ここから広がるビジネスチャンス 大阪産業創造館(サンソウカン)
内容・目的で検索 サイト検索 イベントNo.で検索
ホーム 産創館とは 産創館への地図 お問合せ サイトご案内 ご利用状況
  ゲストさん、こんにちは   ログイン




【技術革新フェア】
【展示商談会】ライフイノベーションにつながるロボット・RTの活用~介護・福祉、医療


介護・福祉、医療分野での活用が期待されるロボット・RTを活用した商品やサービスを紹介する展示商談会。リハビリ機器、ロボットスーツや転倒などの異常を検知するシステム、病院・施設の運営サポート製品など幅広く展示する。

会期:2011年2月23日(水)、24日(木) 企業展示:10:00~17:00  参加費:無料
会場:ATCエイジレスセンター

■お問合せ:ロボットラボラトリー
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3-1600 大阪駅前第3ビル16階
TEL:06-6347-7877 FAX:06-6347-7875

技術革新フェア2011展示商談会のお申込はこちら→

出展社一覧
手術支援システム
患者様個々の疾患に対応した正確な手術支援システム
株式会社オルスリー
機器・サービス開発サポート
医療・福祉の現場に電子機器を導入することで利便性が向上!
梅田電機株式会社
介護・福祉関連製品設計・試作・被験者実験・評価にかかる人件費・時間等のコストを大幅に短縮するシミュレーションシステム
株式会社エルゴビジョン
機器のコンパクト化・省配線化・開発時間の短縮・コスト削減を実現可能!医療機器への部品供給実績を有するACサーボシステム
マッスル株式会社
高齢者・障害者(チャレンジド)のための研究開発用ロボットプラットフォーム 「Robovie-R Ver.3(ロボビー アール スリー)」
ヴイストン株式会社
介護予防
ハイブリッド訓練法によるロコモティブシンドロームの予防対策
アクティブリンク株式会社
足を3次元で計測し、あなたの足にぴったりな靴やインソールを提案するための「三次元足型計測機」
株式会社ドリーム・ジーピー
医療・介護施設の作業支援・負担軽減
ワイヤレスセンシング技術により介護者の負担を軽減するシステム
有限会社ケイツー電子工業
人の動きを素早く計測する独自のセンサで、異常を素早く検知!
株式会社 ニューラルイメージ
「自律移動型(完全自走式)多機能清掃ロボット」吸引清掃はもとより、ユニット交換で液剤塗布による床除菌などにも展開も可能!
フィグラ株式会社
高齢者自立支援
施設利用から自宅への訪問介護までをカバーするデジタルサイネージ
ジャトー株式会社
脚に障がいを持つ方や脚力が弱くなった方の脚力・歩行機能をサポートする自律動作支援ロボットスーツ HAL ®福祉用
大和ハウス工業株式会社
上肢に障害のある人の生活を支援するロボットアームRAPUDA
独立行政法人 産業技術総合研究所/ライフロボティクス株式会社
その他(開発パートナー募集)
ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の福祉・医療応用をめざして~体内埋込型ワイヤレス皮質脳波計測システムの可能性~ 
大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学講座
*出展企業の情報は予告無く変更されることがございます。

手術支援システム
出展社名

患者様個々の疾患に対応した正確な手術支援システム
株式会社オルスリー

http://www.orthree.jp/
担当者:五島 誠 / 連絡先:06-6312-3351

詳細 骨関連手術において、正確で安全な手術を行う支援システムを展開。
CTから得られるDICOM画像から3次元モデルを抽出するソフトウェア・手術シミュレーションを行うソフトウェアと、カスタムメイド手術支援器具を提供。(拡大写真)
導入施設へのメリット カスタムメイド手術支援器具を用いることで、100点以上ある手術器具の点数を大幅に減らすことができ、術者、看護士等手術に参加するメンバーの負担を軽減できます。
利用者へのメリット 勘や経験によらないエビデンスに基づく手術計画・治療の実践が行えます。
3次元シミュレーションを患者向けの説明用にも利用できます。
応用事例 ・CADソフト無しでカスタムメイド手術支援器具を設計できます。
・人工骨使用手術の場合、事前に形を設計・製造できるので、手術時の人工骨作成プロセスを省略でき、患者負担を減らすことができる。
・骨モデルの抽出が簡便的に行えるので、工業製品のソフトなしで骨モデルを作成することができる。
求めるパートナー・
導入先
パートナー:販売拡販・開発
導入先:医療機関
販売価格 アカデミック価格をご用意していますので、お問い合わせください。
▲ページトップへ

