武田 雄司の詳細 « オンライン相談&面談 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

武田 雄司の詳細法律(弁護士)

上海における実務経験を生かし、中国法務と中心とする会社法務から個人法務まで幅広く対応致します。

武田 雄司(タケダ ユウジ)

中国法務はもちろん、中国法務に限らず、会社関係の業務から個人案件(相続,離婚,交通事故等)まで幅広く対応してきた経験から、使い勝手のいい弁護士としてご愛顧いただいております。より一層利便性のある弁護士としてご愛顧いただけるよう、日々精進したく存じます。どうぞお気軽にご相談ください。

ライセンス

弁護士

重点取扱分野

中国法務:中国ビジネスの導入・発展に関するアドバイス全般(中国進出の方法・手順、中国進出の
留意事項、中国進出のためのコスト節約の方法等幅広くアドバイスを提供いたします。)
M&A:法務デューデリジェンスの実施、株式(及び出資持分)譲渡契約の作成及びチェック。
FA業務(買手企業との交渉戦略の構築、買手企業との交渉の実行、DDの対応等)。
日本会社法務関係:会社関係訴訟,労務対応,債権回収等。
事業承継・相続関係:事業承継プラン作成、遺言の作成、遺言の執行、遺産分割協議・審判対応等
交通事故等一般民事事件:損害賠償請求の交渉、訴訟対応。

実績

中国進出後のコンプライアンス対応:
就業規則のチェック、取引先との契約書チェック、使途不明金のチェック及び原因の追求等。
中国で製造した製造物の瑕疵問題に対する対応:
契約書チェック、日本法及び中国法上の責任に関するリサーチ、日中関係企業との交渉対応。
中国進出支援:
中国での販売戦略の構築、進出形態に応じたメリット・デメリットの比較検討、会社設立等。
会社法務:契約書作成、トラブル対応、訴訟対応。
M&A:法務デューデリジェンスの実施、株式(及び出資持分)譲渡契約の作成及びチェック。
交通事故等一般民事事件:損害賠償請求の交渉、訴訟対応。

経歴

2004年(平成16年)11月:司法試験合格
2006年(平成18年)10月:弁護士登録(大阪弁護士会) 弁護士法人キャスト糸賀参画
2008年(平成20年)8月:弁護士法人キャスト参画 上海交通大学留学(〜2009年6月)
2009年(平成21年)6月:弁護士法人キャスト上海代表処一般代表就任
2012年(平成24年)9月:弁護士法人伏見総合法律事務所移籍
2016年(平成28年)2月:日本弁護士連合会より中小企業海外展開支援弁護士に任命

事務所・会社データ

氏名 武田 雄司(タケダ ユウジ)
事務所 弁護士法人伏見総合法律事務所
住所 〒612-8053 
京都府京都市伏見区東大手町763番地 若由ビル4階
TEL 075-604-1177
FAX 075-604-1188
E-MAIL
y-takeda@fushimisogo.jp
URL

ページトップへ戻る