大阪イノベーションハブ

大阪イノベーションハブ TOP > イベントNo.[18824]

このイベントは終了いたしました。

第2回フューチャーセッション 〜環境とエネルギー〜

No.18824

  • Facebookでシェア

関連するその他のセミナー・イベントはこちら

開催日時 2015年3月5日(木) 13:00-16:30
開催場所 大阪イノベーションハブ
定員 50名
料金 無料 
お問合せ先 Osaka Innovation Hub(大阪イノベーションハブ)
〒530-0011
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪
ナレッジキャピタルタワーC7階
TEL:06-6359-3004 E-MAIL:staff@innovation-osaka.jp
(月〜金 10:00〜18:00 ※祝日、年末年始除く)

概要

話題の環境・エネルギー分野のトップシーズが集結!
最先端技術の発表とともに、
ビジネス化を見据えた議論を展開!



「技術発表会で、その技術の説明や解説を聞くだけでなく、
事業化のイメージも一緒に共有できればいいのに」

皆さんは、技術発表会などで、そのようなことを感じられたことはありませんか?
そこで、今回、環境やエネルギーの分野で研究開発されている最先端技術とともに、
事業化のイメージや、技術が産み出す未来ビジョンを参加者も一緒に議論する場を用意しました。

それが、フューチャーセッションです。

当日は、研究開発を進めている研究者らが技術について紹介するとともに、
技術の事業化を目指すビジネスアイデアを,参加者と一緒に議論します。

また、事業化には資金調達は欠かせないことから、
ベンチャーキャピタルなどのキャピタリストの方々にも議論に参加していただき、
事業性や将来性等についてもシビアな意見交換をすることで活発な議論を産み出していきます。

さらには、大阪府環境審議会専門委員などを歴任された
西村伸也氏(大阪市立大学 大学院工学研究科 教授)をお招きし、
関西圏で進められているエネルギー技術の自治体の施策や取組みや
事業化に向けての課題や問題点などについてお話いただきます。

気になる技術シーズがある方はもちろん、
新規事業を模索されている方、
ぜひ、ご参加いただき、事業化に向けた一歩を踏み出すきっかけをお作りください!

ページの先頭へ戻る

セミナー講師

◎西村伸也氏(大阪市立大学 大学院工学研究科 教授)
関西圏で進められているエネルギー技術の自治体の施策や取組み、さらには事業化に向けての課題や問題点などについて、国際エネルギー使用合理化等対策事業に参加し、大阪府環境審議会専門委員などを歴任。

ページの先頭へ戻る

シーズ技術講師

◎村山憲弘氏(関西大学 環境都市工学部 准教授)
◎石川正司氏(関西大学 化学生命工学部 教授)
◎辻本浩章氏(大阪市立大学大学院工学研究科 教授)

ページの先頭へ戻る

プログラム

◎13:00〜13:05 開会の挨拶
◎13:05〜13:15 大阪市イノベーション創出支援事業の説明
小泉智史(大阪イノベーションハブ)

◎13:15〜14:00 講演セミナー 「関西のエネルギー事情とものづくりにおける性能評価基準の国際化」
西村伸也氏(大阪市立大学大学院工学研究科 教授)

【技術シーズ発表】
◎14:00〜14:30 講演① 「廃棄物・副産物から合成した陰イオン除去剤の環境浄化への適用」
村山憲弘氏(関西大学 環境都市工学部 准教授)

(休憩)

◎14:45〜15:15 講演② 「蓄電池に新機軸をもたらす新材料の開発提案」
石川正司氏(関西大学 化学生命工学部 教授)

◎15:15〜15:45 講演③ 「省電力を実現する多機能エネルギーセンサ」
辻本浩章氏(大阪市立大学大学院工学研究科 教授)

※各シーズ講演 発表20分 質疑&ディスカッション 10分


(アンケート収集)

【ディスカッション】
◎15:50〜16:10 総合ディスカッション 
進行役:小泉智史(大阪イノベーションハブ)

◎16:10〜16:30 ネットワーキング

◎16:30 閉会

ページの先頭へ戻る

注意事項

参加にあたっての注意事項

    イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

関連サービス(イベント・セミナー・商談会など)

第6回次世代バッテリー・第6回スマートモビリティ合同研究会

概要・お申し込み


関西発、世界のスマートエネルギー市場で勝負できる製品の
開発・ビジネスモデルの構築を目指してた研究会

2014年から2020年までの7年間に渡り800億ユーロ(約11兆円)近くの投資がなされ、
日本の機関は自動的な助成対象ではないものの、参加により欧州トップクラスの研究機関や企業との協働が可能になります。

本セミナーでは、日本におけるHorizon2020の正式な窓口である日欧産業協力センター担当者より
-------------------------------------------------------
・ICT関連分野におけるプログラムへの参加条件や情報収集の方法、
・過去のフレームワークプログラムへの参加事例をご紹介し、
-------------------------------------------------------
欧州プログラムの戦略的利用及び日欧州連携強化につなげることを狙います。


公的研究機関や企業の研究者、研究担当者マネジャー、助成団体関係者など、
ICT分野やIoT、ロボット関連分野、スマートエネルギー、eHealth分野で
イノベーション創出をめざした取り組みをされている方、
ぜひ、ご参加をお待ちしております!