【ものづくりビジネスセミナー】もの補助の加点項目で注目度UP!ものづくり企業のクラウドファンディング活用術|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[27656]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【ものづくりビジネスセミナー】
もの補助の加点項目で注目度UP!ものづくり企業のクラウドファンディング活用術

No.27656

  • Facebookでシェア

対象 中小製造業・経営者及び経営幹部

※対象者優先のため、対象外の方、士業・コンサルタントなど当館が経営の専門家と認める方のご参加は、申込状況によりお断りする場合がございます。
※本セミナーは、ものづくり企業を経営する際に多岐にわたる課題を解決するためのきっかけづくり、ヒントを見つけて頂く事を目的としています。
開催日時 2019年4月24日(水) 14:00-16:00
開催場所 大阪産業創造館6F 会議室E
定員 40名
 満席になり次第、締め切ります
講師 第1部:菊地 凌輔 氏 株式会社Makuake 西日本事業部 事業部長
第2部:山之内 敦 氏 一般社団法人ビジネス共創協会 理事長
第3部:堀川 雄一 氏 有限会社テクノトップ クリエイティブコンサル事業部 チーフディレクター
料金 2,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
※ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

概要

BtoB企業でも資金調達につなげられる!
クラウドファンディングの基本をあらためて学び、実際に資金調達成功につながった秘訣を聞く


資金調達の一つの手法として活用されるクラウドファンディング。

現在の日本でも珍しい取り組みではなくなり、単なる資金調達だけでなく、世の中に流通していない新製品を入手できる「市場」に変化しています。
これまでBtoBでビジネスを展開してきたものづくり企業も、自社のリソースや技術を活用し、オリジナル製品を発信するなど、全国各地で様々な取り組みが実施されています。

また平成31年2月より公募が開始された「ものづくり・商業・サービス補助金」の審査時に、

クラウドファンディングで一定の支援金額を集めた企業は加点項目として優遇されることになり、俄然注目が集まっています。

今回のセミナーでは、
 ・クラウドファンディングの基礎知識や最新の活用事例
 ・プロジェクト成功者が語るクラウドファンディング攻略のポイント
 ・中小ものづくり企業が苦手とするプロモーションの考え方

という3つの視点から、クラウドファンディングを活用するためのヒントをお届けします。

新年度を迎え、これまでとは違うチャレンジを実施したいという中小製造業の皆さまはぜひともご参加ください。

ページの先頭へ戻る

特におすすめする対象者

・BtoBからBtoC商材の開発に新規挑戦するものづくり企業
・産業用製品を一般消費者向けにカスタマイズして新たな市場開拓を狙うものづくり企業

ページの先頭へ戻る

内容

 第1部  

「クラウドファンディングの基本と最新の活用事例」
講師:菊地 凌輔 氏 株式会社Makuake 西日本事業部 事業部長

日本最大のクラウドファンディングのプラットフォーム「Makuake」にて数々のプロジェクトのサポートを手がけてきた
株式会社Makuakeの菊地氏によるクラウドファンディングの基本のおさらいと、最新の活用事例を紹介します。

 第2部
「成功者が語る!クラウドファンディング攻略のポイント」
講師:山之内 敦 氏 一般社団法人ビジネス共創協会 理事長

過去に大阪産業創造館で開催されたクラウドファンディング活用セミナーをキッカケにプロジェクトに挑戦し、100万円を超える資金調達の成功を連発した一般社団法人ビジネス共創協会の山之内氏をお迎えし、挑戦者目線から語るプロジェクト成功のポイント、秘訣を紹介します。
3年前の受講者が今回は講師としてセミナーに参加します。

 第3部
「伝わらなければ意味がない!共感を呼ぶプロモーションとは?」
講師:堀川 雄一 氏 有限会社テクノトップ クリエイティブコンサル事業部 チーフディレクター

第2部で講師を務める山之内氏のプロジェクト成功の立役者となったのがプロモーションを担当した堀川氏。広告費用をできるだけ削減したいと考える挑戦者をアッと言わせてきた、共感せずにはいられなくなるプロモーションについて独自の視点から語ります。

ページの先頭へ戻る

講師 プロフィール


菊地 凌輔氏 
株式会社Makuake
西日本事業部 事業部長


略歴
学生時代、ベンチャー企業の立ち上げに携わった経験を生かし、ウェブサービス開発ディレクターとして2つの新規事業に参画。2015年1月(株)サイバーエージェント・クラウドファンディング関西支社の立ち上げに貢献、同年10月関西支社長に就任。「モノづくり関西」の特色を生かした多くのプロジェクトを成功に導く。IT関連の情報に精通し、細やかなニュアンスを伝え、表現することができるクリエイティブな一面を持つ。



山之内 敦氏 
一般社団法人ビジネス共創協会(BCCA)
理事長


略歴
1970年生まれ、熊本出身。国立熊本電波工業高等専門学校情報工学科を卒業、大手電機メーカーにSEとして入社。
その後、いくつかの職種を経験。日本のものづくりの技術を継承すべく2014年GLC Japan株式会社を設立。
幼少期より祖父母に「ないものは自分でつくりなさい。」と教えられ、今に活かして新製品の開発を行う。
2016年に大阪産業創造館で開催されたクラウドファンディング活用セミナーに参加し、即プロジェクトに挑戦。
いきなり200万円を超える資金調達に成功し、以降もプロジェクトの成功を連発し注目を集める。
現在は中小企業支援機関等でクラウドファンディング挑戦者を後押しするプロデューサーとしても活躍。

ページの先頭へ戻る


堀川 雄一氏 
有限会社テクノトップ
クリエイティブコンサルティング事業部 チーフディレクター


略歴
20代始め、様々な写真の賞に応募するもすべて落選。自己のブランディング、見せ方の重要性を痛感し、1分アピールや40文字説明の練習法で、その後応募する作品がすべて入選する。
写真や映像の楽しさを目的に子供向けワークショップや、ライティング・レタッチといった本格的なワークショップを主催。
24歳でフリーランスフォトグラファーとして起業。
26歳で30年以上続くオーストリアの雑誌に年間ベスト200の広告フォトグラファーとして選出される。
2018年、世界最大国際デザインコンペ(イタリア)「A’DESIGN AWARD Photography and Photo Manipulation Design」にてSILVER賞を受賞。
現在は、活動の場を東京から生まれ故郷の奈良に移し、中小企業の広告写真や映像制作、クラウドファンディングを行う。

お申込みについて

・お申込みは原則【同一会社から2名様まで】(2名様でお申込みの場合、ユーザー登録は2件必要)とさせていただきます。
 ※ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です。
・超過のお申込につきましては、ご入場いただけないことがございますので、あらかじめご了承ください。
・諸般の事情により、このセミナー(プログラム、イベントなど)をやむを得ず変更または中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

大阪産業創造館の周辺地図



Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●ほかのお客様にご迷惑となりますので、開始時刻に間に合うように、ご入場をお願いいたします。

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    ・お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。

    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。