機器・サービス開発サポート
出展社名

医療・福祉の現場に電子機器を導入することで利便性が向上!
梅田電機株式会社

http://www.umeda-electric.co.jp/
担当者:若月 道陽 / 連絡先:06-6458-8931

詳細 医療装具の開発をサポートする三次元測定装置(自社製品)と制御基板設計・製作CCDカメラを用いて立体形状測定をおこなう機器を活用し、医療装具製作用の計測をおこなう。ターゲットをワンショットで撮影し、物体をスキャンすることなくリアルタイムで立体形状測定ができるシステム。測定結果は点群データ(STL)やCADデータ(DXF)で出力も可能。難解なセッティングは不要で、持ち運びも容易な小型サイズ。

○事例:筋電義手の制御基板設計・製作
人の神経一筋制御系の動特性を取り入れた新しいタイプの筋電義手。従来にない軽さとコンパクトさで、元の手の感覚で筋電義手を制御できるので訓練時間を短縮することができる。(大阪電気通信大学 吉田正樹教授、摂南大学 奥野竜平准教授の研究成果を元に機械部分を株式会社マルイ様が製作、弊社は制御基板部分を担当。)
導入のメリット ◆医療装具の開発をサポートするローコスト三次元測定装置(自社製品)
持ち運びが容易な小型サイズで難解なセッティングが不要。
計測のコストを下げることで、装具開発の全体コストを下げることが可能。

◆筋電義手の制御基板製作
最先端の技術を活用した医療機器・介護機器の電気制御開発が可能、要望に応じて開発をサポート
応用事例 医療器をはじめ、FA機器、自動装置への組み込み
求めるパートナー・
導入先
医療・福祉の現場に電子機器の導入を考えている企業。
▲ページトップへ

出展社名

介護・福祉関連製品設計・試作・被験者実験・評価にかかる人件費・時間等のコストを大幅に短縮するシミュレーションシステム
株式会社エルゴビジョン

http://www.ergovision.co.jp
担当者:廣瀬 尚三 / 連絡先:sho@ergovision.co.jp  06-6101-3031

詳細 製品の利用を想定する被験者の寸法や質量特性をもった仮想人体モデルを生成でき、評価する製品等に合わせて、簡易に動作振付も可能。また、その際、動作時の関節負荷・関節トルク等の身体負荷を推定できます。
ビデオカメラ等により取得した動作を入力できます。(オプション)(拡大写真)
導入のメリット ・製品開発における、試作品の製作や被験者集め・謝礼等のコスト削減
・好きな時間に評価作業が可能(被験者都合によらない)
・ユニバーサルデザイン設計による他社との差別化
・簡易な動作振付
・身体動的負荷の定量化
応用事例 ・自社製品のPR(社内・社外)、他社製品との差別化のための営業用資料に利用
・住宅設備、家具、農業機械、車両コックピット等の設計に利用
・大学のCAD・製図等の集合教育での利用
求めるパートナー・
導入先
・住宅設備や介護用品等の設計者、企画・広報担当者
・大学、高専等の教育機関、工業試験場等
販売価格 100万円~ (リース可能)
▲ページトップへ

