ソフト産業プラザ TEQS

ソフト産業プラザ TEQS TOP > イベントNo.[19253]

このイベントは終了いたしました。

【イメディオ・制作技術セミナー】
話題の小型パソコン基板Raspberry Piで電子工作入門〜イメディオ電子工作部

No.19253

  • Facebookでシェア

開催日時 2015年6月24日(水) 13:00-18:00
開催日時補足 2015年6月24日(水)13:00〜18:00【開催決定】
※進捗状況により、終了時間を若干延長する場合があります。
※受講料には Raspberry Piキット代(SDカード、USB電源コードなどが付属)を含みます。
開催場所 ソフト産業プラザイメディオ PCトレーニングルーム(南港ATC ITM棟6階)
定員 12名
 満席になり次第、締め切ります
 最少催行人員に満たない場合は閉講する場合があります
講師 久保 幸夫氏(トライアングルエレクトロニクス代表)
申込締切日 6/23(火)※申込後、6/23(火)以降のキャンセルにはキャンセル料が発生しますのでご注意ください。
料金 15,000円/名 
(お一人様/税込)
お支払方法 当日受付にてお支払い
※受講料には Raspberry Piキット代(SDカード、USB電源コードなどが付属)を含みます。
お問合せ先 イメディオ教育研修事務局
TEL:06-6615-1006(月〜金)
MAIL:kouza@imedio.or.jp
営業日時:平日10:00〜18:00
(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

講座内容

Raspberry Piは、英国生まれの小型パソコン基板。
手のひらサイズで6,000円前後と格安でありながらLinuxなどのOSが動作する、れっきとした『パソコン』です。

部材全体 ラズパイのアップ

Linux系の雑誌を始め、電子工作やハードウェア系、最近では、パソコン誌やソフトウェア系の雑誌にも記事が掲載されていますので、気になっている方も多いのでは?と思います。

Raspberry Piは、単なる一つのツールにすぎません。
これを上手く活用できるかは、みなさんのアイデアと努力次第です。
講座の中でRaspberry Piを通じて、次の時代を生き抜くヒントを、見出せていただければ、と考えます。


(※1)廉価版のタイプAとLAN対応版のタイプBがあります。
この講座で使用するのは Raspberry Pi2モデルBを予定していますが、事情により使用機種を変更する場合があります。
本セミナー受講料には Raspberry Piキット代(SDカード、USB電源コードなどが付属)を含んでおりますので、セミナー後も 深く研究することが可能です。
(※2)上記写真は参考イメージで、本講座で使用する機種とは異なります。

ページの先頭へ戻る

講座構成(予定)

■1 Raspberry Piの概要(座学)

Raspberry Piの概略とOSについて概要を説明します。



■2  Raspberry PiへのOSのインストール(実機演習)

Windowsパソコンを使って、 SDメモリカードに推奨OS( Raspbian)を書き込み、
Raspberry Piを起動する方法を実習します。



■3  Raspberry Piの基本的な操作(実機演習)

Raspbian(Linux系の Raspberry Piの推奨OS)の操作を演習します。
マンドライン(キーボード入力)によるシェル操作、
X Windows のデスクトップを起動させた後は、マウスを中心としたGUI操作が中心になります。



■4  Raspberry Piを使った簡単電子工作(実機演習)

Raspberry PiのIOポート(GPIO)を使用して、LEDの点滅を行います。
WiringPi(※)と呼ぶGPIOを容易に使うためのライブラリを使用して、
シェル操作やC言語からGPIOを操作して、LEDの点灯実験を行います。
電子工作は、半田付け作業を行わない、
ブレッドボードを使って行います。


電子部品(LED、抵抗、ブレッドボード)<br />
★教材費は、受講料に含みます。

■5  Raspberry Piの応用事例(座学+デモンストレーション)

Raspberry Piとセンサー、ネットワーク、クラウドを組み合わせると出来ること、
その事例を、デモンストレーションを交えて解説します。



※WiringPi
Raspberry PiのIOポート(GPIO)を操作できる、便利なライブラリ。シンプルなコマンドや、Arduino(アルデュイーノ) 風のプログラムでGPIOを操作できます。

