b-platzpress vol.144 [Page 1/13]

■ページ本文テキスト■

井上氏は就職活動を控えた大学4回生の時、自分から六代目を引き受ける意思を父に伝えた。「父は違う道をめざしていたにもかかわらず祖父から家業のレールに乗せられたようです。その反動があったのか、兄、私、弟に一度たりとも継げと言ったことはありませんでした。でも、3人のうち一番商売に向いているであろう自分が両親の力にならなければと思って」と、当時を振り返る。「いずれは百貨店に出店したい」と考えていた井上氏。そのノウハウを学ぼうとデパ地下で実績のあるチョコレート菓子メーカーで5年間“修業”を積んだ後、浪芳庵に入社した。勢い込んで旧来の和菓子の枠にとらわれない新商品開発に挑んだものの、保守的な先輩社員の目は冷ややかだった。「独立してイチから起業したいと何度思ったことか」と苦笑する。その後、前職での人の縁もあり、徐々に百貨店のイベントに出店しないかと声がかかるようになった。そのイベント会場である日、高齢の女性が井上氏に話しかけてきた。「あの浪芳さんか。うちのおばあちゃんにようお遣い頼まれてなぁ」。その言葉に「衝撃を受けた」と井上氏。「1858年の創業以来、初代から積み重ねてきた歴史はお金では買えない価値だ」と、あらためてのれんを守る覚悟が固まった。先々代との思い出話を懐かしそうに話す人もあった。「人の心の中に残って語り継がれるおじいちゃんはすごいなぁと。自分も誰かの心の中に残る存在にならなければ」。そう心に誓った。井上氏と同世代の工場長に替わると、やりたいと思っていたことが形になり始めた。販売スタッフも若返りが進み、思いを後押ししてくれる人が社内に増えていった。(P7に続く)150年積み重ねてきた歴史はお金では買えない価値[浪芳庵株式会社]代表取締役社長井上文孝氏http://www.namiyoshian.jp/経営者の最大の使命は存続なり1442013.01