出展社名

機器のコンパクト化・省配線化・開発時間の短縮・コスト削減を実現可能!医療機器への部品供給実績を有するACサーボシステム
マッスル株式会社

http://www.musclecorp.com
担当者 北島 / 連絡先:06-6886-2885

詳細 モータ、エンコーダ、ドライバと電源ユニット、コントローラ、PLC機能をすべて内蔵したコンパクトな「一体型ACサーボシステム」。余分な配線を排除し、今までに無いシンプルなシステムの構築ができる上、モーションを自在にコントロール可能。
FDA(アメリカ食品医薬品局)、医療機器認定取得実績のある弊社は、様々な医療、介護分野の機器開発をサポートできます。
導入のメリット 弊社が蓄積した制御技術を展開した汎用製品及びカスタマイズ製品をご利用頂く事で、省配線・コスト減・コンパクト化を実現。ご希望の仕様に基づき、現代制御理論によるベストソリューションを提供。
応用事例 医療器をはじめ、FA機器、自動装置への組み込み
求めるパートナー・
導入先
チャレンジ精神を持って、最新技術を駆使したシステムの導入に積極的なパートナー。
販売価格 汎用製品については仕様評価用としてレンタル品の準備あり。
但し、カスタマイズする方が良い場合も多く、別途ご相談となります。
▲ページトップへ

出展社名

高齢者・障害者(チャレンジド)のための研究開発用ロボットプラットフォーム
「Robovie-R Ver.3(ロボビー アール スリー)」
ヴイストン株式会社

http://www.vstone.co.jp/
担当者 芝谷 尚紀 / 連絡先:06-4808-8701

詳細 Robovie-R Ver.3は、人とロボットのコミュニケーション研究のための等身大ロボットプラットフォーム。高齢者・障がい者(チャレンジド)の社会参加に貢献するロボットサービスなどを創出するために、実際に人間が活動する環境での実証実験を想定し、点字ブロックやスロープなどの凹凸を乗り越えられる高い走破性や、高齢者と並んで移動するための移動速度(約2.5km/h)など、最低限必要な機能を搭載しています。(拡大写真)
導入のメリット ・買い物や道の案内など、様々なサービスを提供するための開発プラットフォームとして必要な機能を備えたプラットフォームのため、開発コストが削減できます。
・ Windowsが動作するノートPCが内蔵されており、各種センサや、携帯電話など既存の製品と通信できるため、汎用性が高く幅広いサービス開発が可能。
応用事例 ショッピングセンターでの案内や美術館や博物館の案内ロボットとして実証実験が行なわれています。
求めるパートナー・
導入先
ロボットを用いたサービスを検討している方、研究者・開発者
販売価格 399万円
▲ページトップへ

介護予防
出展社名

ハイブリッド訓練法によるロコモティブシンドロームの予防対策
アクティブリンク株式会社

http://psuf.panasonic.co.jp/alc/
相宅 玲志 / 連絡先:050-3783-1518

詳細 久留米大学医学部で宇宙飛行士向けに研究*1されたハイブリッド訓練法(拮抗筋への電気刺激による収縮を運動負荷とします)を用いた訓練機です。
本機器は、介護予防などへの応用が期待できます。
*1(財)日本宇宙フォーラム
宇宙環境利用に関する公募地上研究助成
平成14~19年 久留米大学医学部 九州工業大学 。(拡大写真)
導入施設へのメリット 市販の筋トレ機器に比べ、机に載る小型サイズであるため、省スペースで訓練を行うことができます。また、拮抗筋の電気刺激で得られる筋収縮を運動抵抗としますので、バーベルなどの重りを必要としません。
利用者へのメリット 屈曲・伸展の両方の筋肉に作用するため、効率のよい訓練ができます。
そのため、市販の筋トレ機器より効果的な筋力アップと足腰の筋力強化が期待でき、ロコモティブシンドロームの予防対策としての利用が考えられます。
応用事例 1.太ももの筋肉である大腿四頭筋、ハムストリングを鍛えることによって、足腰を強化し、メタボリックシンドロームの予防にも応用が期待できます。
2.手術後、衰えた筋力の回復の為のリハビリ機器としての利用が期待できます。
求めるパートナー・
導入先
ディケア、ディサービス、高齢者対象のスポーツ施設などの介護予防などの筋力訓練を行っている施設。
販売価格 販売価格:¥198,000(税抜)
※電極パッドは消耗品。別途、\4,800(税抜)で販売。
▲ページトップへ

