“かかりつけ”クリエイターを見つけよう!! Vol.3 (クリエイティブシーズ発表会)|イベント・セミナー申込画面|クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック

このイベントは終了いたしました。

“かかりつけ”クリエイターを見つけよう!! Vol.3 (クリエイティブシーズ発表会)

No.37620

  • Facebookでシェア

対象 クリエイティブ活用に関心のある企業等
開催日時 2022年7月7日(木) 14:30-17:30
開催場所 MEBIC(大阪産業創造館17F)
定員 40名
申込締切日 前日[7月6日(水)]まで
料金 無料 
※事前予約制です。事前申込みのない当日来場はご参加をお断りさせていただきます。
お問合せ先 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック
TEL:06-4708-6114(10:00‐18:00 土・日・祝日は休館)
https://www.mebic.com/contact/

“かかりつけ”クリエイターを見つけよう!!




近年、多分野でデザイン経営やクリエイティブ思考が重視され始めています。しかし、多くの場合は、パンフレットやウェブサイト、動画などを制作したいという必要性が生じて初めてクリエイターを探している状況です。
医療の世界に「かかりつけ医」があるように、クリエイターと日常的に関係づくりを行うことで、クリエイティブについての相談や良きアドバイスを受けることができる、「かかりつけ医」ならぬ「“かかりつけ”クリエイター」を持つことが、昨今、企業経営にとって非常に重要になってきています。
「クリエイティブシーズ発表会」は、企業とさまざまな能力(シーズ)を有するクリエイターとのビジネスマッチングの場です。4組のクリエイターが、各自の強みや得意技、自社のサービス等を披露しますので、「“かかりつけ”クリエイター」を見つけるきっかけづくりに、ぜひこの機会をご利用ください。

ページの先頭へ戻る

スケジュール

14:30-14:40 趣旨説明

14:40-15:00
プレゼンテーション1
湯尾智顕氏(株式会社CI)
【新しい営業コミュニケーション方法で効率化】

15:00-15:20
プレゼンテーション2
間鍋秀樹氏(感動会社楽通株式会社)
【企業にとってヒーローは現場社員だ! 企業映画化ポスター】

15:20-15:40
プレゼンテーション3
生駒達也氏(オーエンカンパニー)
【会社や商品をどう売り込む? 社員で考える自社のキャッチコピープロジェクト】

15:40-16:00
プレゼンテーション4
ウエダカズヤ氏(株式会社NIPPON LIFE STYLE)
【社長のそばに、その言葉を翻訳できるデザイナーを】

16:00-16:10 休憩

16:10-16:40 質疑応答・意見交換

16:40-17:30 名刺交換会


※4組全てのプレゼンテーション終了後に、質疑応答、名刺交換の時間を設けます。

ページの先頭へ戻る

プレゼンテーション1

新しい営業コミュニケーション方法で効率化
湯尾智顕氏(株式会社CI)


クライアントとのやり取りにメールってまだまだ利用していますよね? チャットツールって便利だけど、あまり関係性がないクライアントといきなりチャットツールでやり取りするのは抵抗があるし、そもそも設定が面倒くさいですよね? なので、結局メールでやり取りすることが「当たり前」と思われている皆さん。その「当たり前」を変える新しい営業コミュニケーション方法を教えます。このコミュニケーション方法を取り入れる事で、営業におけるコミュニケーションコストを下げることができます。またインサイドセールスといった営業体制を構築しようと思っていても、人材がおらず、そもそも体制を構築することが難しいといった課題を持たれている方も必見です。是非、新しい営業コミュニケーション手法を取り入れて、業務を最適化し、効率化してみませんか?


https://creative-innovation.co.jp/
https://www.mebic.com/cluster/ci.html

ページの先頭へ戻る

プレゼンテーション2

企業にとってヒーローは現場社員だ! 企業映画化ポスター
間鍋秀樹氏(感動会社楽通株式会社)


