<公開講座>商品・サービス開発のための「行為のデザイン」思考法を学ぶワークショップ|イベント・セミナー申込画面|八尾市製品・サービス開発型クリエイティブ産業創出事業「STADI」

このイベントは終了いたしました。

<公開講座>
商品・サービス開発のための「行為のデザイン」思考法を学ぶワークショップ

No.26043

  • Facebookでシェア

対象 中小企業経営者・経営幹部
※八尾市内に事業所がある中小企業に限る
※8/9開催セミナーに参加された企業であること
開催日時 2018年8月28日(火)13:00-18:00 ※受付12:30-
開催場所 みせるばやお(近鉄八尾駅前LINOAS(リノアス)8F)
定員 6社
 満席になり次第、締め切ります
 ※1社につき3〜4名での参加を推奨します。
講師 村田 智明氏 Chiaki Murata
株式会社ハーズ実験デザイン研究所 / METAPHYS 代表取締役
申込締切日 2018年8月17日(金) 12:00 ※合否通知:8月21日(火)予定
料金 20,000円/社 
※要事前振込 ※本受講費は、村田氏にSTADI事業への御賛同をいただく中で、支援価格として特別に本価格でご受講いただける機会となっております。
お支払方法 事前お振込み
※要事前のお振込み(8月23日(木)入金締切予定)。受講が決定した方にのみ、お振込先等をご連絡します。
お問合せ先 八尾市製品・サービス開発型クリエイティブ産業創出事業
「STADI」運営事務局
〒541-0053
大阪市中央区本町1-1-3 本町橋西ビル501号 公益財団法人 大阪市都市型産業振興センター内
TEL:06-6266-1515  FAX:06-6264-9899  MAIL:stadi@toshigata.ne.jp
http://www.stadi.jp
受付時間:月-金 10:00-17:30 (祝日除く)

※本セミナーは、八尾市より、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターが受託し、運営を行っております。

概要

アップル社やダイソン社をはじめとして、ブランドコンセプトをデザインによって表現し、そのスタイルに多くの共感を得ている海外企業。
その成功を支えているのは、”商品・サービスが自分たちの日常をどのように彩ってくれるのか、意味づけてくれるのか” という、消費者のデザインへの関心です。

商品開発の中で、日常の中のストーリー、人の行動に注目してデザインするとはどういうことか。

今回は、人の行動に着目し、改善点を見つけ、より良い新しい課題解決の糸口を見出す考え方を、「行為のデザイン」として体系化された村田 智明氏を講師に招き、「行為のデザイン」思考法をレクチャーして頂きます。

デザイン思考について、講義で学んだ上で、
ワークにより企業ごとに各社のテーマに沿って、日常の生活や行動における課題(バグ)をみつけ、「感性ポテンシャル思考」を用いて解決方法を探ります。
パナソニック、富士通、日本能率協会など多くの企業に導入され、実績をあげた村田氏のデザインマネジメントを学べる大変貴重な機会です。

商品・サービスの開発に取り入れてみませんか?

※本ワークショップは、八尾市内に事業所をお持ちの企業様限定となっております。
※本ワークショップは、8/9開催セミナーに参加頂いた上でお申込みください。
※村田氏にSTADI事業への御賛同をいただく中で、支援価格として特別価格でご受講いただける機会となっております。この機会にぜひ、ご参加ください。

ページの先頭へ戻る

プログラム

◎行為のデザインワークショップ【理論編】
・行為のデザインワークショップの意義
・状況の変化を高い感受性で察知する練習
・ワークショップの概要

◎行為のデザインワークショップ【実践編】
・各社の課題に沿ってグループワークで実践
・感性価値のヒアリング
・目的の設定
・ベースシート設定
・バグとエフェクトの抽出
・バグの理由と解決策を探る

◎感性ポテンシャル思考による解決策を探るワークショップ【実践編】

・解決策に優先順位をつける
・解決策の図解
・解決策の結合とミニマライズ

◎行為のデザインワークショップ【発表】
・コンセプトと解決策のグループ発表とコメントバック

※当日「STADI 第2期」の事業説明をさせていただきます。
※本ワークショップは、八尾市内に事業所をお持ちの企業様限定となっております。
※本ワークショップは、8/9開催セミナーに参加頂いた上でお申込みください。

ページの先頭へ戻る

八尾市製品・サービス開発型クリエイティブ産業創出事業「STADI」とは


八尾市では、「デザイン」の概念を取り入れた、新たな製品・サービス開発にチャレンジする企業を支援しています。
「STADI第2期」では、 2019年3月に行うピッチイベントをゴールに設定し、各社で商品企画・開発に取り組んでいただきます。
2019年3月に向けて、公開講座のセミナーやワークショップの他に、参加決定企業さまにはプロダクトデザイナーやバイヤー、各種専門家の意見を参考にしながら、販路を見据えた商品へのブラッシュアップをサポートいたします。

HPは こちら

Facebookは こちら


☆STADI事業を通して生まれた商品☆

 

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

村田 智明氏

京都造形芸術大学 客員教授
神戸芸術工科大学 客員教授
九州大学     非常勤講師
株式会社ハーズ実験デザイン研究所 / METAPHYS 代表取締役

HPはこちらをご覧ください

1959年鳥取県境港市生まれ。1982年大阪市立大学工学部応用物理学科卒業。1986年同社を設立、プロダクトを中心に広範囲なデザイン活動を行い、Gマーク金賞をはじめ、DFAグランプリ、RED DOT BEST OF BEST、ジャーマンデザインアワードWINNER賞、iF DESIGN AWARD GOLD、ソーシャルプロダクツアワード大賞、TOPAWARDS ASIA GRAND AWARD2017など、国内外で160点以上を受賞。またオムロンの血圧計「スポットアーム」やマイクロソフト「Xbox 360」などを手がけ、世界記録的な販売数を達成する。自ら立ち上げた企業コンソーシアムブランドMETAPHYSは、「行為のデザイン」で企画・デザインした商品を販売に至るまで実践している。また東京都美術館新伝統工芸プロデュース事業や越前ブランドプロダクツコンソーシアム(iiza)、鳥取の企業連携ブランド(TOTT)など、地域振興にデザインを活用したプロデュースにも数多く携わる傍ら、eco products design competition 2007~2010、 social design conference 2011~2015の開催を通じて「ソーシャルデザイン」という言葉を生み、社会イシューデザインの啓蒙に尽力している。著書に『ソーシャルデザインの教科書』(生産性出版)、『問題解決に効く行為のデザイン思考法』(CCCメディアハウス)、『感性ポテンシャル思考―ゼロからのイノベーション―』(生産性出版)がある。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについて

お申込みいただきます参加者の情報は、八尾市、及び、本事業受託先である公益財団法人大阪市都市型産業振興センターにて共有させていただきます。
なお、情報は八尾市、及び、当財団関連の催事情報をダイレクトメールでご案内させていただきますので、ご了承の上お申込み下さい。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。