【ものづくりDX事例】 中小製造業向け 人協働ロボット初導入のポイント|イベント・セミナー申込画面|ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS TOP > イベントNo.[38448]

このイベントは終了いたしました。

【ものづくりDX事例】 中小製造業向け 人協働ロボット初導入のポイント

No.38448

  • Facebookでシェア

対象 ・自動化、効率化、省力化に関して情報収集をしたい方
・自社の自動化を検討している企業
・自動化への関心を高め、自社で何かしら自動化に向けた取組みを始めたいと考えている方
開催日時 2022年10月7日(金) 15:30-17:15
開催場所 おおさかATCグリーンエコプラザセミナールーム(ATCビルITM棟11F)
定員 30名
講師 西部 慎一 氏(ユニバーサルロボットアプリケーションエンジニアリングマネージャー)
藤岡 丈二 氏(株式会社バリッジ 代表取締役)
矢野 大貴 氏(株式会社バリッジ システムエンジニア)
申込締切日 2022年10月6日(木) 
料金 無料 
お問合せ先 大阪産業局ソフト産業プラザ TEQSセミナー担当
TEL:06-6615-1000(月-金)
MAIL:robot-dx@teqs.jp
営業日時:平日10:00-18:00
(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

人協働ロボットの導入で品質向上と省力化を実現し、生産性を向上!

ものづくり現場の生産性向上に向け、
人と協働作業ができるロボットを活用した自動化推進に注目が集まっています。
ロボット制御システムはオープンソース化が進み、
開発をロボットSIerに任せるだけではなく、
現場でもカスタムして運用する事が可能になりました。

一方で、省力化に向けた課題の洗い出しと、
解決策の検討にリソースを割いてしまい、
導入後のカスタム性や生産管理システムとの連携について、
情報が乏しいケースがあります。

そこで今回は、ネットワーク連携が容易でサンプルアプリケーションを多数提供し
カスタマイズ性に優れる人協働ロボットの導入事例紹介を通じて、
中小製造業が初導入する時に重視すべきポイントについて解説します。

また、事例紹介講演では、射出成型品の外観検査工程における自動化事例を通じて
省力化と品質向上を実現する際のポイントを紹介。

これからロボットの導入を検討している企業様、必聴の内容です。

事例に学び、失敗しないロボット導入を実現しましょう。

ページの先頭へ戻る

セミナー構成

講演1
「我が社には導入可能?協働ロボット導入のためのステップ」 (60分)

ユニバーサルロボット アプリケーションエンジニアリングマネージャー
西部 慎一 氏

従来型の産業用ロボットの場合、ロボットの周囲に安全柵を配置するスペースが必要で、プログラミングにも専門知識を要するなど、導入へのハードルは高いものが一般的でした。
しかし「協働ロボット」は工場のレイアウトや工程を大きく変更することなく、「ねじ締め作業」や「ワークの投入・取出し作業」といった作業別に自動化が可能になります。
従来型の産業用ロボットと協働ロボットの違いを踏まえた上で、中小規模の製造業がロボットを導入するのに最も重視すべきポイントを解説し、導入事例を多数ご紹介します。


ロボット導入事例紹介
「自動車用射出成形部品の外観検査工程からパレタイジング、自動排出までの自動化」(30分)

株式会社バリッジ 藤岡丈二氏
株式会社バリッジ 矢野大貴氏

射出成形部品の製造において、外観検査工程と出荷のためにワークパレットをコンテナに配置する工程に人手と手間が掛かっていることが大きな課題でした。そこでプラスチック部品の射出成形後、自動バリ取りを経て、検査後パレットに並べてコンテナに梱包し出荷される一連の製造工程について、ロボット(自動機)を用いて一つの装置にまとめることで省スペースと省力化、品質向上を実現しました。
ワークのハンドリングや、黒い熱硬化性樹脂とR面形状を含めた全方向の検査は難しく、光学系や画像処理の方式など、設計に先立っての事前検証に多くの時間を費やしました。
今回のセミナーでは ロボット導入検討において製造現場が抱えていた課題の洗い出し方法から導入検討を進めていく段階での社内体制の構築のポイント、導入時の苦労談について実例を交えて紹介するほか、IoTを活用した見える化による不良低減などの応用例についてご紹介します

