スローデザイン-価値の発見と価値の変換 | パッケージ展2022|イベント・セミナー申込画面|クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック

このイベントは終了いたしました。

スローデザイン-価値の発見と価値の変換 | パッケージ展2022

No.37761

  • Facebookでシェア

関連するその他のセミナー・イベントはこちら

対象 クリエイティブ活用に関心のある企業等
開催日時 2022年8月5日(金) 11:30-12:30
開催場所 MEBIC(大阪産業創造館17階)
定員 40名
講師 峠田充謙氏 デザイン峠 アートディレクター / デザイナー
料金 2,000円/名 
 消費税込み
※事前予約制です。事前申込みのない当日来場はご参加をお断りいたします。
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック
TEL:06-4708-6114(10:00‐18:00 土・日・祝日は休館)
https://www.mebic.com/contact/

パッケージ展2022 同日開催セミナー【1】

スローデザイン-価値の発見と価値の変換

パッケージデザインやグラフィックデザインは効率よくコミュニケーションをするために発展したといっても過言ではありません。主な目的は情報(言葉にならない感覚的なことも含めた)を素早く伝えることです。では、ブランディングといわれるコミュニケーション手法はどうでしょう。素早くブランドを定着させることは可能なのでしょうか? 効率よく情報伝達するためのパッケージデザインやグラフィックデザインとは少し違い、ブランドといわれる価値は一夜にして定着することはありません。ブランドとは何か、価値の変換を軸にスローデザインのあり方をお伝えします。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

峠田充謙氏(たおだ みつのり)
デザイン峠
アートディレクター / デザイナー



大阪芸術大学デザイン科卒、IMIインターメディウム研究所卒。化粧品会社を経て、デザイン峠を開設。グラフィックデザイン、パッケージデザインを主にしながら、ネーミング、商品企画など領域を超え幅広く活動。
主な賞:HKグローバルデザインアワード 銅賞・審査員賞、NY ADC 、NY TDC、香港国際ポスタートリエンナーレ、台湾国際デザインアワード ファイナリスト、日本タイポグラフィ年鑑ベストワーク、ワルシャワIPB、IPT富山、TPT2012、GDC11ノミネート他多数。
JAGDA 会員、日本タイポグラフィー協会会員。京都精華大学特任准教授、大阪芸術大学非常勤講師

デザイン峠

ページの先頭へ戻る

イベント・セミナーに参加される皆さまへのお願い

新型コロナウイルス感染症等の拡大防止のため、下記内容をご了承の上、お申込・ご参加くださいますようお願いいたします。

◆イベント参加時にはマスクの着用をお願いいたします。
◆来館時に手指の消毒をお願いいたします。
◆当日受付にて、非接触タイプの体温計で体温を確認させていただきます。
※検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合は、参加をお断りさせていただきます。
◆来館時に、「大阪コロナ追跡システム」への登録をお願いいたします。
※「大阪コロナ追跡システム」は、来館時にご自身のスマートフォン等でQRコードを読み取り、メールアドレスを登録していただくシステムです。
◆発熱や風邪のような症状がある時は、ご参加をお控えくださいますようお願いいたします。
◆感染症拡大状況等により、急遽中止・延期させていただく場合があります。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。