【大阪DX推進プロジェクト】<連続講座>ものづくりDX・生産システム導入の基礎|イベント・セミナー申込画面|公益財団法人大阪産業局

公益財団法人大阪産業局

公益財団法人大阪産業局 > イベントNo.[37856]

このイベントの受付は終了いたしました。

【大阪DX推進プロジェクト】
<連続講座>ものづくりDX・生産システム導入の基礎

No.37856

  • Facebookでシェア

対象 ・中小製造業・経営者及び経営幹部
・ものづくり企業の現場責任者・工場長、技術部門責任者
・自社のDX推進を担当する立場にある方
(生産システム開発や実装を外部に委託する方、システム化の対象となる業務や工程について担当している方)

※対象者優先のため、士業・経営コンサルタントなど当館が経営の専門家と認める方からのお申込はお断りする場合がございます。
開催日時 第1回 : 2022年8月9日(火) 14:00-16:00
第2回 : 2022年8月30日(火) 14:00-16:00
第3回 : 2022年9月22日(木) 14:00-16:00
第4回 : 2022年10月18日(火) 14:00-16:00
開催場所 大阪産業創造館(大阪市中央区本町1-4-5)  ※受付開始は、開始時間の30分前です。
定員 30名
 ※対象者から先着順※1社から原則2名までのお申込みとさせていただきます。
講師 角淵 弘一 氏
株式会社オフィスエフエイ・コム
申込締切日 2022年8月8日(月) 
料金 8,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください
 ★ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません
 ★お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です
お支払方法 当日受付にてお支払い
※当講座は全4回です。第1回の8月9日(火)にお支払いをお願いいたします。 ※全4回分の受講料となります。いずれかの回を欠席されてもご返金はできませんのでご了承ください
お問合せ先 大阪産業局 イベントセミナー事務局
TEL:06-6264-9911 e-mail:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)

イベント・セミナーに参加される皆さまへのお願い

新型コロナウイルス感染症等の感染防止のため、
イベント申込および参加時には下記「イベント・セミナー参加の皆さまへご案内とお願い」
をお読みいただき、ご了承の上、お申込・ご参加ください。

■イベント・セミナー参加の皆さまへご案内とお願い


ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

概要

提案要求書を作成して、システムインテグレータを上手に活用しよう!

御社のDXへの取組みは順調に進んでいますか?
順調でない場合は、どのようなDXや生産システムを入れるべきかを明確化できていないのかもしれません。

それに加え
 ・自社の課題に最適なDXツールが選択できない
 ・社内にデジタル人材がおらず、生産システムの導入に不安がある
 ・過去に社外のシステムインテグレータを利用し、トラブルが発生した

といった課題を抱えておられるかもしれません。

そこで本連続講座では
① DXや生産システム導入の意義やポイントを理解する
② DXや生産システム導入の進め方、システムインテグレータの活用法を理解する
③ 自社の現状分析・課題抽出・解決策抽出の実施方法を理解し、
  提案要求書(RFP)の書き方を学ぶ
④自社に導入するDXや生産システムを対象とした提案要求書(RFP)を各自作成し、
   
使える提案要求書を完成させる

といった内容を学びます。

この機会に自社に最適なDXや生産システムを見つけませんか。
中小製造業が主体的にシステムインテグレータを活用し、的確な導入・立ち上げを実現しましょう。

ご参加をお待ちしております!

ページの先頭へ戻る

◆昨年の受講者の声◆
・システム化だけでなく、仕事の仕組みや流れも改革していくために非常に役に立った。     
・経営者のコミットがなければ成功しない、という話を具体的な事例を持って話していただいたのはとても参考になった。
・提案依頼書を作成後、システムインテグレータと詳細仕様を検討した。現在はその見積り内容を社内で稟議中である。

※本セミナーは2021年9〜10月に開催した連続講座と内容が一部重複します。受講の際にはご注意ください

内容

■1回目 8月9日(火)開催:DX推進のために何が重要かを理解しよう。
・日本の製造業の置かれている現状、DXはなぜ必要か。
・DXを導入し、成功した中小企業の事例解説。
・中小企業の事例から、DX導入の良し悪しを理解しよう。
※受講者の現状把握のため、事前に簡単なヒアリングシートを配布します。
 第1回目に参加いただく際に提出いただきます。

■2回目8月30日(火)開催:DXや生産システムの推進方法や、社外システムインテグレータの活用方法を理解しよう。
・自社の現状分析 / 課題抽出 / 解決策立案方法を理解しよう。
・DXや生産システム導入手順、フェーズ管理方法を理解しよう。
・システム導入時に、社外システムインテグレータとのトラブル発生をなくす方法を理解しよう。

■3回目9月22日(木)開催:提案要求書(RFP)を作成し、社外システムインテグレータにDXや生産システムの提案をしてもらおう。
・提案要求書はなぜ必要か、どのように利用されるのかを理解しよう。
・提案要求書作成のポイントを理解しよう。
・提案要求書のフォーマットと記述内容を理解しよう。
・提案要求書の記述例を紹介。
・提案要求書の完成度を上げる方法を理解しよう。
※第3回目終了後に、提案要求書のフォーマットを受講者に配布します。
 第4回目までに、自社に導入すべきDXや生産システムを対象とした提案要求書を作成します。

■4回目10月18日(火)開催:各自が作成した提案要求書(RFP)への講評とアドバイス
・受講者が作成した提案要求書に対して講師が内容を確認し、完成度を高めるためのアドバイスを行います。

ページの先頭へ戻る

講師


角淵 弘一 氏  
株式会社オフィスエフエイ・コム 西日本事業所所属


30年以上大手FA機器メーカー((株)キーエンス)に所属し、FA機器の企画開発に従事。製造業のIoT化やトレーサビリティを実現する機器のマーケティング・商品企画・システム構築が専門分野。また大手モーターメーカーにも所属し、DXを提案し進めた経験を持つ。
本年経産省が推進するDX政策に関連し、各自治体が主催するセミナーに講師として複数登壇。

株式会社オフィスエフエイ・コム 
当社はファクトリーオートメーションシステムと、物流システムを主とするシステムインテグレータです。数多くのロボットシステムを立ち上げた実績があります。ロボットSIer協会メンバーで発足にかかわった企業です。
2021年6月に福島県南相馬市にデジタルツイン技術を採用した自社新工場を立ち上げました。この工場は、DXに関連したシュミレーション・ロボット・CAD/CAE/CAM/AIなどの最新技術をフル活用し、自社のエンジニアで立ち上げております。

ページの先頭へ戻る

大阪DX推進プロジェクトとは

大阪DX推進プロジェクトは、中小企業のDX推進を目的とし、大阪府・大阪市が連携して行っています。
詳しくはこちら


この事業を通じて得たお客様及び企業情報は、大阪府・大阪市と共有させていただきます。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。
    --------------------------------------------------------
    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。