インド「ベンガルール・デザイン・ウィーク2024」出展・視察ツアー プレ説明会|イベント・セミナー申込画面|クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック

インド「ベンガルール・デザイン・ウィーク2024」出展・視察ツアー プレ説明会

No.44289

お電話・メールでのお申込受付はしておりません。
すでにユーザーIDをお持ちの方は、下記の「申込む」ボタンよりお申込み下さい。

イベント・セミナー申込に関するよくある質問はこちら

申込む

開催日時 2024年6月19日(水) 19:00-21:00
開催場所 MEBIC(大阪産業創造館17F)
定員 50名
講師 Jacob Mathew氏(ジェイコブ・マシュー)
インドデザイナー協会(Association of Designers of India)全国評議会副会長
インダストリー財団(Industree Foundation)メンター
料金 無料 
※事前予約制です。事前申込みのない当日来場はご参加をお断りいたします。※お申込はお一人様につき一件のみ承っています。 お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。
お問合せ先 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック
TEL:06-4708-6114(10:00‐18:00 土・日・祝日は休館)
https://www.mebic.com/contact/

申込む


メビックでは、今年12月、大阪のクリエイターを対象に、「ベンガルール・デザイン・ウィーク2024」への出展も兼ねたインド・ベンガルール(旧称:バンガロール)研修ツアーを実施する予定です。
そこで、今回は、ツアー参加者募集開始に先駆け、昨年10月に「インド・ベンガルール インパクト・デザインの取り組み」をテーマに講演をしていただいた、インド・デザイナー協会のジェイコブ・マシュー氏を再びメビックにお招きし、プレ説明会を開催します。ジェイコブ氏に、「デザインを通してベンガルールの街の未来について考える」をテーマに毎年行われている街を挙げてのイベント「ベンガルール・デザイン・ウィーク」について、また、世界デザイン機構(WDO)*1によりワールド・デザイン・プロトポリス(WDP)*2のパイロットプロジェクト都市として認定されているベンガルールのクリエイティブの現状などについてお伺いするとともに、研修ツアーの予定についてもご案内します。
インド・ベンガルールのデザインの取組や、研修ツアーに関心がある方はぜひご参加ください。
※英日逐次通訳あり(通訳:阪口史保氏)


参考記事(2023年10月開催イベントレポート)
デザインの力で社会課題を解決し、より良い未来をつくる
インド・ベンガルール「インパクト・デザイン」の取り組み
*1:世界デザイン機構(World Design Organization : WDO)
1957年、インダストリアルデザインの重要性を広く世界に提唱することを目的に設立された国際的なデザイン団体。現在、180以上の会員団体が加盟。2023年10月、日本では34年ぶりの開催となる「WDO世界デザイン会議東京2023」が開催され、ジェイコブ氏もパネラーとして登壇する。

*2:ワールド・デザイン・プロトポリス(World Design Protoplis : WDP)
WDOによる、都市やコミュニティが、市民生活の質の向上につながるデザインプロジェクトを創出するための知識やリソースを提供するプログラム。2023年から2028年まで、初のワールド・デザイン・プロトポリス・プロジェクトがベンガロール市で実施され、ベンガルールの行政機関BBMP、Srishti Manipal Institute of Art Design and Technology、インド・デザイナー協会が共同で取り組む。

ゲストプロフィール

Jacob Mathew氏(ジェイコブ・マシュー)
インドデザイナー協会(Association of Designers of India)全国評議会副会長
インダストリー財団(Industree Foundation)メンター



インド国立デザイン大学(National Institute of Design)でプロダクトデザインを学び、1985年、インドの小売業界の発展に重要な役割を果たしたTessaract Design(後のIdiom Design and Consulting LTD / 2005-2021)を共同設立。約25年にわたり、デザインによるビジネスの変革に取り組む。その後、2011年にはインドの農村部に安全な飲料水を供給する社会的企業Spring Health Water (India) Pvt Ltdを共同設立し、また、デザイン教育機関であるSrishti Manipal Institute of Art Design and TechnologyのImpact Edge Lab所長、女性の貧困問題に取り組むインダストリー財団メンターを務めるなど、近年では、ビジネス、デザイン、起業家精神を活用し、経済ピラミッドの底辺からのインド・アフリカの社会変革に貢献している。「ワールド・デザイン・プロトポリス」チームメンバー。




ページの先頭へ戻る

通訳プロフィール

阪口史保氏(さかぐち しほ)
Hoshitry Impact LLC 代表パートナー



べンガルール在住。日本とインド両国を結ぶコーディネーターとして10年の経験を持つ。 日本のベンチャーキャピタルにて13年間にわたり、投資育成、ファンド設立・運営、ビジネスアライアンスまたインキュベーションマネージャーとして起業家育成やベンチャー企業と大企業間の連携に取組んだ後、インド・べンガルールに移転。現地で培ったネットワークとビジネスモデル構築力により日本企業の事業開発を伴走型で支援。特に日本とインドの技術連携を推進することに情熱を持って取り組んでいる。

ページの先頭へ戻る

注意事項

注意事項

    ■他の参加者にご迷惑となりますので、開始時刻から30分経過後は入場をお断りする場合があります。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 他のお客様の迷惑になると事務局が判断した場合は、ご参加いただけない、またはご退室いただく場合があります。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

申込む