大阪イノベーションハブ

大阪イノベーションハブ TOP > イベントNo.[18401]

このイベントは終了いたしました。

第4回 Linked Open Data ハッカソン関西

No.18401

  • Facebookでシェア

対象 オープンデータに関心のある方(開発技術の有無は問いません)
開催日時 2014年12月7日(日) 11:00-19:00
開催場所 大阪イノベーションハブ
定員 40名
申込締切日 2014年12月6日(土) 
料金 無料 
お問合せ先 Osaka Innovation Hub(大阪イノベーションハブ)
〒530-0011
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪
ナレッジキャピタルタワーC7階
TEL:06-6359-3004 E-MAIL:staff@innovation-osaka.jp
(月〜金 10:00〜18:00 ※祝日、年末年始除く)

概要

10月13日に開催予定で、台風19号の影響で延期になったプログラムです。
日程を変更し、再度申込み受付を行います。

LOD技術による
オープンデータ活用をテーマとしたハッカソン




ODI(Open Data Institute)のアジア初のCity Nodeになるなど、
オープンデータ普及に向けた様々な活動を行ってきた大阪イノベーションハブ。

本イベントでは、2011年より日本初の「オープンデータ活用」の
コンテストとして活動を継続している「LOD(Linked Open Data)チャレンジ」と、
自治体が保有する様々なデータの地域課題の解決に向けた
活用コンテスト「アーバンデータチャレンジ」(2013年より開催)のご協力のもと、
LOD技術によるオープンデータ活用をテーマとしたハッカソンを行います。

当日は、クエリ言語SPARQLを用いたLODの検索方法や、
各種ライブラリを用いた簡単なアプリケーション開発方法について解説した後、
チームに分かれ、LODとして公開されているデータ(大阪市のデータ、
LODチャレンジの過去の応募作品を含む)を用いて、
●有用な検索クエリ、データの組み合わせ、それらを持ちチアアプリケーション…などを開発するハッカソン
●公開されているデータの活用法を考えるアイデアソン

を実施します。

LODやソフトウェア開発の技術の有無に関わらず、
オープンデータを「つなげる」ことでさらに「広がる」可能性を
体験いただけるイベントを目指しておりますので、
多くの方のご参加をお待ちしております。

※プログラム開発が未経験な方でも、簡単にLODの検索が行えるツールや、検索文(クエリ)を書くだけで簡単なアプリが開発可能なツールを提供しますので、ご安心ください。

ページの先頭へ戻る

関連情報

大阪市のオープンデータに関する取り組みについて
http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/page/0000246527.html

Linked Open Dataハッカソン関西の資料・成果のまとめ
http://lodosaka.jp/

Open Data Events
http://opendataevents.com/

Linked Open Data チャレンジ2014
http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2014/

アーバンデータチャレンジ2014
http://aigid.jp/?page_id=421

ODI Osaka
http://theodi.org/nodes/osaka

ページの先頭へ戻る

プログラム

10:30-11:00 受付

11:00- 11:10 オープニング

11:10-11:30 関西におけるオープンデータに関する取り組みの紹介
高橋 真知 (大阪イノベーションハブ/株式会社ATR Creative)
これまで関西で行われてきたオープンデータに関する取り組みや、
過去のハッカソンイベントでの成果などを紹介します。

11:30-12:00 国内外のオープンデータの動向(仮)
東 修作 氏(一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン事務局長/合同会社Georepublic Japan)
国内外におけるオープンデータの動向について、各地での具体事例を交えてご紹介いただきます。

12:00-12:30 Linked Open Data(LOD)について
古崎 晃司 氏(LODチャレンジ実行委員会関西支部長/大阪大学)
LODの基本的な考え方や、各地での活用事例などについて紹介します。

(昼休み)

13:30-14:30 LOD活用のための技術紹介
上田 洋 氏(NPO法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ理事/株式会ATR Creative)
クエリ言語SPARQLを用いたLODの検索方法や、
各種ライブラリを用いた簡単なアプリケーション開発方法について解説します。

14:30-17:30 ハッカソン・アイデアソン
(途中、チーム毎に適宜、昼食・休憩を取ります)

各チームに分かれ、LODとして公開されているデータ(大阪市のデータ、
LODチャレンジの過去の応募作品を含む)を用いて、
-有用な検索クエリ、データの組み合わせ、それらを持ちチアアプリケーション…などを開発するハッカソン
-公開されているデータの活用法を考えるアイデアソン
を行います。

※プログラム開発が未経験な方でも、簡単にLODの検索が行えるツールや、
 検索文(クエリ)を書くだけで簡単なアプリが開発可能なツールを提供しますので、ご安心ください。
※午後のレクチャーやハッカソンではPCを利用しますので、
 可能な方は無線LANに接続可能なノートPCをお持ちください。

17:30-18:30 各グループの成果発表

18:30-19:00 ラップアップ

ページの先頭へ戻る

注意事項

個人情報の共有について

    このプログラムでは、お申込みいただくいた情報は、LODチャレンジ実行委員会と共有させていただきます。ご了承の上、お申込みください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、開催日当日の参加取消しやキャンセル処理なくご欠席される場合は、今後のお申込をお断りする場合がございます。
  • ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。