マーケティングをする際、ターゲットをまず決めるかと思います。年齢層、地域、趣味嗜好、性別……。ターゲティングをした方にクロージングをする際に彼らはこう思うわけです。「あ、御社は私を幸せにしてくれるコンテンツを提供してくれるのね、“で、あななた達は何者なの?”」どこにでもある証明写真のようなお写真を見せて自己紹介をしておられませんか?「あなたから買いたい!」時代。お客様に一番近い存在を一番カッコよく演出してみませんか? 求人も販促も劇的に変わることをお約束します!


https://rakutsu.jp/
https://www.mebic.com/cluster/rakutsu.html

ページの先頭へ戻る

プレゼンテーション3

会社や商品をどう売り込む? 社員で考える自社のキャッチコピープロジェクト
生駒達也氏(オーエンカンパニー)


自社が提供する商品やサービス、技術に自信はある。しかし、それを売り込む際にどう言えばより良く伝えられるのか。それがなかなか難しい。とはいえ、広告会社に依頼するほどでもないし……。もし、そんな風にお考えなら、社員みんなで考えてみてはいかがでしょうか? 自社や商品をどのように分析し、どのように表現していけばいいのか。社員の皆さんとセミナー&ワークショップ形式で、初めの一歩からキャッチコピーの考案と簡単な広告づくりまでをご指導いたします。例えば、3〜5時間程度のセミナー&ワークショップ×2回で、【1:自社・商品の分析】【2:他社・世の中の分析】【3:コピーの書き方・広告講座】【4:みんなでコピーライティング&広告づくり】といったプログラムで、御社のキャッチコピーと広告を企画します。社員の皆さんの自社理解の促進やモチベーションアップ、ビジネス課題の解決にもつながりますよ!


https://oencompany.com/
https://www.mebic.com/cluster/oen-company.html

ページの先頭へ戻る

プレゼンテーション4

社長のそばに、その言葉を翻訳できるデザイナーを
ウエダカズヤ氏(株式会社NIPPON LIFE STYLE)


中小企業の社長や会社の中枢を担う人物は、会社が組織として最適化されていない限り一人何役もこなさなければいけません。そんな忙しい社長たちの「言葉」やその奥にある「思い」が取引先や生活者(消費者)、さらには社内にも響かないのは、上手く伝わっていないからではないでしょうか? 私たちはクリエイティブにおいて大切なのは、「言葉」にできない「思い」を読み解くことだと考えています。表面的・装飾的なデザインが良いのは当たり前。クリエイティブは、「目的」と「手段」が一致したとき、人を動かし・呼び込み・巻き込む力を持っています。とはいえ、言葉を翻訳する力を持ったデザイナーを雇用することは簡単ではありません。そこで常に大企業と中小企業の隔たりなく、クライアントと伴走するパートナーを意識する私たちの事例を交えて、企業とクリエイティブとの関わり方についてカジュアルにお話しさせていただきたいと思います。


https://nippon-life-style.co.jp/
https://www.mebic.com/cluster/nippon-life-style.html

ページの先頭へ戻る

イベント・セミナーに参加される皆さまへのお願い

新型コロナウイルス感染症等の拡大防止のため、下記内容をご了承の上、お申込・ご参加くださいますようお願いいたします。

◆イベント参加時にはマスクの着用をお願いいたします。
◆来館時に手指の消毒をお願いいたします。
◆当日受付にて、非接触タイプの体温計で体温を確認させていただきます。
※検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合は、参加をお断りさせていただきます。
◆来館時に、「大阪コロナ追跡システム」への登録をお願いいたします。
※「大阪コロナ追跡システム」は、来館時にご自身のスマートフォン等でQRコードを読み取り、メールアドレスを登録していただくシステムです。
◆発熱や風邪のような症状がある時は、ご参加をお控えくださいますようお願いいたします。
◆感染症拡大状況等により、急遽中止・延期させていただく場合があります。

ページの先頭へ戻る

注意事項

お申込について

    お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。