中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)


社長に5(ご)質問!

日本テープ株式会社 高津 和彦氏

日本テープ株式会社 高津 和彦氏
氏名 高津 和彦 (こうず かずひこ)
役職 代表取締役
社名 日本テープ株式会社

創業年月日 1959年2月4日
事業所所在地 〒542-0073 大阪市中央区日本橋2-1-19
TEL 06-6641-9528(代表)
FAX 06-6633-9369
メールアドレス kozu@best-speaker.com
URL(HP・ブログ等) 話し方セミナー「ベストスピーカー」 http://best-speaker.com 
プレゼン講座「ベストプレゼン」http://best-presen.com
オリジナル印刷テープ「日本テープ」http://nihontape.com
高津和彦公式サイト http://kozukazuhiko.com
事業内容
(取扱商材・サービス等)
  1. (1)話し方セミナー「ベストスピーカー」
    「話し方が変わった」と実感できる少人数制レッスンを行っている。正規のアナウンス教育を受け、現場でニュースも読み、ビジネスの実際を熟知していることが我々の強み。問題点を端的に指摘し改善点を明示、練習課題を即実践。短時間集中講座で人前で全くアガらなくなり思うままに話せるようになる。
  2. (2)プレゼン講座「ベストプレゼン」
    プレゼンテーションスキルに特化し、プレゼンの現場に即した実戦的セミナーを展開している。プレゼンパフォーマンスからシナリオ構築まで、「ビジネスの実際」に基づいたカリキュラムが強みだ。
  3. (3)オリジナル印刷テープ「日本テープ」
    創業54年の本業の日本テープではオリジナル印刷テープでビジネス展開。
    全国各県から、有名企業・タレントなどの様々な印刷テープ(名入れテープ)の依頼を日々受けている。

私たちの会社はこんなお客様のお役に立てます!
心を打つスピーチをしたいと願う社長、顧問先にわかるように説明したい士業、プレゼンで仕事を取りたい起業家、講演で寝られたくない講師、昇進を実現したいサラリーマン、人前が苦手の技術者・IT専門職。必要な要素は、共通して「話して」「共感を得る」こと。受講者の成功を具現化する。
運命を変えた一冊とそのオススメポイント
「話し方のルール」明日香出版社、22,000部刊。著者、私。

この本が世に出て知名度と信頼性がぐんと上がった。「話す」状況別対処法や考え方を的確に示している。特に広告もないのに増刷を重ね社長表彰もいただいた。それがきっかけとなって、続々出版依頼があり、計5冊を出版できた。
理想の経営者(リーダー)像
リーダーは突出しなきゃ。あなたが、見られて、話して、結果を示して、それぞれの場面で人から「なるほど社長は違う!」と即、思われるべきだ。見栄えしない、寡黙な、存在感のない、人の寄ってこないリーダー?ありえない。「ベストスピーカー」をめざせと生徒に言っています。
最近あった「めっちゃええこと」
「ええこと」は「人前で話し」ができるといつも起こっている。 例:ある講演後、100人程の懇親会で突然の締めの挨拶の依頼。即1分のスピーチの後、名刺交換の列ができ、記念講演をした先生からも講演の依頼が来た!一人ずつ名刺交換しなくても司会がより良く紹介してくれ、話が良ければ人が寄ってくる。人が声をかけてくれる、推してくれる。Facebookで友達申請が続く。新聞雑誌に載る。著名人指導の声がかかる。今年から大阪工業大学客員教授を拝命し院生にプレゼンを指導できるのも人様のご紹介からだ。「専門」を持ち「話し」ができると人が好意を寄せてくれます。みなさんもそうなれるのです!
しんどい・つらい時の息抜き方法は?
しんどい、つらいは受講者に見せられない。いつもパワー全開で臨んでいる。息抜きは府立体育館で剣道の稽古、帰宅後屋上露天風呂で一献。ピアノ弾き語りながら二献。はまっている古文書解明の本を読みながら寝てしまう。仕事だけの社長なんて魅力ないと思うからだ。

サンソウカンの思い出

「社長道場(※現在は開講しておりません)。毎週実効的ビジネスプランをまとめて発表しなければならなかった。「無理!」は絶対許されない。「お前は何をしにきた?」と叱責されるさまを実名で本にも載せられた。英語ができるからと僕に示されたのは「ロス一円の対日本人留学生の即日出張お助けネットワークの構築」。先生の息子が現に困っているという理由で。そんな無茶な!ロス一円は関東平野くらいある!しかし難題に「挑戦してみる!」の姿勢を学んだことから、ビジネスマン対象スピーチ講座ベストスピーカーが誕生、今日がある。