ものづくりの『今』を知る ―ハードウェアベンチャーの戦略―|イベント・セミナー申込画面|ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS TOP > イベントNo.[27869]

このイベントは終了いたしました。

ものづくりの『今』を知る ―ハードウェアベンチャーの戦略―

No.27869

  • Facebookでシェア

開催日時 2019年4月23日(火) 15:00-17:30
開催場所 TEQS 講義室 (アジア太平洋トレードセンター(ATC)内ITM棟6階)
定員 30名
 満席になり次第、締め切ります
講師 牧野 成将 氏(Makers Boot Camp Co-founder & CEO)
二上 範之 氏(Makers Boot Camp プロジェクトマネージャー)
料金 3,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
お問合せ先 ソフト産業プラザTEQSセミナー担当
TEL:06-6615-1006(月-金)
MAIL:kouza@teqs.jp
営業日時:平日10:00-18:00
(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

講座内容

今、『ものづくり』が変わろうとしています。

3Dプリンターや、3D-CAD、マイコン(Arduinoなど)、小型PC(Raspberry Piなど)、各種センサー、オープンソースソフトウェア、クラウド、様々な新しい技術が日々開発され提供されています。
それらを駆使することで、ハードウェアを活用したサービス開発から実証実験まで、簡単に試すことが出来るようになっています。
これまでの開発期間やコストの考え方が覆され、大企業を中心とした『ものづくり』から、個人やスタートアップが『ものづくり』の中心となれる時代に突入しています。

国内、海外、スタートアップ、企業の新規事業といった、
エリアや規模を問わず、組織を巻き込んで作るハードウェアのプロジェクト。

様々なプロジェクトにチャレンジしている「MAKERS BOOT CAMP」だからこそわかる、
試作、量産化、プロジェクト管理等のポイントや、企業間の連携、チームビルディング、資金調達についてお話いただきます。

ハードウェアで新規事業を開拓するための取り組みを知り、
ぜひ新しい『ものづくり』を取り入れましょう。

【MKERS BOOT CAMP ハードウェア事例】

ページの先頭へ戻る

講座構成(予定)

・モノ作りの現状
・プロトタイプを作る際の考え方
・試作から量産、製品化の流れ
・スタートアップを目指すべき資金調達
・チームビルディングについて
・協業パートナーとの連携
・試作、量産化、プロジェクト管理等のポイント
・スタートアップが作ったハードウェア事例

ページの先頭へ戻る

対象者

・新規事業担当者
・起業家(起業を目指す方)
・ハードウェアを活用したサービスアイデアをお持ちの方

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

牧野成将牧野 成将 (まきの なりまさ) 氏
2005年フューチャーベンチャーキャピタル(株)入社。
2009年から(財)京都高度技術研究所のインキュベーションマネージャーを兼務し起業支援を行う。
2011年(株)サンブリッジのインキュベーション施設「GVH Osaka」の立ち上げやIT分野のシードステージ企業への投資活動を行う。
2015年8月、ハードウェアスタートアップのためのアクセラレーションプログラム「Makers Boot Camp」を行う株式会社Darma Tech Labsを共同創業。
2017年3月に試作支援をサポートするファンド「MBC Shisakuファンド」の設立を発表。








牧野成将二上 範之(ふたがみ のりゆき) 氏
Makers Boot Camp プロジェクトマネージャー

1981年 シャープ(株)入社。電子レンジ機構設計、3次元CADシステムの研究開発に従事。
2003年 生産技術開発推進本部 設計システム開発センター所長に就任。全社のデジタル設計環境構築に従事。
2005年 生産技術開発推進本部 副本部長に就任。全社の生産技術開発に従事。
2017年1月 定年退職。同年7月よりDarma Tech Labsにプロジェクトマネージャーとして参画。スタートアップの試作・量産化のサポートを実施中。

ページの先頭へ戻る

講座形式

聴講

※筆記用具をお持ちください

ページの先頭へ戻る

会場アクセス


大きな地図で見る

大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階
(ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車)
http://www.imedio.or.jp/about_us/access.php/

強風などの場合は地下鉄・ニュートラムの運行が遅れる場合があります。
念のため時間に余裕をもってお越しください。

ページの先頭へ戻る

お申込みに関して

※TEQSからのお申込み確認の自動返信メール送付をもって、受付完了となります。

※開講日1週間前の時点で最少催行人員に満たない場合は、やむをえず講座を閉講とさせていただく場合がございます。
 その場合は、メールでご連絡するとともにホームページにも 掲載します。
 開催一週間前に本ページの開催日時欄をご参照ください。

※開講が決定したものについては、「申込締切日」までお申込み可能です。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて
〜必ずお読みください〜

キャンセル期限は 開催の前々日 です。
お手数ですが キャンセルフォーム より必ず手続きをしてください。

開催前日、当日のキャンセルおよび当日の不参加は
TEQSセミナー担当 06-6615-1006 へお電話にてご連絡願います。

ページの先頭へ戻る

免責事項

1. 教育研修セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。
2. 教育研修セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。
3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
5. 教育研修セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。