このイベントは終了いたしました。

【セミナー】高齢者施設周辺ビジネスへの参入〜課題解決新ビジネスの可能性とは!?

No.20333

  • Facebookでシェア

対象 高齢者施設の課題解決に向けた商品・サービス開発をしたい中小製造業・サービス業の経営者、商品開発担当者など
開催日時 2015年12月9日(水) 14:00-16:30
開催場所 大阪イノベーションハブ(グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階)
定員 100名
 満席になり次第、締め切ります
 キャンセル待ちとなった場合は、大阪市内中小企業の方を優先させていただきます。
講師 ●株式会社高齢者住宅新聞社 企画開発部デスク 小川真二郎氏
●株式会社笑美面 代表取締役 社長 榎並将志氏
●スマイル・プラス株式会社 代表取締役 伊藤一彦氏
料金 無料 
お問合せ先 ビジネスコラボレーション&サポートスクエア316(Collabo'S316)
(公益財団法人大阪市都市型産業振興センター イノベーション推進部)
TEL:06-6347-7877 FAX:06-6347-7875 E-MAIL:osaka-tr@sansokan.jp
受付時間:月〜金 9:00〜17:30 (祝日除く)

新たな分野への参入

*********************************************************
!!! ご注意ください !!!

会場が「大阪イノベーションハブ」に変更になりました。

場所はこちらからご確認ください。
*********************************************************


高齢者施設の課題を解決!新たな市場の可能性を探る

近年、高齢者人口の増加による社会制度改革や法改正等により高齢者施設を取り巻く環境は、急激に変化しています。
特養(特別養護老人ホーム)や老健(介護老人保健施設)では、需給バランスの点から、数年単位での入居待ちが発生し、社会的問題となっている一方、サ高住(サービス付高齢者向け住宅)、有料老人ホーム等の民間が運営する施設は、急激に増加しており、入居者確保の競争が激化しています。

後者のサ高住、有料老人ホーム(=高齢者施設)では入居者増加に向けて、居室の快適性、医療環境の充実、有料老人ホームであれば、食事のおいしさ、介護や看取りといった付加サービスの充実等は、もはや最低条件となりつつあり、そこに付加価値を付けて他社との差別化を図っています。
また、今後の入居対象となる団塊の世代は、これまでのいわゆる「高齢者」と比較して、それぞれの趣味、志向が様々なため、より多種多様なサービス提供が求められます。

このような中、施設の集客支援や、利用者へのサービス提供など運営事業者の課題解決や入居者満足度アップにつながる新ビジネスが生まれつつあります。

そこで、本セミナーでは、高齢者施設をとりまく環境変化と課題を俯瞰するとともに、新サービスの事例を通して、高齢者施設や入居者を対象とした新たなビジネスの可能性を探ります。

自社製品を新たな分野に投入したいメーカーの方や、新たな発想で商品開発を行いたい企業の方は是非ご参加ください。

*本セミナーでは、サービス付高齢者向け住宅、有料老人ホーム等の民間が運営する施設と対象としたビジネスを前提に講義を行います。

ページの先頭へ戻る

プログラム

14:00〜15:15 講演+質疑
2025年へ向けた介護事業戦略〜介護業界の現状と今後について〜
株式会社高齢者住宅新聞社 企画開発部 デスク 小川真二郎氏

社会保障費が拡大を続ける中、今後も介護・医療報酬に下げ圧力がかかることは明白です。また、ここ数年はM&Aにより大手企業が介護事業に参入するケースが目立っており、依然として人材難も深刻な状況です。
大手資本と伍して競わなければならない既存事業者にとっては、これまで以上に厳しい事業運営を迫られると予想されます。
本セミナーではこのような高齢者マーケットの現状を俯瞰し、介護事業経営者が考える次の一手を紹介するとともに、他業種からの参入の可能性を検討します。

15:15〜16:15事例紹介

15:15〜15:45
事例1 株式会社笑美面
株式会社笑美面 代表取締役社長 榎並将志氏
高齢者施設に訪問し、パンフレットやホームページだけではわからない情報を徹底的にヒアリングし、入居希望者やその家族に提供することで、高齢者施設と利用者とのマッチングサービスを行っている同社。
その事業を通して見えてきた、人気高齢者施設の特徴や取組、課題や問題点などについて紹介する。


15:45〜16:15
事例2 スマイル・プラス株式会社
スマイル・プラス株式会社 代表取締役 伊藤一彦氏
介護現場における高齢者レクリエーションを支援するプラットフォーム「介護レク広場」を運営、会員数は7万人を超える。
会員からの声に応えて「レクリエーション介護士」制度を創設し、通信教育最大手ユーキャンでも講座が開設されて初年度から5千人を超える合格者を輩出する人気資格となる。
さらにNTT西日本との連携で介護レクリエーション動画の配信サービスも開始。
同社の事例を通して、サービス開発や他社とのコラボレーションのポイントを紹介する。

16:15〜16:30 名刺交換会

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

小川真二郎(おがわしんじろう)
株式会社高齢者住宅新聞社 企画開発部 デスク
 
不動産業界紙記者、大手人材サービス会社を経て2012年7月より現職。全国の介護事業者、周辺メーカーへの取材活動の他、業界最大級のBtoBイベント「高齢者住宅フェア」の運営などを手掛けている。

榎並将志(えなみまさし)
株式会社笑美面 代表取締役社長 
南栄商事株式会社 専務取締役

1984年大阪府生まれ。
2008年南栄商事株式会社(不動産賃貸業)入社。従前の事業戦略および人事戦略を一新し、旧態依然とした企業風土を改革。賃貸マンション3棟の開発、新規管理物件の取得多数、さらに新規事業(新築シェアハウス事業)への進出を果たし、収益率を向上。成果が認められ、2011年4月、同社専務取締役就任。
2011年6月南栄商事における新規事業の進出をきっかけとして、現代日本にお
ける高齢者を取り巻く問題に着目。
事業の前提条件を学び、訪問介護員2級取得。
2012年1月、株式会社笑美面設立。現在に至る。


伊藤 一彦(いとう かずひこ)
BCCホールディングス株式会社 代表取締役
営業創造株式会社 取締役、スマイル・プラス株式会社 代表取締役
中小企業診断士

1974年、大阪府生まれ。大阪市立大学理学部卒業後日本電気株式会社(NEC)入社。2001年、マーケティング系ベンチャー企業に転職。2002年、営業創造株式会社(BCC)設立、代表取締役就任。2012年、スマイル・プラス社をグループに迎え、介護業界で無料レクリエーション素材コンテンツを提供サポートする「介護レク広場」を開設。介護ロボットやIT、センサーを使った新しい介護分野にも取り組んでいる。2014年、一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会を設立、経済産業省の平成25年度“多様な「人活」支援サービス創出事業”を受託、新資格「レクリエーション介護士」を誕生させる。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。