大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

ニューノーマル時代の求人票、なにを書けば反響がよくなりますか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • ニューノーマル時代の求人票、なにを書けば反響がよくなりますか

    求人を出そうと考えていますが、コロナ禍で「ニューノーマル時代の新しい働き方」などが話題になっています。今までと違うことをしなければ人は集まらないのでしょうか?どんなことを書けばいいでしょうか?

    求人票も広告です。時流を読んで内容を見直すことも大切です。


    新型コロナウイルスの影響で「ニューノーマル」ともいわれる昨今、時代に合った求人票の書き方に関心が寄せられています。
     
    求人相談の現場や求人票セミナーなどでお伝えしていますが、 
    「求人とは、集客。求人票も、広告。」です。
      
    広告である以上、想定する読み手(ターゲット)が存在します。
    そして、広告のコピーがそうであるように、求人票でも読み手(ターゲット)の
    興味・関心にフックするフレーズはその時代の空気感などの要素でうつろいます。

    ニューノーマル時代の職場選びを意識し
    コロナ禍で仕事を探している求職者の目線に立ち、今の時流に合った
    HOTで反響がよくなりそうな“職場選びのネタ”を想像すると
     ・テレワーク(在宅勤務) ・時差出勤(フレックスタイム)
     ・リモート会議(面接)・ジョブ型雇用 ・兼業・副業 ・感染症対策
    などのキーワードが挙がります。
     
    とはいえ、“応募数を増やしたい”がために、まだそんな社内体制ではないのに
    「完全テレワーク対応」や「兼業・副業OK」なフレーズで煽ることは、
    虚偽・誇大広告のそれと同じで、入社後トラブルの火種になるどころか、
    その先の風評リスクすらも抱えます。
      
    大切なことは「事実(Fact)に基づく仕事・職場・会社の魅力の発信」
    そして、鮮度のよいHOTな自社の求人ネタを、どれだけ手元にストックして・
    どう伝えているか? です。
     
    たとえば、2020年リニューアルのハローワーク求人票。下図の裏面センターには
     ・「事業内容」欄・「会社の特長」欄:各30文字×3行
     ・「求人に関する特記事項」欄:30文字×20行
    など会社・職場の特長を書けるエリアがあります。




    ※【画像出典】大阪労働局 求人者サービスのご案内


    そこに、旬なHOTワードを織り交ぜ「自社で働く魅力」を的確に伝えておきたいところです。


    求人票も時流に合わせたアップデートが必要です。
    まずは、「今伝えたい、仕事・職場・会社の魅力になるネタ」を集めてみてください。
    いままでの求人票に書いたことがなかったような、新鮮なネタがみつかるかもしれません。

回答した専門家
人事、組織

野間 信行

今や人材確保は、経営の最重要課題。「求人から相談できる社労士」が御社の採用活...

■お金をかけて募集しても・・ ■どこに求人をだせば・・ ■なにをどうアピールすれば・・
「求人とは集客、求人票も広告」です。「どこに出すか?」よりも「だれに・なにを・どう伝えるか?」
”応募がある求人”その考え方の本質は、広告・広報のそれとなんら変わるところはありません。
2012年開業以来、求人票一筋。求人票診断から具体的な書き方の助言まで。
”求人票コピーライター”が全方位でサ...

ライセンス

社会保険労務士
産業カウンセラー/キャリア・コンサルタ...

重点取扱分野

■求人コンサルティング(求人募集・人材採用・人材確保)

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る