AIは手書き文字を読めるの? ― はじめて触れるディープラーニング|イベント・セミナー申込画面|ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS TOP > イベントNo.[28667]

このイベントは終了いたしました。

AIは手書き文字を読めるの? ― はじめて触れるディープラーニング

No.28667

  • Facebookでシェア

対象 ・ディープラーニングの基本的な仕組みを知りたい方
・TensorFlowの基本を知りたい方
・AIビジネスに興味がある方
開催日時 2019年8月21日(水) 14:00-18:00
開催場所 TEQS PCルーム (アジア太平洋トレードセンター(ATC)内ITM棟6階)
定員 10名
 満席になり次第、締め切ります
講師 早石 直広 氏(Digamo)
申込締切日 ※申込後、8/20以降のキャンセルにはキャンセル料が発生しますので、ご注意ください。
料金 10,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
お支払方法 当日受付にてお支払い
お問合せ先 TEQSセミナー担当
TEL:06-6615-1006(月-金)
MAIL:kouza@teqs.jp
営業日時:平日10:00-18:00
(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

講座内容

ビジネス誌など各種メディアで「ディープラーニング」という言葉を見聞きする機会が増えてきました。

ディープラーニングとは、 AI(人工知能/機械学習)の分野を飛躍的に進化させ、現在のAIブームの火付け役となった仕組みです。

このセミナーは、その「ディープラーニング」について、実際にパソコンを操作しながら学んでいただくセミナーです。

ディープラーニングは、画像・音声・文章の解析でよく利用され、人間には区別が難しいわずかな「特徴」を識別してくれます。

このセミナーでは、Google社が開発したディープラーニング用のプログラム「TensorFlow」の公式サイト(英語)で公開されているサンプルを元に、流れを順に追って基本的な仕組みを解説しながら、ディープラーニングを体感していただきます。

ディープラーニングに興味を持たれた方にとって、その仕組みの基礎を知ることができる内容となっています。

ページの先頭へ戻る

この講座の
おすすめポイント

・ひとつひとつ実際に操作しながらのハンズオンセミナー!
つまずいた時点で講師に質問することができるので、これから始められる方にも、独学で挫折された方にもおすすめです。

・「プログラミング」の知識がなくてもOK!
プログラムの記述は講師が用意したものを使うので、プログラミング自体の知識は必要ありません。仕組みと流れを追うことに集中できますので、エンジニアだけでなく、企画や経営を担当されている方にもおすすめです。

・ディープラーニング学習の最初の一歩!
仕組みが複雑で独学するにはハードルの高いディープラーニングですが、このセミナーは具体的な学習に進むための最初の一歩としておすすめです。今後テックスでもAI・機械学習について様々な切り口のセミナーを予定しています。

ページの先頭へ戻る

講座構成(予定)

【講座内容】
ディープラーニングとは(イントロダクション)
TensorFlowの導入
環境構築の方法と注意点
※セミナーで使用するPCは既に環境構築を済ませています。
TensorFlowでできること
MNIST For ML Beginners
「MNIST」とは
画像認識の仕組み
畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional neural network: CNN)とは?
有名論文のCNNの構成(LeNet,AlexNet,VGG,GoogLeNet,ResidualNet)
Mnist for Expert
質疑応答
質疑応答の時間を長めに取る予定です

※前年度に開催した「ハンズオンで学ぶTensorFlow入門1」「ハンズオンで学ぶTensorFlow入門2」を合わせた内容となっています。

ページの先頭へ戻る

対象者

AI(人工知能・機械学習)について概要を知りたい方
AI(人工知能・機械学習)、TensorFlowについて概要を知りたい方
AIビジネスに興味がある方
畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional neural network: CNN)について概要を知りたい方

ページの先頭へ戻る

過去の類似セミナー参加者の声

・ちょっとレベルは高かったが面白かった(一般企業勤務)
・実際にどのように記述して実現するのかが知れて、今後の学習のとっかかりができた(システム開発会社勤務)
・難しい部分もありましたが、TensorFlowの利用のしかたや概要はよく分かりました(一般企業勤務)

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール



早石 直広(はやいし なおひろ)

機械設計、電子回路設計、ソフトウェア開発、ファームウェア開発、FPGAを使った専用プロセッサ開発に10年以上の経験がある。計数技研の代表として、日頃はロボットを作っている。自分自身もしくは、自分自身が作ったシステムが火星に到達するための技術について研究している。



<経歴>
平成16年 株式会社ヴイストン 技術部
ロボットプロダクトプロジェクトマネージャー(〜平成19年)

平成19年 計数技研(現・株式会社計数技研)創業、ロボット開発に従事(在職中)

平成21年 財団法人大阪市都市型産業振興センター
ロボット事業プランナー(〜平成22年)

平成22年 財団法人大阪市都市型産業振興センター
技術アドバイザー(〜平成23年)

平成26年 大阪大学工学部電子情報工学科 非常勤講師(在職中)

平成28年 Mirai Innovation S.de R. L. de C. V. CTO(在職中)

平成29年 Digamo代表(在職中)

ページの先頭へ戻る

講座形式

PC実習型

ページの先頭へ戻る

こちらもおすすめ

2019年8月7日(水)
・ひとまずざっくり知りたい方へ ― ここから始めるAI基礎知識
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=28666
AIの概要を座学で学べるセミナーです。
AIを初めて学ばれる方はまずこちらからどうぞ。
ハンズオンセミナーの予習として、あわせてご検討ください。

ページの先頭へ戻る

会場アクセス


大きな地図で見る

大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階
(ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車)
http://teqs.jp/about_us/access.php/

強風などの場合は地下鉄・ニュートラムの運行が遅れる場合があります。
念のため時間に余裕をもってお越しください。

ページの先頭へ戻る

お申込みに関して


  • ※TEQSからのお申込み確認の自動返信メール送付をもって、受付完了となります。

  • ※開講日1週間前の時点で最少催行人員に満たない場合は、やむをえず講座を閉講とさせていただく場合がございます。
     その場合は、メールでご連絡するとともにホームページにも 掲載します。
     開催一週間前に本ページの開催日時欄をご参照ください。

  • ※開講が決定したものについては、「申込締切日」までお申込み可能です。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

〜必ずお読みください〜

キャンセル期限は 開催の前々日 です。
お手数ですが キャンセルフォーム より必ず手続きをしてください。

開催前日、当日vcのキャンセルおよび当日の不参加は
TEQSセミナー担当 06-6615-1006 へお電話にてご連絡願います。

ページの先頭へ戻る

免責事項

1. 教育研修セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。
2. 教育研修セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。
3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
5. 教育研修セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。