大阪トップランナー育成事業

大阪トップランナー育成事業 > イベントNo.[33131]

このイベントは終了いたしました。

【大阪トップランナー育成事業】
<ライブ配信>新規事業創造シンポジウム -新たな世界を作るイノベーター大集合!-

No.33131

  • Facebookでシェア

対象 中堅・中小企業・スタートアップの経営者及び、新規事業の立ち上げを担う事業責任者
開催日時 2021年3月22日(月) 13:00-16:30
開催場所 オンライン開催(Cisco Webex Eventsを使用します) ※申込された方に、後日視聴URL等をお送りいたします
定員 100名
申込締切日 2021年3月18日(木) 
料金 無料 
★視聴にかかる通信費用はお客様にてご負担ください。★ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。
お問合せ先 公益財団法人 大阪産業局
「大阪トップランナー育成事業」運営事務局
TEL:06-6271-0303
Emai:osaka-tr@sansokan.jp
受付時間:月-金 10:00-18:00 (祝日除く)

概要

成熟・複雑化した市場の不確実性の中で企業が持続的に成長を続けるためには、既存事業だけで安定的に業績を創り続けることは難しく、新しく業績につながる新規事業の創出が必要です。
新規事業を創出するには、社会や顧客が求めるこれまでに無い新たな価値を創造する必要がありますが、それは簡単なことではありません。

”何を“どう”すればいいのか悩むことも多いのではないでしょうか。

本シンポジウムでは、盛り上がりをみせる音声メディア「Voicy」創業者・CEO 緒方憲太郎氏と、

ビジネスコンサルタントとしてまた、「アナロジー思考」等で著名な細谷功氏より、

新規事業の必要性やVUCAの時代の新規事業創出、具体的な発想法についてお話しいただいきます。

また、大阪市が優れた事業を認定し個別支援を行う「大阪トップランナー育成事業」に関する実証研究論文(日本地域政策学会学術賞・奨励賞)について、

本論文の著者である琉球大学国際地域創造学部の松平好人准教授よりわかりやすく解説いただきます。

ページの先頭へ戻る

当日のタイムスケジュール

12:30 オンライン・オープン

13:00-13:05 挨拶


------------------------------------------------------------
【第1部】

------------------------------------------------------------
13:05-14:05 <講演1>
「激動の社会で新規事業はどう生まれているのか」
緒方 憲太郎 氏
株式会社Voicy 代表取締役CEO


14:10-15:40 <講演2> 
「新規事業創出のための発想法」
細谷 功 氏 
ビジネスコンサルタント
株式会社クニエ コンサルティングフェロー


休憩15分


------------------------------------------------------------
【第2部】

------------------------------------------------------------
15:55-16:00 はじめに 大阪トップランナー育成事業について

16:00-16:30 <講演3>
「大阪トップランナー育成事業」の効果検証
-研究フレームワークを用いた事例分析による政策効果の評価-

松平 好人 氏 
琉球大学 国際地域創造学部 准教授


16:30  終了予定

ページの先頭へ戻る

講演内容

<講演1>
「激動の社会で新規事業はどう生まれているのか」
緒方 憲太郎 氏
株式会社Voicy 代表取締役CEO


今までIT技術の進歩により多くのゲームチェンジが起こり、新規事業が生まれてきました。

近年は社会環境や人々の価値観の変化も大きく変動し、VUCAの時代と言われる変化の多い更なるゲームチェンジがおこるステージがやってきています。

この中で最新のベンチャー企業たちはどんな新規事業をどうやって生んでいるのか? 

そのヒントをビジネスデザイナーとして多くのベンチャー企業へ関わってきた経験や、

自ら事業を行う中で得た経験を踏まえつつ共有できればと思います。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<講演2>
「新規事業創出のための発想法」
細谷 功 氏
ビジネスコンサルタント
株式会社クニエ コンサルティングフェロー


新規ビジネスを考えるための発想法
コロナ禍やDX(デジタル・トランスフォーメーション)等、VUCAの時代と言われ、

変動が激しく先が読めない時代に突入しています。

本講演では、このような時代に新規ビジネスを考えるための発想法について、演習も含めて解説します。
「具体と抽象の往復」「アナロジー」といった発想によって新しいビジネスの材料を探す方法についての

ヒントを得ていただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<講演3>
「大阪トップランナー育成事業」の効果検証
-研究フレームワークを用いた事例分析による政策効果の評価-

松平 好人 氏 
琉球大学 国際地域創造学部 准教授


自治体の中小企業支援政策は本当に効果があるのか??
中小企業支援政策の多くが補助金事業である中、大阪市では新たな需要の創出が期待できるプロジェクトを認定し、

補助金提供の直接支援とは異なる、販路開拓などの間接支援に力点をおいて

コーディネータが伴走支援を行う「大阪トップランナー育成事業」を実施しています。
この度、「大阪トップランナー育成事業」の効果を明らかにすべく、

実際に支援を受けたプロジェクト認定企業に対して質問票調査・インタビュー調査を実施し、

「市場志向」及び「情報的資源」という二つの研究フレームワークを用いて分析した実証研究論文が、

日本地域政策学会学術賞(奨励賞)を受賞し、高い評価を得ました。
その効果検証結果はいかなるものか!? 
本論文の著者である琉球大学国際地域創造学部の松平好人准教授を講師に迎え、

