このイベントは終了いたしました。

メビック扇町【クリエイティブエキスポ 2011 autumn】
本の未来を考える

No.12551

  • Facebookでシェア

開催日時 2011年10月24日(月)18:30〜20:30
開催場所 ブリーゼホール7F 小ホール
定員 200名
申込締切日 2011年10月24日(月) 
料金 無料 
お問合せ先 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
〒530-0025
大阪市北区扇町2-1-7 扇町キッズパーク3F
TEL:06-6316-8780(10:00〜21:30 土・日・祝日は休館)
FAX:06-6316-8781
URL:http://www.mebic.com/
E-mail:info@mebic.com

CREATIVE EXPO 2011 autumn

本の種を植える


私たちの生活を内側から豊かに実りあるものにしてくれる「本」。「本」は先人の知恵や人々の歴史など、過去の記憶を私たちに伝えてくれます。そして、他人の考え方に触れ、行ったことのない場所、経験したことのない出来事を追体験する事で、私たちの想像力は未来にむかって拡がります。
今回は、大阪を拠点に活動するクリエイターたちが中心となり、「本」、そして「本」が生まれるための「種」とも言える、デザイン、文字、写真、イラスト、印刷、紙、そして紙の材料である「木」や「森」などをテーマに、「本を心地よく楽しめる空間」を創り出しました。木の家具で構成された空間には、スタンダードブックストア・中川和彦氏セレクションの本や、木の家具と調和したクリエイターの作品が並び、いま話題のzineや、紙、木でできたプロダクトなどもご覧いただけます。私たちの身近にある「本」を入口に「クリエイティブの秋」をお楽しみください。

詳細は「クリエイティブエキスポ 2011 autumn「本の種を植える」」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

トークセッション

本の未来を考える


いま「本」を取り巻く状況は混沌としています。若者の本離れが囁かれる中、昔ながらの街の本屋は少しずつ姿を消しています。インターネットの発達により街の情報誌が廃刊・休刊となり、電子書籍の登場で「紙の本」が無くなるのではと危惧する声もあります。その一方で、大阪では大型書店の出店が相次ぎ、クリエイターが経営するブックカフェも増え、リトルプレスやzineなど個人レベルで制作する「本」が注目を集めています。
このフォーラムでは、書店、編集者、デザイナーなど、異なる立場で「本」の制作や流通に深く関わるスピーカーを招き、これからの「本」について、多面的な意見交換を行います。

ページの先頭へ戻る

スピーカー

スピーカー:
中川 和彦氏:スタンダードブックストア
堺 達朗氏:Books DANTALION
松村 貴樹氏:IN/SECTS編集長
黒田 武志氏:sandscape・本展覧会アートディレクター

コーディネーター:
玉置 泰紀氏(関西ウォーカー編集長)

ページの先頭へ戻る

注意事項

※お申込について※

    お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。
    下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。
    ご了承ください。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、開催日当日の参加取消しやキャンセル処理なくご欠席される場合は、今後のお申込をお断りする場合がございます。
  • ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。