出展社名

「あなたの足は本当のサイズは?」
足を3次元で計測し、あなたの足にぴったりな靴やインソールを提案するための「三次元足型計測機」
株式会社ドリーム・ジーピー

http://www.myshoes.jp/
担当者 押木 / 連絡先:06-7650-8911

詳細 足首から下の「甲、かかと、つま先、足裏」など片足約3万箇所を計測し、足の形をそのまま正確に三次元画像で表示する「三次元足型計測機」。
また、その測定データを元にした、オーダーインソール、介護シューズも販売。(拡大写真)
導入施設へのメリット 介護靴メーカーと提携しているので、測ったその場で、シューナビゲーションシステムを使い、靴を選ぶことができます。
利用者へのメリット 自分に合った靴を選んで履くことで、寝たきりの原因となる怪我を引き起こす転倒を防止するなど、快適な生活をサポート。また、オーダーインソールも作成できます。
応用事例 計測した3次元データを元にした靴のイラスト作成。整形靴にも対応。
求める導入先 病院、整骨院、介護施設、介護ショップ
販売価格 様々な導入方法がありますので、ご相談下さい。
▲ページトップへ

医療・介護施設の作業支援・負担軽減
出展社名

ワイヤレスセンシング技術により介護者の負担を軽減するシステム
有限会社ケイツー電子工業

http://www.k2-denshi.com/
担当者 田中 / 連絡先:072-685-8847

詳細 ワイヤレスセンサを搭載した端末をベッドなどに取り付けて健康状態(脈拍や体温など)の把握や管理をサポートします。圧力センサをベッドやトイレなどに設置すると利用者の動きが予測できて、より素早い対応が行えます。その他、モーションセンサを携帯することにより転落・転倒による事故をいち早く知らせ、事故を最小限に抑えることもできます。(拡大写真)
導入施設へのメリット 介護者の負担軽減
利用者へのメリット 大きな事故になる前に介護者に知らせることができる
応用事例 各種リモコン装置に使用することも可能
(操作し易いようにリモコンのボタンを大きくして手元に置いたりできる)
求めるパートナー・
導入先
ワイヤレス機器を検討中の企業・施設など
販売価格 基本的にカスタム品のためお問い合わせください。
▲ページトップへ

出展社名

人の動きを素早く計測する独自のセンサで、異常を素早く検知!
株式会社 ニューラルイメージ

http://www.neuralimage.co.jp
担当者 技術開発部 鵜殿(うどの) / 連絡先:niinfo@neuralimage.co.jp 072-645-5566

詳細 医療介護施設向け「見守りセンサ」。
弊社のコア技術「シリコン網膜センサ」によって、人の移動軌跡をリアルタイムに計測し、異常行動(例えば、トイレでの転倒、ベッドからの転落など)を素早く検知し知らせます。
導入施設へのメリット 看護師や介護士を補助して患者の安全を見守り、負担を軽減できる。
個室から危険エリアまで様々な場所を監視可能。
例えば、患者が独りでトイレなどへ行き、転倒して動けなくなっている状態を検知。
利用者へのメリット 患者やその家族にとって、常に見守られ、異常を速やかに検知してくれる安心感。
また、センサ内部で判定処理が完了し、映像情報を出力しないため、プライバシー保護が可能。
応用事例 「人」の移動軌跡計測を利用した、順路判定,人数計測。
"安全管理"と"マーケティング情報収集"を両立。
例)エスカレータ昇降口付近での滞留・逆行検知と、フロア間の人流計測。
求めるパートナー・
導入先
パートナー: 医療機器・設備を、医療介護施設へ導入した実績のある企業
導入先: 医療・介護・福祉施設,公共施設
販売価格 フィールド評価中にて価格検討中。
レンタル:1週間から3ヵ月まで 数種を設定予定。有償。
その他特記事項 大阪大学/医学系研究科/保健学専攻と共同で、実フィールドでの評価中。
▲ページトップへ

