公益財団法人大阪産業局

公益財団法人大阪産業局 > イベントNo.[34396]

このイベントは終了いたしました。

【大阪共創ビジネスプログラム】
<一日完結ワークショップ>自社の強みを生かした新規事業開発

No.34396

  • Facebookでシェア

対象 新規事業の立ち上げを検討する企業経営者、幹部および、新規事業責任者

※大阪府内に事業所がある中小企業が対象
※対象者優先のため、士業や経営コンサルタント等、当財団が経営の専門家またはそれを事業とする企業からのお申込はお断りいたします。
開催日時 2021年8月26日(木) 13:30-17:30
開催場所 大阪産業創造館5F 研修室E(大阪市中央区本町1-4-5) ※受付開始は、開始時間の30分前です。
定員 6社
 応募多数の場合は抽選により受講者を決定
 最少催行企業数に満たない場合、開催しない場合があります
 申込が定員に満たない場合、開催しない場合があります
 ※1社につき最大2名までご参加いただけます。
講師 藤原 明氏
りそな総合研究所 リーナルビジネス部長
申込締切日 2021年8月12日(木) 正午
料金 無料 
お問合せ先 大阪産業局 イベントセミナー事務局
TEL:06-6264-9911 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
主催:公益財団法人 大阪産業局
共催:大阪府
協力:大阪商工会議所、都心型オープンイノベーション拠点「Xport」

イベントに参加される皆さまへのお願い

新型コロナウイルス感染症等の感染防止のため、
イベント申込および参加時には下記の「イベント・セミナー参加の皆さまへご案内とお願い」
をお読みいただき、ご了承の上、お申込・ご参加ください。


■イベント・セミナー参加の皆さまへご案内とお願い

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

概要

新型コロナウイルス感染症拡大やデジタル化の加速など、

世の中が大きく変わる中、中小企業においても事業の変革が必要です。

「新しい事業の柱をつくらないと」と思いつつ、

何から手をつけたらいいのだろうと考えておられる企業さまも多いのではないでしょうか。

新規事業を立ち上げるには、まず「自社を知ること」が必要。
客観的に、自社の強みを整理することで、
強みを生かせる市場や事業、外部パートナーを見つけやすくなります。


今回、「内側から銀行を変える」をキーワードに銀行員の枠を超え、

独自のメソッドで数々の新規事業を創出し続けている

藤原 明氏を講師に迎えたワークショップを開催。

藤原氏のメソッドを用いて、自社の強みを洗い出した上で、

新規事業を立ち上げるテーマや分野を考え、

「やりたいこと」「やるべきこと」の具現化をしていきます。

新規事業立ち上げを考える際の第一歩としてご活用ください。


※本ワークショップは、大阪共創ビジネスプログラムの一環として行います。

 10月以降に行うハンズオン支援にて、新規事業の立ち上げをさらにサポートいたします。(※別途申込要、審査あり)

ハンズオン支援の詳細・お申込みは こちら 

ページの先頭へ戻る

内容

■現状分析から自社の強みを活かせる事業分野を探す

■やるべきことの明確化

 ・進出する事業分野におけるテーマ設定の確認
 ・テーマにおける課題の絞込み
 ・テーマにおける本質的課題=やるべきことの明確化
 ・やるべきことの具現化=ビジネス・プランの検討

ページの先頭へ戻る

参加条件

本ワークショップを受講するにあたり、下記の事前課題に取り組んでいただきます。
課題の具体的内容については、参加決定の際にお伝えいたします。


(事前課題)
・自社のリソース棚卸し
・進出する事業分野におけるテーマ設定

ページの先頭へ戻る

講師 プロフィール


藤原 明
りそな総合研究所 リーナルビジネス部長



【略歴】
りそな銀行営業サポート統括部地域オフィサー・コーポレートビジネス部アドバイザー、りそなホールディングスグループ戦略部アドバイザー・DX企画部 アドバイザー、関西みらいフィナンシャルグループグループ戦略部成長戦略室アドバイザーを兼務。
関西学院大学人間福祉学部非常勤講師・武庫川女子大学経営学部非常勤講師。デジタルハリウッド大学院客員教授・大阪電気通信大学金融経済学部客員教授・関西大学社会学部非常勤講師・立命館大学 大学院 経営管理研究科 客員教授受嘱実績。
2007年8月米国国務省IVLP(インターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム)招聘。雑誌AERAで日本を突破する100人に選出。
多様な主体との協働プロジェクトREENAL(リーナル・RESONA+REGIONAL)の500を超えるケーススタディから体系化したREENAL式手法で分野・領域を問わず、プラン策定のハンズオンサポートによるイノベーション喚起を展開中。

ページの先頭へ戻る

お申込み・受講にあたってのお願い

◆受講にあたっては、秘密保持の覚書のご提出をお願いいたします。 (書式は当財団にてご用意いたします。)

◆初回の講義時に、受講者の名簿(社名・事業内容等を記載したもの)を配布しますのでご了承ください。

◆新型コロナウイルス感染症の拡大等により、当館内での開催が困難になった際には、オンラインでの開催に変更する場合がございます。

◆本ワークショップでは、発表や受講者間でのワークやトークセッションを行う時間があります。
 一定距離の確保など対策を行いますが、マスク着用など感染防止策にご協力をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

大阪共創ビジネスプログラム(OCBP) Osaka Co-creation Business Program 2021とは

大阪共創ビジネスプログラム(OCBP)

大阪共創ビジネスプログラムは、大阪府内の中小企業を対象に、会社独自の強みを生かした付加価値の高い新規事業立ち上げをサポートするイノベーションプログラム。新規事業に関するセミナーやワークショップ、経験豊富なメンター(外部有識者)によるハンズオンでのサポートを中心に、“共創(※)”の手法で中小企業のチャレンジを応援します。

※共創とは、多様な立場の人たちと対話をしながら、新しい価値を「共」に「創」り上げていくこと。中小企業において、ますます外部の力を有効活用することが求められています。

この事業を通じて得たお客様及び企業情報は、大阪府と共有させていただきます。

ページの先頭へ戻る

大阪産業創造館の周辺地図



Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●ほかのお客様にご迷惑となりますので、開始時刻に間に合うように、ご入場をお願いいたします。

    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。