中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

健康ビジネスをサポートする ヘルスケア・フロンティア

ヘルスケア・フロンティア 抗疲労・癒しプロジェクト 抗疲労・癒し産学連携マッチング webマガジン 健康食品開発相談窓口
webマガジン
リサーチ

健康ビジネスの種

法改正や市場調査、アンケート結果を分析し、
そこから新たな「健康ビジネス」のチャンスを探ります。

「睡眠不足で仕事の効率半減?!」

わが国では、5人に 1人が睡眠に悩んでいるともいわれる。

睡眠は疲労回復に極めて重要だが、それだけでなく、業務の効率にまで影響を与えている可能性がある。前の晩によく眠れていない日は、脳の疲労が解消されずにぼんやりしたり、目が乾いて痛くなって、結果的に仕事がはかどらないという経験をした方は多いだろう。だとしたら、早急に対策をとりたいところであるが、全ての人が何らかの対応をしていて、それが決定打となっている場合ばかりではないらしい。

今月は、睡眠について考える。

<調査概要>
・ 睡眠に関する意識調査(http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2010_01/P1000626.html)

グラクソ・スミスクライン株式会社調べ  調査手法:インターネット調査  有効回答数:全国20歳~59歳有職男女1,600人 (有職者:男性800人、女性800人)  実施時期:2010年3月

・ねむログ(http://www.nemulog.jp/about/

1. 睡眠不足で仕事の効率半減?!

グラクソ・スミスクラインが20代~50代の有職男女に行ったアンケート調査によると、よく眠れた日の仕事のパフォーマンスを100%とすると、「あまりよく眠れなかった時」は平均55%まで落ちるという回答を得た。
また、約7割の人が、快適な睡眠を望むのは、疲労回復目的だけでなく、「翌日仕事で重要な会議などがあるとき」や「翌日プライベートで重要なことがあるとき」などを挙げている。

図表1 よく眠れた日の仕事の能率(パフォーマンス)を100%とした場合の「あまりよく眠れなかった時」の数値 (n:1,600)

出所)グラクソ・スミスクライン株式会社「睡眠に関する意識調査」(2010年3月)

出所)グラクソ・スミスクライン株式会社「睡眠に関する意識調査」(2010年3月)

また、同調査では、快適な睡眠を得るための方法も把握しているが、「就寝前にお酒・寝酒を飲む」「就寝前にお酒以外の飲み物を飲む」「就寝前に読書をする」「就寝前に音楽を聴く」「就寝前に気にいった香りなどでリラックスする」「快眠グッズ/睡眠グッズを使う」「市販の睡眠改善薬などの薬を服用する」「体に適した寝具で寝る」といった、何らかのモノを使用して睡眠を促す努力をしている人は、約半数(51%)にのぼっており、快適な睡眠への願望が切実であることがうかがえる。


2. 管理職は眠れない

睡眠時間は、職業や労働時間によってどれほど異なるのか。睡眠時間を記録するサイト「ねむログ」のデータによると、当然ながら、労働時間と睡眠時間は反比例しており、労働時間が長い人ほど睡眠時間は短い。労働時間が8時間未満の人は平均7時間の睡眠時間を確保しているのに対し、15時間以上働いている人は5.7時間にとどまっている。
また、職業別に睡眠時間を見てみると、役員・管理職が6.1時間と最も短い。忙しさで睡眠時間を確保し難い傾向がうかがえる。

図表3 平均労働時間別平均睡眠時間(参考データ:4,810件)

出所)「ねむログ:みんなのデータ」 http://www.nemulog.jp/data/

図表4 職業別睡眠時間(参考データ:8,219件)

出所)「ねむログ:みんなのデータ」 http://www.nemulog.jp/data/

一方、体重別に見ると、100kg以上の超重量級以外では、体重が多いほど睡眠時間が短い結果となっている。ただし、上記の労働時間や職業とは異なり、「体重が多いから眠れない」のではなく、「十分な睡眠をとっていないために体重が増加している」ことも考えられる。
最近の研究では、睡眠中には代謝を高め脂肪を分解し、肥満を予防する成長ホルモンの分泌が活発になるため、睡眠はダイエット効果があると言われている。
職場において、生産性効率アップの面からも、健康管理の面からも、睡眠時間の確保は課題であると言える。

図表5 体重別睡眠時間(参考データ:4,904件

出所)「ねむログ:みんなのデータ」 http://www.nemulog.jp/data/

【ねむログ】

起床時間と就寝時間を入力すると、起床・就寝時間やトータル睡眠時間がグラフで表示される無料登録制のwebサービス。会員数22,541名(2010年5月19日現在)。 睡眠時間を記録することにより、日々の睡眠生活を振り返り、見つめ直すきっかけを提供する。「自分を見つめる」「時間を大切にする」などパーソナルな情報に目を向けるというコンセプトで運営されているサイト。

参考)「ねむログ」サイト(http://www.nemulog.jp/about/


◆まとめ

・睡眠に悩む人が多い中、睡眠が業務効率に影響を与えている可能性が窺えた。しかし、他の健康課題と同様に、対策をとる人は少なく、また、対策をとっていても効果を発揮しているとは限らない。それだけにまだまだ未開拓の市場があるとも考えられる。

・ところで、不眠の原因は、ストレスによる自律神経の調整力低下、睡眠時無呼吸症候群等、様々なものがあるが、最近では、目の疲れの影響も指摘されている。目が疲れると、目の周辺の筋肉の緊張がとれにくく眼圧も上がり、全身がリラックスしにくいため、入眠や熟睡を妨げ、睡眠不足につながるというものだ。さらには、睡眠不足が目の痛みや力み、疲れにつながることを考えると、悪循環に陥る可能性もある。目の疲れや痛みで直接的に生産性が低下する他に、「目の疲れ→睡眠不足→生産性ダウン」という構図が考えられる。

・このように、上記では目の疲れを例に考えたが、他にも睡眠のメカニズムを考え、阻害要因となっている点を切り取ると、新たなビジネスにつながると考えられる。また、睡眠だけではなく、健康が生産性に大きな影響を与えることから、ビジネスパーソンのための健康づくりという視点も今後一層重要となる。


編集人:北口 編集責任者:武坂 編集協力:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

抗疲労・癒しプロジェクト 疲労バスターズ ヘルスケア マーケット レビュー 購読無料のwebマガジンへの登録はこちら
抗疲労・癒し産学連携マッチング

※問合せフォームから送信できない方は、kenkou@sansokan.jpへメールしてください。(@を半角に変えてください)