AI/XR/IoTがまとめてわかる!KDLの事例に学ぶ新ビジネスの勘所|イベント・セミナー申込画面|ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS TOP > イベントNo.[29069]

AI/XR/IoTがまとめてわかる!KDLの事例に学ぶ新ビジネスの勘所

No.29069

お電話・メールでのお申込受付はしておりません。
すでにユーザーIDをお持ちの方は、下記の「申込む」ボタンよりお申込み下さい。

イベント・セミナー申込に関するよくある質問はこちら

申込む

  • Facebookでシェア

対象 ・先端分野のビジネスをまとめて知りたい新規事業担当者
開催日時 2019年10月24日(木) 14:00-17:00
※進捗状況により、終了時間を若干延長する場合があります。
開催場所 TEQS講義室 (アジア太平洋トレードセンター(ATC)内ITM棟6階)
定員 30名
 満席になり次第、締め切ります
講師 株式会社神戸デジタル・ラボ
中西 波瑠 氏(新事業創造係長 兼 IoT班長)
堀尾 風仁 氏(新事業創造係 MR班長)
杉本 萌 氏(新事業創造係 AI班)
申込締切日 ※申込後、10/23以降のキャンセルにはキャンセル料が発生しますので、ご注意ください。
料金 3,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
お問合せ先 セミナー担当
TEL:06-6615-1006(月-金)
MAIL:kouza@teqs.jp
営業日時:平日10:00-18:00
(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

申込む

講座内容

新分野ビジネスを続々と実現させている
関西IT企業の雄、神戸デジタル・ラボ(KDL)。
https://www.kdl.co.jp/

「ITで未来を創る」と掲げる同社が、先端分野の新規事業にどのように取り組み、
どのような成果を上げているのか。
また、その未来をどのように見ているのか。

このセミナーでは、AI/XR/IoT各分野について、
「新事業創造係」として各プロジェクトに取り組む最前線の担当者から
具体的な事例とその裏側をお話しいただきます。

手探りを続けられている新規事業担当者の方々や、
アイデアを求められている経営者の方々は是非この機会にヒントをつかんでください。

【KDLの取り組み(抜粋)】

・LINEで動く住宅見守りアプリをスピード開発
https://www.kdl.co.jp/works/web/iot/akm2.html
・須磨海浜水族園でIoTを活用した水環境管理の実証実験を開始
https://www.kdl.co.jp/news/2018/06/iot_sumasui.html
・焼酎サーバやイチゴ畑、その他いろいろIoT化してみた
https://www.kdl.co.jp/blog/2019/06/wirelessjapan2019.html
・音声自動応答による「双方向の展示」という試み
https://www.kdl.co.jp/blog/2019/05/sumasui-vui.html
・KDLがMRのビジネスに取り組む理由| KDL BLOG
https://www.kdl.co.jp/blog/2019/08/kdlmr.html
・フォントを活用して、MRをアップデートせよ! ポスト・スマホ時代に向けたUX最適化【デブサミ2019】
https://codezine.jp/article/detail/11433

ページの先頭へ戻る

講座構成(予定)

・各分野の現状と市場動向
・最近のニュース
・KDL事例
・取り組みのポイント
・質疑応答

ページの先頭へ戻る

対象者

・先端分野のビジネスをまとめて知りたい新規事業担当者

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

株式会社神戸デジタル・ラボ
中西 波瑠 氏(新事業創造係長 兼 IoT班長)
大学卒業後、業務系SI事業者にて大手電気メーカ海外工場の資材輸入管理システム開発・運用に従事。
その後、海外拠点間を結ぶビデオ会議ベンチャーをボードメンバーとして立ち上げ、自社の技術戦略や開発方針の立案・遂行を行いつつ、インフラ構築の責任者として海外DCを渡り歩く。2013年8月KDLに入社し、ECサイトの構築・運用・保守を担当。
2016年よりIoT技術を活用したシステム/アプリケーションの企画・開発チームを立ち上げに携わる。
また空模様を観測するAIカメラや、ルワンダ国内で社会問題となっている落雷被害解決の一策として雷リストバンドの開発を行うなど、IoTデバイスのプロトタイピングも得意としている。

堀尾 風仁 氏(新事業創造係 MR班長)
2015年4月 (株)神戸デジタル・ラボ新卒入社。2018年10月に、新規事業として、MR ( Mixed Reality ) を推進するべく、新事業創造係 MR班を立ち上げ、現在に至る。2018年7月には、関西初、Microsoft公式パートナー認定「 MRPP (Mixed Reality Partner Program) 」を取得。

杉本 萌 氏(新事業創造係 AI班) 
JDLA Deep Learning for General 2019#1保持。
KDLエンジニアとしてアプリケーション開発やハンズオン講師などに従事。
「AI開発内製化・ビジネス開発講座」講師。

ページの先頭へ戻る

講座形式

聴講

※筆記用具をお持ちください

ページの先頭へ戻る

会場アクセス


大きな地図で見る

大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階
(ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車)
https://teqs.jp/about_us/access.php/

強風などの場合は地下鉄・ニュートラムの運行が遅れる場合があります。
念のため時間に余裕をもってお越しください。

ページの先頭へ戻る

お申込みに関して

※TEQSからのお申込み確認の自動返信メール送付をもって、受付完了となります。

※開講日1週間前の時点で最少催行人員に満たない場合は、やむをえず講座を閉講とさせていただく場合がございます。
 その場合は、メールでご連絡するとともにホームページにも 掲載します。
 開催一週間前に本ページの開催日時欄をご参照ください。

※開講が決定したものについては、「申込締切日」までお申込み可能です。

ページの先頭へ戻る

免責事項

1. セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。
2. セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。
3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
5. セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。
6. 施設利用に関し、施設利用申込者をはじめ、施設を利用する全ての方に共通してソフト産業プラザ事業の催事など利用規約が適用されるものとします。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

申込む