事例1 高齢の親の保有分と分散した株式の処理対策|事業承継 無料相談サービスご相談事例|事業承継 無料相談サービス|【公的機関】事業承継なんでも相談所|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業限定

事業承継 無料相談サービスご相談事例

経営者・後継者の方の状況をお伺いしながら、必要な準備へのアドバイス、また行動のためのサポートを行っていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
事例 1

高齢の親の保有分と分散した株式の処理対策

今回の事例は【後継者】からのご相談です。

相談の内容

高齢で要介護状態の親が保有している株式について、親の介護を姉妹が行っていることもあり、将来の取り扱いが不安である。
また、同族間で株式が分散しており、株主は10名を超えていることも問題である。その対策のアドバイスを期待された。

コンシェルジュの眼

事業承継課題の着眼点

高齢の株主が生前贈与や遺言を活用できないか。
生前贈与で注意すべきは税金対策(贈与税と相続税)と贈与後の株主構成であり、遺言についても相続後の株主構成に気を配る必要がある。

具体的アドバイス

要介護状態の親は遺言を認める状況ではなく、もし可能としても姉妹の協力は得られそうにない。したがって生前贈与の活用も期待できない状況である。
そこでもし相続が発生し、法定相続で株式を相続人間で分けた場合の株主構成をシミュレーションしてみた。

その結果、家族(社長夫婦と子どもたち)で絶対安定の2/3の株式は保有できないが、過半数は確保できるので、当面の経営には支障が出ないことがわかった。
ただ、法定通りの相続財産分配を前提として計算したが、姉妹の介護に係る寄与分が認められるリスクもあることを承知しておくべきであるとして、早めに弁護士等の法律の専門家のサポート体制を作っておくことをアドバイスした。

株主の分散対策として、社長自ら買取交渉の可能性を問うたところ難しいとの返事であった。買収交渉が難しいとなれば、具体的な対策を講じることは不可能であるが、将来に備えて、定款に会社法第174条~176条に定める「相続人等に対する株式の売渡し請求」条項(相続人に会社株式を買い取り請求することが可能となる)を定めることを提案した。

ただ定款変更決議は、出席株主の2/3以上の賛成が必要とする特別決議事項なので、それが可能かを検討する必要があること、具体的手続きについては専門家である司法書士に相談されるようアドバイスした。

具体的行動

相続の発生に向けて、会社の顧問弁護士に相談し、アドバイスを受けながら対策を講じることにした。まだ行動を起こすまで至っていないが、将来のリスクを軽減する方向性を確立することができた。

株式分散対策については、早速定款に「相続人等に対する株式の売渡し請求」条項を盛り込むべく手続きに入り、近しい親族には趣旨を説明して納得してもらい、何とか株主総会の特別決議を得られる賛意を確保することができ、無事当該条項を定めることができた。

関連する記事(連載「事例に学ぶ事業承継」より)

事業承継課題の着眼点

この相談内容を考えるにあたって参考となる事例をご紹介しています。

まずは、「事業承継 無料相談サービス」で、お気軽にお問合せください。

写真

事業承継に必要な準備へのアドバイス、また行動のためのサポートを行っていきます。経営者・後継者どちらのお立場の方でも、お気軽にご相談下さい。

事業承継 無料相談サービスの詳細はこちら

事業承継の現状を整理したい方はこちら

事業承継にとりかかる前に、承継計画の作成のお手伝をする「事業証承継診断サービス」「事業承継計画書」のエクセルフォーマットをご提供しています。

これまでのご相談事例

後継者事例1 高齢の親の保有分と分散した株式の処理対策
高齢で要介護状態の親が保有している株式について、親の介護を姉妹が行っていることもあり、将来の取り扱いが不安である。また、同族間で株式が分散しており、...ご相談事例の続きを読む
後継者事例2 確たる後継指名を得ていない不安と相続問題
後継者候補の悩み相談。現社長は相談者の母親の兄弟で独身かつ子供はいない。創業者の父親から事業を譲り受けたのが兄弟で唯一事業に関わっていた現社長である。...ご相談事例の続きを読む
経営者事例3 息子に承継させるについての事業の将来性と経営権
兄から経営を譲られた60歳代社長の後継候補である子息同席での相談。子息は3年前に入社した30歳代前半。本業は成熟産業に属し将来の見通しは、...ご相談事例の続きを読む
後継者事例4 本音を語らない経営者は後継予定者を不安にさせる
相談者は社長(経営者)の一人息子で後継予定で数年前に入社した30歳台半ば。現状は社長が実権を握っており、事業承継について特段の話がないので、...ご相談事例の続きを読む
経営者事例5 社員を後継者に指名するについて
相談者は50歳代後半の創業社長。社長には女の子どもが2人。いずれも既に結婚しているとともに、将来に亘って関わっていきたいという職業を持っているので、...ご相談事例の続きを読む
後継者事例6 突然の承継に備えての相談
会社の役員として実質経営を取り仕切っている後継予定者の相談。父である社長が高齢かつ病気がちで、突然社長を引き継がねばならないことも起こりうる状況になる。...ご相談事例の続きを読む
後継者事例7 高額になった自社株対策の悩み
相談者は既に社長を父親から譲り受けていた。しかし相談者の持株は10数%と低く、過半は父親が引き続き保有しており、その他役員である叔父とその息子(社員)が...ご相談事例の続きを読む

大阪産業創造館 事業承継なんでも相談所事務局

06-6264-9939
(月~金 10:00~17:30※祝日除く)