第三者評価者として客観的に、その政策効果について事例を交えてわかりやすく解説します。

登壇者プロフィール

<講演1>

緒方 憲太郎氏
株式会社Voicy 代表取締役CEO
ビジネスデザイナー、公認会計士


【略歴】
2003年大阪大学基礎工学部卒業、
2006年大阪大学経済学部卒業。
新日本監査法人にて監査業務や会計コンサルを行い、29歳で海外を放浪、途中アメリカで医療系NPOやオーケストラのプロデューサーなどを行い、その後Ernst&Young NewYorkにて勤務、日本に戻りトーマツベンチャーサポート。
ゲノム医療ベンチャーのテーラーメッド社を創業し3年後に事業売却。
2016年に音声プラットフォームのVoicy社を創業。
「社会に新しい価値を生む事業」と「仕事を仲間と楽しむ会社」を作ってます。声でワクワクする文化を作るぞ!座右の銘:人生道に迷ったらオモロイ方へ♪


ボイスメディア「Voicy」は日本発の音声メディアです。ビジネスのプロや芸能人などの「声のブログ」、4大マスメディアの記事が声で聴ける「メディアチャンネル」、企業が発信する「社外報(オウンドメディア)」など500チャンネル以上を放送中!!

ページの先頭へ戻る

<講演2>

細谷 功 氏
ビジネスコンサルタント
株式会社クニエ コンサルティングフェロー



【略歴】
東京大学工学部卒業後、東芝を経てアーンスト&ヤング・コンサルティング(クニエの前身)に入社。
2009年よりクニエのマネージングディレクターとなる。
2012年より同社コンサルティングフェローに。
製品開発・マーケティング・営業・生産などの分野で戦略策定、業務改革計画・実行支援等のコンサルティングを手がける。
著書に『地頭力を鍛える』(東洋経済新報社)、『具体⇔抽象トレーニング』(PHPビジネス新書)、『具体と抽象』(dZERO)、『メタ思考トレーニング』(PHPビジネス新書)などがある。

<講演3>

photo:Jun Konta


松平 好人 氏
琉球大学国際地域創造学部准教授
立命館大学 OIC 総合研究機構客員研究員
博士(知識科学)、博士(技術経営)


【略歴】
専門は、中小・ベンチャー企業論・技術経営・知識経営。
現在の研究テーマは、自治体による中小企業支援政策の効果の可視化と課題の抽出。
著書に、大阪市の「大阪トップランナー育成事業」の効果を可視化した『自治体の中小企業イノベーション促進政策 -政策効果の実証分析による可視化-』(同友館、2020年)がある。
2020年6 月、研究論文「大阪市による中小企業に対するイノベーション促進政策の効果 -市場志向と情報的資源の視角から-」で日本地域政策学会より学術賞。

オンライン受講に当たって

本イベントはCisco Webex Eventsを利用して開催します。
PCもしくはスマートフォン等のネットワーク環境をご準備下さい。


・視聴用URLとパスワードは、申込締切後お申込いただいた方にメールにてお送りいたします。

・開催当日の12:30から接続が可能です。

・ライブ配信につきましては、途中から視聴される場合、その時点からの視聴となり、巻き戻しての再生はできません。

・今回、ダウンロードできる資料はございません。映像の視聴のみとなりますのでご了承ください。



下記のご利用条件・免責事項をお読みいただき、ご了承いただけましたらお申込みにお進みください。

ページの先頭へ戻る

ご利用条件・免責事項・その他

〈ご利用条件〉
・本動画配信にかかる映像、画像、資料又は音声をコピー、公衆送信、伝達、譲渡、頒布、貸与等、改変、翻案等すること(ダウンロード可能な資料を除く、静止画によるキャプチャを含みます。)は、お断りさせていただきます。動画配信される映像・画像・資料・音声などにかかる著作権及び著作者人格権は、講演者、公益財団法人大阪産業局(以下「当財団」といいます)等関係者に帰属します。

・本動画配信の情報の全部又は一部を、講演者、当財団等の著作権者、著作者の許諾を得ずに、コピー、配信等に利用することは、著作権、著作者人格権を侵害する行為であり、刑事責任を問われる可能性があります。
また、動画配信にかかる映像の無断利用、無断転載は、講演者等の肖像権などを侵害することにもなります。

・お使いのデバイスやインターネットが視聴環境を満たしているか、ご確認ください。
なお、ご視聴にあたっての技術的なお問い合わせにつきましては、当財団はご回答いたしかねます。

<免責事項>
・インターネット回線や動画配信プラットフォームの状況、その他視聴者のデバイス環境
等により、映像が途切れる、停止する等正常に視聴できないことが想定されますが、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害について、当財団は一切責任を負いません。

・動画再生や視聴にはデータ通信を行うため、お客さまにご負担いただく通信費用が発生します。なお、発生したデータ通信費用について当財団は一切責任を負いません。

・講演者や事業者の説明内容・事業内容・経営状況、配布・添付資料、事業者の商品・技術・サービス及び事業者との商談・取引・契約などについて、当財団は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、当財団は一切責任を負いません。

〈その他〉
・本動画セミナーへの参加及び〈ご利用条件〉<免責事項>に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。