ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS TOP > イベントNo.[22628]

このイベントは終了いたしました。

【イメディオ・制作技術セミナー】
IoTシステム構築実習講座〜さくらのIoT PlatformでArduinoマイコンをクラウド接続〜

No.22628

  • Facebookでシェア

開催日時 2017年2月1日(水) 14:00-18:00
開催日時補足 2017年2月1日(水)14:00〜18:00 【開催決定】
※進捗状況により、終了時間を若干延長する場合があります。
開催場所 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内ITM棟6階 ソフト産業プラザイメディオ
定員 30名
 満席になり次第、締め切ります
 最少催行人員に満たない場合は閉講する場合があります
講師 メイン講師(進行役) 久保 幸夫氏(トライアングルエレクトロニクス代表)
なお、テクニカルな内容に関しては、さくらインターネットの担当者がサブ講師として、説明を行います。
申込締切日 1/31※申込後、1/31(火)以降のキャンセルにはキャンセル料が発生しますのでご注意ください。
料金 3,000円/名 
(税込)(交流会費含む) ※終了後、講師を囲んで交流会を開催します。 IoT関連の情報交換できる場になります。 お茶とお煎餅をご用意しますので、お時間ございましたらご参加ください。
お支払方法 当日受付にてお支払い
※受講料にはテキスト代を含みます。
お問合せ先 イメディオ教育研修事務局
TEL:06-6615-1006(月〜金)
MAIL:kouza@imedio.or.jp
営業日時:平日10:00〜18:00
(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

講座内容

Arduinoマイコンをクラウド上のサーバに接続し、IoTシステムの構築を体験するハンズオン(実習型の講座)です。

・ さくらのIoT Platformを使ったIoTのシステム構築

IoTのシステム構築には、I(Internet)の部分のクラウドプラットフォームと T(Things)の部分の、マイコンやデバイス、そしてIとTをつなぐ通信の3要素が不可欠です。
この1〜2年で、IoTのプロトタイプ開発における、 Tの部分は Arduinoマイコンや Raspberry Piなどの取り扱いやすい環境により、敷居が下がりました。
また、Iの部分も、各社からIoT向けのクラウドプラットフォームが多数提供されています。しかし、IとTをつなぐ通信の部分は、有線や無線の通信方式やプロトコルがあり、さらにセキュリティの確保の課題など、煩雑で難しい課題があり、IoTシステム開発において、悩ましいポイントとなっています。

当セミナーでは、IとTをつなぐ通信の部分を簡単に、かつセキュリティを確保しながら接続できる、さくらのIoT Platformを使用します。
さくらのIoT Platformは、さくらインターネットが提供するIoT のプラットフォーム(基盤)で、通信機能とクラウド側の出入り口を包括的に提供するサービスです。
当セミナーを受講することにより、IoTのシステムの構築を体験して頂くことができます。


※さくらインターネットは、大阪市中央区に本社を置く、インターネット関連企業です。https://www.sakura.ad.jp/

当セミナーでは、IoTのI(Internet)の部分は、さくらのクラウド、 T(Things)の部分は、Arduinoマイコンを使用し、IとTをつなぐ通信には、さくらのIoT Platformと専用のさくらの通信モジュール(LTE)-β版を使用します。
これらの組合せにより、従来の個別の技術要素の組合せによる IoTのシステムの構築に比べて、システムの構築の敷居を大幅に下げることができます。

ページの先頭へ戻る

※ご注意
本講座は、受講者が持ち込んだ開発マシン(ノートパソコン)で、作業をします
また、Arduinoマイコンの開発には、Arduinoマイコンの開発環境(IDE)が必要です。

インストールされていない方は、事前にArduinoの開発環境(IDE)のインストール作業が必要です

(Arduinoマイコンおよび、IoT Platformの通信モジュールを含む実習用機器は、レンタル品を使いますので、ご準備は不要です)
Windowsを基本としますが、Macもサポートします。

・開発環境(パソコン)について
本講座は、受講者のパソコンを持ち込んで頂いて、開発を行います。
そのため、講座で以下の条件を満たす開発マシン(パソコン)とツールが必要です。


・パソコン
  ・Windows 7 以上 もしくは Mac OS X Lion 10.7 以上
  ・USB2.0  ポートを1個以上
  ・無線LAN(Wi-Fi)で、ネットワークに接続可能


・Arduino 開発環境(IDE)
  Arduino IDEのインストールが必要です。
   https://www.arduino.cc/en/Main/Software から開発環境(Arduino IDE)を入手し、インストールできます。
  2017/1/25時点でのバージョンは 1.8.1 です。既にご案内させて頂きました 1.6.13 でも問題ございません。どちらかをインストールしてください。