ページの先頭へ戻る

質疑応答&課題整理ワークショップのご案内 (10分)

DX化・ロボット化の支援拠点 IATC 見学会 
※最新技術紹介やロボット実機を設置し、スマートファクトリーに関する
相談などが可能な支援拠点です(希望者のみ)

到達目標

・事例紹介を通じて、ロボットを活用した生産性向上イメージを持てるようになる
・ロボット導入検討に向け、スケジュール感とコスト感を知り、検討すべき事項が明確になる

ページの先頭へ戻る

過去の類似セミナーー参加者の声

・製造現場のロボット導入について必要なことを知ることができた。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール


西部 真一 氏
ユニバーサルロボット アプリケーションエンジニアリングマネージャー
<プロフィール>
名古屋工業大学大学院でヒューマノイドロボットの強化学習アルゴリズムに関する研究、修了後、住友重機械工業に入社、産業用ロボットギアユニットの設計開発を担当。後にABB入社、主にインド、タイ、中国などで海外自動車工場の塗装ロボットシステム立ち上げのプロジェクトマネジメントを担当。2017年UR入社、2020年よりプリセールス活動に注力し、技術トレーニング、新規アプリケーション開発、協働ロボット普及のための啓蒙活動に従事。


藤岡 丈二 氏
株式会社バリッジ 代表取締役
<プロフィール>
研究開発設備技術系商社で各種大手製造メーカーに向け約18年間販売経験を積み、退社後2007年に株式会社バリッジを創業。液晶パネル製造ライン向けの開発系組立装置や、検査装置の設計製作会社として、国内、海外工場含む多数販売実績を残す。現在は様々な業界に向けて自動化技術+AI+画像処理技術を融合、更に検査データ連携でのIoT見える化などをテーマにした検査自動化機器の販売やFA検査トータルソリューションを提供している。


矢野 大貴 氏
株式会社バリッジ システムエンジニア
<プロフィール>
株式会社バリッジのメイン技術スタッフとして、フルスタックエンジニア、ソフト開発系以外もFAメカや制御にも精通。マルチに活躍中。

ページの先頭へ戻る

セミナー形式

会場参加・座学

ページの先頭へ戻る

本セミナーについて〜必ずお読みください〜

●禁止事項
1.当サイトの内容・テキスト・画像等、また、セミナー内容についての転載を固く禁じます。
2.本コンテンツを第三者に使用させることを禁じます。

●免責事項
1. セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。

2. セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。

3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。

4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。

5. セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。

6. 施設利用に関し、施設利用申込者をはじめ、施設を利用する全ての方に共通してソフト産業プラザ事業の催事など利用規約が適用されるものとします。

7.検温にご協力をお願いします。体温が37.5度以上の方は、入館をお断りしております。体調が優れない場合は、ご来館をお控えください。

8.マスクの着用、手指の消毒など感染予防にご協力をお願いします。

ページの先頭へ戻る

お申込みに関して

※TEQSからのお申込み確認の自動返信メール送付をもって、受付完了となります。

※特にGmail、Yahoo!メール、Hotmail、Docomo、ezwebメールをご利用のお客様から
「当方からのメールが届かない」「返信がない」とのご連絡をよくお受けします.
お客様が迷惑メールの設定をしていなくても、プロバイダの設定で自動で迷惑メールへ
振り分けられているケースが非常に多くなっておりますので、
[迷惑メールフォルダ] に移動されたメッセージをご確認ください。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて
〜必ずお読みください〜

キャンセル期限は 開催の前々日 です。
お手数ですが キャンセルフォーム より必ず手続きをしてください。

開催前日、当日のキャンセルおよび当日の不参加は
TEQSセミナー担当 06-6615-1000 へお電話にてご連絡願います。

ページの先頭へ戻る



キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。