻る

注意事項

「講座内容」、「対象者」および「受講に必要な条件」をご確認のうえ、お申し込みください。

ページの先頭へ戻る

講座形式

セミナー

ページの先頭へ戻る

会場アクセス

大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階
http://www.imedio.or.jp/imedio/access/

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

やむを得ず受講をキャンセルされる場合は、事前に必ず、下記の方法で事務局までご連絡ください。

【キャンセルのご連絡方法】
 大阪産業創造館ホームページよりお申し込みください。
 https://www.sansokan.jp/login.san?next_url=/events/cancel.san
 ※キャンセルフォームでのご連絡は、前々事務局営業日まで可能です。

【キャンセル料について】
 開催日の前々事務局営業日までにご連絡をいただいた場合に限り、
 キャンセル料は頂戴いたしません。
 それ以降のキャンセル、もしくは無断でご欠席された場合は、
 受講料の100%をキャンセル料として頂戴いたします。

※キャンセル期限の例

(1)開催日が2008年5月14日(水)の場合
  前々事務局営業日にあたる5月12日(月)までにキャンセル連絡をいただければ、
  キャンセル料は発生いたしません。
  それ以降のご連絡の場合はキャンセル料が発生いたします。
(2)開催日が2008年5月7日(水)の場合
  5月3日から6日が土日祝なので、前々事務局営業日にあたる5月1日(木)までに
  キャンセル連絡をいただければ、キャンセル料は発生いたしません。
  それ以降のご連絡の場合はキャンセル料が発生いたします。

ページの先頭へ戻る

免責事項

当講座および当講座で使用するテキストに記載されていることを、受講生の方が勤務先および自宅で実行することにより、すべての受講生の方にその結果を約束および保証するものではありません。

また、当講座および当講座で使用するテキストに記載されている内容を実行した結果、いかなる損害が発生しても、財団法人大阪市都市型産業振興センター、ソフト産業プラザイメディオおよび講師は一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承のうえ受講のお申し込みをいただきますようお願いいたします。

当講座へのお申し込みをもって上記および当ページ(イベント詳細)の記載事項に同意いただいたものといたしますので、くれぐれもご確認のうえお申し込みくださいますようお願いいたします。

詳しくは下記をご覧ください。
「財団法人大阪市都市型産業振興センター情報提供サービス」に係るユーザー規約

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、開催日当日の参加取消しやキャンセル処理なくご欠席される場合は、今後のお申込をお断りする場合がございます。
  • ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。