ソフト産業プラザiMedio

ソフト産業プラザiMedio TOP > イベントNo.[17916]

このイベントは終了いたしました。

【イメディオ・海外展開セミナー】
記者会見感覚セミナー「ところでどうなの?国際共同製作」韓国の監督が日本語で答える

No.17916

  • Facebookでシェア

開催日時 2014年11月21日(金)18:00〜21:00【開催決定】
■セミナー 18:00-20:00
■交流会  20:00-21:00
 ※進捗状況により時間を若干延長する場合があります。
開催場所 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内ITM棟6階 イメディオ講義室
定員 30名
 満席になり次第、締め切ります
 最少催行人員に満たない場合は閉講する場合があります
講師 チョ・ジンギュ監督(映画監督)
モデレーター:松永 宏美氏(有限会社ラシャナル・エンターテイメント)
申込締切日 11/20(木) ※11/20(木)以降のキャンセルには、キャンセル料が発生します
料金 1,000円/名 
 消費税込み
 交流会費込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
お問合せ先 イメディオ教育研修事務局
TEL:06-6615-1006(月〜金)
MAIL:kouza@imedio.or.jp
営業日時:平日10:00〜18:00
(※土、日、祝日ならびに所定の休日を除く)

講座構成(予定)

「あなたはメディア記者!〜記者会見感覚LIVEセミナー」
「ところでどうなの?国際共同製作」
〜早稲田大学留学経験のある韓国の映画監督が、日本語で答える〜

結界の男 記者会見 結界の男 監督

■(1)実体験で語る国際共同製作の舞台裏〜こうして中韓共同製作映画が生まれた。〜
2015年公開予定作品の、資金の確保〜準備〜撮影〜編集〜公開までを監督自らが日本語で解説します。
・企画(デベロップメント)
・準備(プリプロダクション)
・撮影(シューティング)
・編集(ポストプロダクション)
・公開

*映画作品名については、製作サイドとの契約で現時点では公表できません。ご了承下さい。(2014年8月27日現在)

■(2)海外からの映像製作費獲得方法
・出資してもらうための心得
・映画祭などの企画市の活用法
・業界内で聞いた他国との共同製作の苦労話(製作・商習慣の違いなど)
・相手国のマーケットを知る。
・共同製作の軸足は、どちらへ?
結界の男 現場

■(3)「ところで どうなの?」
参加者様から 監督に聞きたい質問を 事前にお伺いしておき、
チョ監督自身が分かりやすくお答えします。

■(4)質疑応答
今回のセミナー内容の疑問や新たな疑問に監督自身がお答え致します。
※一方通行の聴講型セミナーではなく、キャッチボール的なプチ参加型セミナーを目指します。

ページの先頭へ戻る

講座内容

はじめに
2014年の話題のキーワードは「記者会見」

記憶に残る数々のリアクションを繰り広げた会見がありました。
記者会見のような先の読めない展開も魅力の一つと考え
一方通行の聴講型セミナーではなく、キャッチボール的なプチ参加型セミナーを目指します。

本セミナーは、国際共同製作を実現されたビジネス事例を紹介する企画です。
映画監督による、映画公開の宣伝ではなく、純粋な業界ビジネスセミナーをお楽しみ下さい。
Youtube参照 https://www.youtube.com/watch?v=DJleJcgj66c

本セミナーがエンタメ業界の国際交流としても 意義のあるものとなれば幸いです。

「海外との共同製作?」
一歩踏み出す前に頭をよぎる様々な不安や疑問。
「海外との共同製作って?」
「海外から資金調達するのも発想のひとつ?」
「エンタメ関連は、契約が命。まして外国と・・制作体制も違うらしいし、大変そう・・」
「信頼できるパートナーは どこで探すの?」

韓国・中国の映像業界の人たちは、想像できないほど貪欲で他国との共同製作や交流に積極的です。
安定した市場がある日本に居れば、感じないのは無理もないかもしれません。
クランクインまでに、経験する様々な障害の話や他国との映像共同製作事情を語れるのは海外の業界人から聞く事が一番早いのではないでしょうか?

そこで、今回は映画監督であり、製作会社の代表でもあるチョ・ジンギュ氏をお招きし、業界最前線のお話や、他国との共同製作の手順や資金繰りなどの苦労話などを伺います。

現在 2015年公開を目指して韓中共同製作映画のポスプロ中の来日となり、リアルタイムな生の製作秘話のほか、「ゼヒ!チャレンジしてください!がんばって!」といった激励も聞けることでしょう。

一方通行のセミナーではなく、キャッチボール的なセミナーを目指します。
メディア記者になった感覚で、書物やネットでは調べられない裏話などを監督から聞き出すチャンスです。
またとないこの機会にご参加お待ちしております。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール

チョ・ジンギュ(監督/制作会社代表)  
チョ監督 花嫁はギャングスター(2001年)
(写真左:チョ監督 / 写真右:初監督作品「花嫁はギャングスター」(2001年)ポスター)

1960年生まれ。大邱嶺南大学美術学部西洋学科卒業後、日本に留学し日本映画学校で学んだ後 早稲田大学大学院文学部映画理論科卒業。 帰国後、テレビ制作会社などを経て映画界へ。
2001年に公開された初監督作品「花嫁はギャングスター」は500万人以上を動員し、当時の韓国映画歴代4位に記録される大ヒットとなる。以降も“ギャング・コメディ映画”を次々ヒットさせ、2012年公開の「結界の男」も韓国で約400万人を動員し、「福岡国際映画祭2013」では「熊本市賞」を受賞するなど、韓国映画界を代表するヒットメーカーでありまた2006年「花嫁はギャンススターソウルウェディング」では、香港スター スーチーを主演女優に起用。
香港ロケを敢行するなど国際感覚を持つ数少ない韓国人監督の一人でもある。
現在は、中国大手の映画会社との最新作を2015年公開目差し共同製作進行中。

ページの先頭へ戻る

受講に必要な条件
受講者に求めるスキル

・エンタメ業界関係者
・映像製作会社経営者・プロデューサー
・映像業界関係者
・アジア映画業界にご興味がある方

ページの先頭へ戻る

対象者

常に 好奇心を持ち パイオニア精神をお持ちの方。

ページの先頭へ戻る

講座形式

聴講参加型

ページの先頭へ戻る

協力

有限会社ラシャナル・エンターテイメント

ページの先頭へ戻る

会場アクセス


大きな地図で見る

大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階
(ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車)
http://www.imedio.or.jp/about_us/access.php/


強風などの場合は地下鉄・ニュートラムの運行が遅れる場合があります。
念のため時間に余裕をもってお越しください。

ページの先頭へ戻る

お申込みに関して

※事務局からのお申込み確認メール送付をもって、受付完了となります。

※開講日1週間前の時点で最少催行人員に満たない場合は、やむをえず講座を閉講とさせていただく場合がございます。
 その場合は、メールでご連絡するとともにホームページにも 掲載します。

開催一週間前に本ページの開催日時欄をご参照ください。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

〜必ずお読みください〜

キャンセル期限は 11/19(水) です。
お手数ですが キャンセルフォーム より必ず手続きをしてください。

開催前日(11/20)、当日(11/21)のキャンセルおよび当日の不参加は
事務局 06-6615-1006 へお電話にてご連絡願います。

ページの先頭へ戻る

免責事項

1. 教育研修セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。
2. 教育研修セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。
3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
5. 教育研修セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、開催日当日の参加取消しやキャンセル処理なくご欠席される場合は、今後のお申込をお断りする場合がございます。
  • ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。