出展社名

「自律移動型(完全自走式)多機能清掃ロボット」
吸引清掃はもとより、ユニット交換で液剤塗布による床除菌などにも展開も可能!
フィグラ株式会社

http://www.figla.co.jp
担当者 安藤 牧也 / 連絡先:03-5256-5015

詳細 あらかじめ清掃エリアの工程入力さえすれば、ロボットが自動清掃します。
照明、空調は不要で真っ暗闇でも稼働するため、省エネにも貢献。
ユニット交換で、吸引清掃、消毒液などの液剤塗布の作業も可能。(拡大写真)
導入施設へのメリット 1.清掃管理コストの削減
2.4月施行の改正省エネ法に対応(ロボット稼動に照明や空調は不要)
利用者へのメリット 1.清掃業務における省力化・効率化(コスト削減)
2.ロボットによる均質な清掃
応用事例 ロボットはコミニュケーション機能も備えています。パソコン入力すれば任意の言葉、文章を200通り発するため、案内を流す事も可能です。
求めるパートナー・
導入先
ファシリティオーナー、病院、ビルメンテナンス会社 など
販売価格 メーカー希望販売価格 298万円
その他特記事項 安全性にも配慮。NPO安全工学研究所から安全鑑定書を取得したロボットです。
▲ページトップへ

高齢者自立支援
出展社名

施設利用から自宅への訪問介護までをカバーするデジタルサイネージ
ジャトー株式会社

http://www.jato.co.jp/
担当者:小西 雅彦 / 連絡先:06-6313-1354

詳細 ●Info Viewer SaaS
ネット配信型のデジタルサイネージシステム。
利用者へはレンタルにてサービスが可能。サイネージ配信者へも配信システムをレンタルでサービス提供が可能。
●在宅高齢者の生活サポートサービス(参考出展)
・デジタルフォトフレームを媒介とした、在宅高齢者の生活をサポートする情報提供サービス。介護施設での配薬や薬剤師による日用生活用品のデリバリーや健康チェックなどのコンテンツを調剤薬局を運営するファルメディコ株式会社と連携し検討中。
導入のメリット ●Info Viewer SaaS
・レンタルで低コストでの導入が可能
・サーバーなど自前で持つ必要が無いので管理が不要
・コンテンツ更新など運用の手間が不要
・日や時間で季節ごとにタイムリーで新鮮な情報を提供することができる
●在宅介護用情報伝送システム
・ファルメディコ社との連携により、利用者にメリットを提供する様々なサービスを提供します。
・オフラインの端末への情報配信が可能
・簡単な操作で、本来の業務に負担をかけず新しい情報を提供可能
応用事例 端末の表示ソフトウェア単体で、1台でのサイネージが可能な Info Viewer Lite として稼働させることができる。
逆にLiteから配信システムへ拡張することもできる。
シリーズ製品でローカル環境システムとして、高機能なInfo Vewer 2もある。
求めるパートナー・
導入先
病院、福祉施設およびそれらの運営会社
コンテンツプロバイダー、コンテンツ配信業者
販売価格 配信型Info Viewer SaaS : 月額利用料 6,000円~(参考価格)
スタンドアロン型 Info Viewer Lite(32型液晶+コントローラー) : 25万円~(参考価格)
在宅介護用情報伝送システムは、参考出展のため未定。
▲ページトップへ

出展社名

脚に障がいを持つ方や脚力が弱くなった方の脚力・歩行機能をサポートする
自律動作支援ロボットスーツ HAL®福祉用
大和ハウス工業株式会社

http://www.daiwahouse.co.jp
担当者 本社営業本部ヒューマン・ケア事業推進部ロボット事業推進室 今井 豊亮
連絡先:06-6342-1565

