【イントルプレナーミートアップ プレイベント】新規事業の進め方とその実際|イベント・セミナー申込画面|大阪イノベーションハブ

大阪イノベーションハブ

大阪イノベーションハブ TOP > イベントNo.[28875]

このイベントは終了いたしました。

【イントルプレナーミートアップ プレイベント】新規事業の進め方とその実際

No.28875

  • Facebookでシェア

対象 ・大手、中堅企業の新規事業担当者の方
・新規事業に携わっている方
・新規事業を起こしたいと考えている方
開催日時 2019年9月1日(日) 13:00-15:00
開催場所 大阪イノベーションハブ ※受付開始は、開始時間の30分前です。
定員 60名
 満席になり次第、締め切ります
講師 坪井 聡一郎氏
(株)デンソー MaaS戦略室事業開発課
料金 1,000円/名 
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 Osaka Innovation Hub(大阪イノベーションハブ)
〒530-0011
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪
ナレッジキャピタルタワーC7階
TEL:06-6359-3004 E-MAIL:ohclub@innovation-osaka.jp
(月‐金 10:00〜18:00 ※祝日、年末年始除く)

OIHの新規事業担当者向けプログラム、「イントルプレナーミートアップ

4年目となる今年度の開催に向け、プレイベントを開催いたします!


今回のテーマは、
アイデアだけじゃない!新規事業を実際に進める為に必要なこととは…


新規事業を起こすには、アイデアはもちろん社内外含め周囲を巻き込みながらどう進めていくべきか、考えないといけません。


そこで今回、
「新規事業のアイデアを事業化に向けてどう進めて良いか分からない…」という方に向け、


・新規事業の社内での進め方
・協業など他企業との取り組み方


について、新規事業の立ち上げに長年取り組んでいる講師よりお話いただきます。


その後、過去のイントルプレナーミートアップ参加者に、実際に取り組んだ新規事業についてや大変だったことなど赤裸々にお話いただきます。


最後は新規事業担当者同士で繋がることができるネットワーキング付き!
本気で新規事業を進めたい方、進めたいけどどうしたら良いか分からない方はぜひお越しください。



※2018年度「イントルプレナーミートアップ」募集要項は 【 コチラ】
※2019年度「イントルプレナーミートアップ」は【コチラ】より参加者募集中!!

プログラム内容

12:30  受付開始
13:00  セミナー「新規事業に必要なものとその出口とは」
14:00  トークセッション「新規事業に取り組んで…」
14:30  イントルプレナーミートアップ プログラム説明
14:45  ネットワーキング
15:00  終了

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

坪井 聡一郎(つぼい そういちろう) 氏
(株)デンソー MaaS戦略室事業開発課


一橋大学大学院にて企業財務とファイナンスを専攻。無形資産価値に基づくブランディング、企業理念構築、コミュニケーション戦略、グローバル消費者調査、業務プロセス改善等を行う。その後プロダクト・マネジャーとして世界200ヵ国以上にデジカメを展開。GOODDESIGN賞、IF賞、TIPA賞、Red dot賞等を受賞。2012年より新事業開発本部。農研機構より委託され「センシングによる農作物高付加価値化研究」コンソーシアムの代表研究員。「始動Next Innovator2015」のシリコンバレー派遣メンバーであり、最終報告会発表のFinalist 5名に選抜。

ページの先頭へ戻る

トークセッション登壇者(予定)

・菅 健太郎氏 (チョーヤ梅酒株式会社)
イントル第1期卒業生


・森脇 章太氏 (住友化学株式会社)
イントル第2期卒業生


・吉田 恭子氏 (川崎重工業株式会社)
イントル第3期卒業生


※登壇者は変更する可能性もございます。予めご了承ください。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。