・通信ソフト
  シリアル通信とTCP/IPに対応した通信ソフトが必要です。
  Windowsの場合は、Tera Term (フリーのターミナルエミュレーター)を開発につかうパソコンにインストールする必要があります。
  https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/releases/ 2017/1/25時点でのバージョンは(teraterm-4.93.exe)
  Macの場合は、標準のターミナルソフトが使用できるため、準備不要です。


・さくらのクラウドのアカウント

  セミナー用のアカウントを用意します。


・資料の一部訂正

  Node-REDスクリプトの訂正
  https://www.imedio.or.jp/seminar/0201_Node-RED_script.txt


講座構成

1.講座のガイダンス

2.さくらのIoT Platformの説明

3.Arduinoの準備
Arduinoの開発環境の準備(ドライバの導入など)

4.Arduinoマイコンと通信モジュールの接続
Arduinoマイコンと、さくらの通信モジュール(LTE)-βを接続します。

5.IoT Platformの準備と接続
IoT Platformを設定し、Arduinoマイコンとの接続を確認します。
さくらのクラウドにサーバを構築し、Node-REDを使えるようにします。
Arduinoマイコンのセンサーデータをクラウドサーバに上げて、データを確認します。
また、クラウドサーバから、Arduinoマイコンにデータ送り、IOポートをインターネット側から制御します。

6.応用事例
ArduinoマイコンとIoT Platformを使った応用事例のデモや、IoTシステムの勘どころを解説します。

ページの先頭へ戻る

当セミナーで使用する、IoT Platformの通信モジュールを含む実習用機器は、さくらインターネット株式会社からの貸与品です。
実習用機器とクラウドのアカウントは、講座終了時に返却・終了となりますが、実習用機器と同等品のご購入により、講座と同じ環境を用意することができます。

対象者

・IoTのシステム構築に興味がある人
・Arduinoマイコンや さくらのIoT Platformに興味がある人

ページの先頭へ戻る

受講に必要な条件・求めるスキル

・基本的なパソコンの操作ができる人

・開発に必要なパソコンをご準備できる人
・Arduinoマイコンの使用経験がある方(電子工作の経験は問いません)


※本講座を受講希望の方で、Arduinoマイコンが始めての方は、
1月31日開催の
IoTシステム構築実習講座のための Arduinoマイコン入門 No.22626
の受講をお勧めします。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

久保幸夫(くぼゆきお)
講師
トライアングルエレクトロニクス 代表

関西の大手電鉄系のエンジニアリング会社勤務後、2001年に独立。
ITや組込み関連技術の講師や執筆を行う。IT教育の教材や、日経BP社、電波新聞社、 CQ出版、オーム社などの雑誌、書籍等に多数寄稿。
日経NETWORK誌にて2003年4月号以降、LANやインターネット関連技術の記事を担当、10年以上長期連載中。電波新聞社・電子工作マガジンの創刊号(2008年)から、工作記事を連載中。最近は、次世代の技術者育成のため、電子工作などの普及に注力。
WEBでは、日経BP社のコラム記事( BP-net Digital Transformation 10分で分かる! 近未来予想図202X)を担当

イメディオでは、「話題の小型パソコン基板Raspberry Piで電子工作入門〜イメディオ電子工作部」セミナー等を担当。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※本講座は、パソコンの持ち込みが必要です。
「講座内容」および「対象者」をご確認のうえ、お申し込みください。

ページの先頭へ戻る

講師コメント

これからの講座内容の詳細化やさくらさんとの話の中で、講座の細かい内容や受講者に準備してもらうものなど追加情報が発生する可能性があります。
講座を開催する前に、このページを参照して頂き、更新情報のご確認をお願い致します。

ページの先頭へ戻る

講座形式

PC実習型

ページの先頭へ戻る

会場アクセス


大きな地図で見る

大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階
(ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車)
http://www.imedio.or.jp/about_us/access.php/

ページの先頭へ戻る

お申込みについて

※イメディオからのお申込み確認の自動返信メール送付をもって、受付完了となります。

※開講日1週間前の時点で最少催行人員に満たない場合は、やむをえず講座を閉講とさせていただく場合がございます。
 その場合は、メールでご連絡するとともにホームページにも 掲載します。
 開催一週間前に本ページの開催日時欄をご参照ください。

※開講が決定したものについては、「申込締切日」までお申込み可能です。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

キャンセル期限は 1/30(月) です。
お手数ですが キャンセルフォーム より必ず手続きをしてください。

1/31(火)以降のキャンセル、および当日の不参加は
イメディオセミナー担当 06-6615-1006 へお電話にてご連絡願います。


この場合、受講料の100%がキャンセル料として発生します。
追ってご案内を送信しますので内容に基づいてご対応願います

ページの先頭へ戻る

免責事項

1. 教育研修セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。
2. 教育研修セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。
3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
5. 教育研修セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。