詳細 体に装着することによって、身体機能を拡張したり、増幅したりすることができる装着型ロボット。
人が筋肉を動かそうとすると、脳から筋肉に神経信号が伝わり、筋骨格系が動作しますが、その際に、微弱な生体電位信号が皮膚表面に漏れ出してきます。HAL®は、装着者の皮膚表面に貼り付けられたセンサでこの信号を読み取り、その信号を基にパワーユニットを制御して、装着者の筋肉の動きと一体的に関節を動かします。(拡大写真)
求めるパートナー・
導入先
導入先は病院等医療・介護施設とし、リース・レンタル販売を行っています。
*個人での購入はできません。
その他特記事項 HAL(R)福祉用は下半身装着タイプですが、全身装着タイプの開発も進めており、
完成すれば重作業分野(特に介護する側)への利用が期待されています。
▲ページトップへ

出展社名

上肢に障害のある人の生活を豊かに!
上肢に障害のある人の生活を支援するロボットアームRAPUDA
独立行政法人 産業技術総合研究所/ライフロボティクス株式会社

http://staff.aist.go.jp/wk.yoon
http://liferobotics.jp
担当者 尹(ユン) / 連絡先:029-861-5156、090-4905-7252

詳細 筋ジストロフィー、頚椎損傷、ALSなどにより上肢に障害のある人が、自らの動かすことのできる体の一部を使って、腕の代わりとして意のままに操作できる日常生活支援ロボットアームRAPUDA。(拡大写真)
導入のメリット 上肢に障害を持つ方は、自分の腕を動かすことができず、介助者からのサポートにより生活している。このため、QOLの低下が問題となっています。
本機器を活用することで、
1.利用者のQOL、自立度の向上へと繋がるため、利用者のやる気を引き出すことができます。
2.利用者が、家族や介助者など他者に気を使ってお願いしにくかった些細なことが、自分でできるようになります。
求めるパートナー・
導入先
パートナー:製品製造、販売代理店、等幅広いパートナー
導入先:施設や個人宅
その他特記事項 普及時の販売価格を100万円以下に想定
▲ページトップへ

その他(開発パートナー募集)
出展社名

ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の福祉・医療応用をめざして
~ 体内埋込型ワイヤレス皮質脳波計測システムの可能性 ~
大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学講座

http://www.nsurg.med.osaka-u.ac.jp/school/research/research.html
担当者:松下 光次郎 / 連絡先:matsushita@nsurg.med.osaka-u.ac.jp FAX: 03-6893-4984

詳細 大阪大学・医学部・脳神経外科では、頭蓋内電極を用いた皮質脳波ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の研究開発を行っています。
これまでの成果として、皮質脳波によるロボットハンド&アームのリアルタイム制御に成功。また医療福祉用BMIの実現をめざし、学術機関と企業との連携で「体内埋込型ワイヤレス皮質脳波計測システム(超小型多チャンネル脳波計測チップ・非接触給電システム・生体適合材料によるケーシング)の開発を進めています。
【ニーズ】
BMI技術は、身体麻痺者に対して有効なインターフェースとなる可能性を有しています。すなわち、BMIに基づく医療・福祉機器のニーズが大きくなると予想しています。そこで我々は、アカデミックシードを提供する立場として、BMIの福祉・医療応用を目指す企業・学術機関の研究開発者を広く求めています。
応用事例 運動補助機器 / 環境制御装置 / コミュニケーションシステム
求めるパートナー・
導入先
運動補助機器の開発企業 / 環境制御用装置の開発企業 / 医療機器コンサルタント企業 /
生体適合材料に関連する企業 / 信号処理ソフトウェアの開発企業
販売価格 販売価格未定(研究機関への貸出予定有)
▲ページトップへ

●お問合せ●

お問い合わせは下記へご連絡ください。

ロボットラボラトリー
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3-1600 大阪駅前第3ビル16階
TEL:06-6347-7877 FAX:06-6347-7875


 

(C) Copyright 大阪産業創造館 All rights reserved.