※同内容のセミナーを 2014年12月に開催しています。お申込みの際は、ご確認ください。

ページの先頭へ戻る

Raspberry Pi(ラズベリー・パイ)とは

Raspberry Piは、教育用のコンピュータでコンピュータサイエンスやプログラミング教育用途のパソコン基板です。
普通のパソコンと違う点は、外部との入出力インタフェース(I/O)が用意されており、
そこに、電子回路や様々なセンサーをつなぐことにより、機器の制御や外部環境のセンシングや可能となる点です。
また、 Raspberry Pi(モデルB)には、イーサネットLANのコネクタがあり、簡単にネットワークにつなぐことができます。
プログラムを工夫することにより、インターネットやクラウドを介した外部機器の制御やセンサーの状態の検知が可能となります。

これは、話題のM2M(※2)やIoT(※3)を実現するツールともなり、 Raspberry Piを応用したインターネット対応型の電子工作の事例がWebや雑誌で数多く紹介されています。

この講座では、 Raspberry Piの紹介と、推奨OS(Raspbian)のインストール、
同OS使用時の基本的な操作方法、LEDを使用した電子工作(Linuxシェルスプリクトを使ったLEDの点滅(※4)、
およびC言語を使ったシンプルな LED点滅プログラム)の実習を行います。

講座終了時にはRaspberry PiへのOSのインストールと、基本操作、簡単な電子工作が自力で出来るように指導します。
また、 Raspberry Piを応用した、電子工作やネット/クラウド対応システムのデモンストレーションや紹介などを通じ、
M2Mや IoT、ウェアラブル…と言った、今どきのキーワードの理解に役に立つ情報を提供します。

(※2)M2M:Machine to Machine:機械と機械との通信
(※3)IoT:Internet of Things : モノのインターネット
(※4)通称 Lチカ(=LEDチカチカ)

ページの先頭へ戻る

対象者

Raspberry Piに興味がある人
Raspberry Piを使った電子工作意に興味がある人

ページの先頭へ戻る

受講に必要な条件

基本的なWindowsパソコンの操作ができる人
Linuxの知識は問いません。また、電子工作の経験は問いません。(ハンダ付けはしません。)

ページの先頭へ戻る

「イメディオ電子工作部」とは?

様々なセンサーやデバイスを活用した電子工作を通じて
ITにおけるものづくりを応援する企画に「イメディオ電子工作部」という愛称を付けました。
今後ラズベリーパイ、Mbedといったマイコンボードを活用するワークショップを開催する予定です。
ぜひご参加ください。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール項

久保幸夫(くぼゆきお)
講師

トライアングルエレクトロニクス 代表

関西の大手電鉄系のエンジニアリング会社勤務後、2001年に独立。
ITや組込み関連技術の講師や執筆を行う。
CQ出版、電波新聞社、日経BP社などの雑誌、書籍等に多数寄稿。
最近は、次世代の技術者育成のため、電子工作などの普及に注力。

ページの先頭へ戻る

過去の受講者アンケートより

過去に同セミナーを受講された方からいただいたご感想です。
お申込時の参考にしてください!


・名前だけは知っているがどんなものか知らなかった。本日は概略が少しわかった。
・わかりやすく参考になった。
・基本的な使用方法が良くわかりました。
・ラズベリーパイとIOのしくみがわかった。

ページの先頭へ戻る

注意事項

「講座内容」、「対象者」および「受講に必要な条件」をご確認のうえ、お申し込みください。

ページの先頭へ戻る

講座形式

PC実習型(ハンズオン)

ページの先頭へ戻る

会場アクセス


大きな地図で見る

大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階
(ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車)
http://www.imedio.or.jp/about_us/access.php/


強風などの場合は地下鉄・ニュートラムの運行が遅れる場合があります。
念のため時間に余裕をもって移動なさってください。

ページの先頭へ戻る

お申込みに関して

※事務局からのお申込み確認メール送付をもって、受付完了となります。

※開講日1週間前の時点で最少催行人員に満たない場合は、やむをえず講座を閉講とさせていただく場合がございます。
 その場合は、メールでご連絡するとともにホームページにも 掲載します。

開催一週間前に本ページの開催日時欄をご参照ください。


※開講が決定したものについては、「申込締切日」までお申込み可能です。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

キャンセル期限は 6/22(月) です。
お手数ですが キャンセルフォーム より必ず手続きをしてください。

開催前日(6/23)のキャンセル、および当日の不参加は
事務局 06-6615-1006 へお電話にてご連絡願います。


この場合、受講料の100%がキャンセル料として発生します。
追ってご案内をいたしますので、内容に基づいてご対応願います。

ページの先頭へ戻る

1. 教育研修セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。
2. 教育研修セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。
3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
5. 教育研修セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。