第16回イノベーション・エクスチェンジ〜大阪ガス×IoT編|イベント・セミナー申込画面|大阪イノベーションハブ

大阪イノベーションハブ

大阪イノベーションハブ TOP > イベントNo.[22118]

このイベントは終了いたしました。

第16回イノベーション・エクスチェンジ〜大阪ガス×IoT編

No.22118

  • Facebookでシェア

関連するその他のセミナー・イベントはこちら

対象 大阪ガス株式会社の募集テーマに、技術を提案できる企業、大学、研究機関

*詳細は本文をご確認ください。
※同業他社のご参加は、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください(事務局からご連絡します)。
開催日時 2016年10月24日(月) 14:00-16:00
開催場所 大阪イノベーションハブ
定員 50名
 満席になり次第、締め切ります
料金 無料 
お問合せ先 Osaka Innovation Hub(大阪イノベーションハブ)

〒530-0011
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪
ナレッジキャピタルタワーC7階
TEL:06-6359-3004 E-MAIL:staff@innovation-osaka.jp
(月〜金 10:00〜18:00 ※祝日、年末年始除く)

プログラム概要

【提案募集】大阪ガスがIoTによる新たなサービス開発をめざす!
〜計測端末から状態監視、健康、美容、セキュリティまで〜

大阪ガス株式会社は、大都市ガス事業者であることはもちろん、
先進的な取り組みを行う企業としても知られています。

なかでも、オープンイノベーションに注力されており、
外部の技術やアイデアと連携しながら、
いままでにないサービス開発を行っています。

そして、このたび、大阪ガスがIoT技術を活用した
サービス開発を行うにあたり、3つのテーマで
協業・開発パートナーを募集します!


監視・計測、データ解析など基礎技術はもちろん、
デバイスや新サービスまで領域も多岐に渡り、
幅広い業種の方が対象となります。

皆さまの技術やアイデアをお待ちしています!


※10月24日(月)は説明会となり、具体的な募集技術(技術ニーズ)の詳細を、ご説明させて頂きます。
説明会に参加できない場合は、以後の提案を行えませんので、ご了承ください。
皆様のご提案をお待ちしております。

ページの先頭へ戻る

募集内容


++++ 3つのテーマを募集 ++++


以下、テーマと概要のみを紹介しています。
いずれの技術も、詳細は、当日発表します。


--------------------------------------

◎EMSサービス(計測端末、データ分析・提供方法等)
大阪ガスの電気・ガスの使用量データの可視化、及び省エネ指南するシステム開発(EMS)にあたり、必要な技術を募集。

【特に求める技術・アイデア】
・安価な計測端末:無線やPLC、電池式の活用などにより、初期導入費(端末+施工費)を抑えた計測端末など
・EMSサービス:単にデータを見てもらう画面ではなく、感動的な「気づき」を与えるような分析手法、お知らせ手法など

--------------------------------------

◎IoT活用による電力関連デバイスの状態監視技術
大阪ガスの強みである販売網・顧客接点を活かすことができるIoT技術を活用した電力関連デバイスの状態監視ソリューションを分野を問わず募集。

【特に求める技術・アイデア】
・特定のサービスは想定しておらず、検討の出発点となるシーズを広く募集

--------------------------------------

◎IoT対応ガス機器の価値向上に資するサービス
家庭用ガス機器が持つ情報や機能と連携して「生活に新しい価値を生む」家庭向けサービス及びそのサービスを実現するための技術を募集。

【特に求める技術・アイデア】
・想定家庭用ガス機器:エネファーム、給湯器、ミストサウナ、床暖房など
・対象分野:健康、美容、防災、セキュリティなど分野は問いません

ページの先頭へ戻る

説明会のプログラム

◎14:00
開会挨拶
大阪イノベーションハブの事業紹介

◎14:10
募集テーマの説明  

・樋口 裕思 氏
(大阪ガス株式会社 技術戦略部 オープンイノベーション室  室長)

・木村 浩康 氏
(大阪ガス株式会社 エネルギー事業部 ビジネス開発部 ESPチーム リーダー  課長)

・濱野 将吾 氏
(大阪ガス株式会社 エンジニアリング部 電力技術チーム 係長)

・鈴木 智之 氏
(大阪ガス株式会社 リビング事業部 商品技術開発部 スマート技術開発チーム
ネットワーク対応技術グループ 係長)

質疑応答(30〜40分程度)

◎15:20
事務局より提案方法についての説明

◎15:30
閉会

ページの先頭へ戻る

提案までの流れ

説明会の後に提案書を提出しただきます。
審査後、大阪ガス社と面談いただき、協業・連携に進まれる場合は、
個別にNDAを締結いただき、サービス化へ向けて進んでいただきます。

◎10月24日(月) 説明会

↓提案募集期間

1114日() 提案書締め切り
※指定フォーマットに提案内容を記入の上、事務局に提出

↓ 審査

◎12月5日(月)までに審査結果の連絡



◎12月12日(月)〜 個別面談 
※審査通過案件のみ、日程を調整し大阪ガス社と個別面談
※詳細は個別に連絡します。

ページの先頭へ戻る

イノベーションエクスチェンジとは

「グローバル企業と連携し、世界に通用する新商品開発を」をコンセプトに、
昨年度はヤフー社やサンスター社、アシックス社、アイシン精機社などとコラボレーションを行った大阪イノベーションハブのオープンイノベーション創出プログラムです。

ページの先頭へ戻る

注意事項

・詳細な技術ニーズについては、説明会以外では公開しません。
・指定の提案フォーマットは、説明会後、お申込み時にご登録いただきましたメールアドレス宛に事務局からお送りいたします。
・提案は大阪ガス社で評価し、面談の可否を決定します。
大阪イノベーションハブ事務局で審査基準は設けておりませんので、落選理由はお伝えしません。予めご了承ください。
・審査通過後の面談日は追って連絡します。

ページの先頭へ戻る

注意事項

参加にあたっての注意事項

    ※イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。

    ※本イベントでのお申し込み情報は、大阪ガス株式会社と共有させていただきます。あらかじめご了承ください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

関連サービス(イベント・セミナー・商談会など)

製造業の課題とIoTによる知能化・自動化ソリューション

Industry4.0などに代表される製造業のIoT化により、現場では、
ITとものづくりに精通した新しい人材が求められてきています。
そこで、本セミナーでは、IoTによる生産現場の効率化・自動化、デジタルものづくりなど、
次世代のものづくり革新に向けた動きをうまく活用するための方法をお伝えします。
関西圏の取り組み、日本の製造業の課題、
具体的な技術開発や人材育成の実例紹介など、テーマも多彩です!

■日時
2016年10月7日(金)13:30-17:00

■詳細・申込み
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=22051